HOME > 予防・健診 > 小児科(子犬・子猫の飼い主さまへ)
  • Facebook
  • Blog
  • Mail

小児科

Pediatrics
小児科
お家に来てから1才までの1年間はとてもとても大切な時間です
ワンちゃん猫ちゃんにとって最初の1年は人に例えると赤ちゃんから高校生まで。
身体の成長・心の成長が一気にやってきます。
わんちゃん
動物メディカルセンター(大阪の箕面・茨木・高槻)では、身体の成長・心の成長を一緒に見守り、その時期のその子に合わせたサポートをしていきたい、そんな思いから小児科ができました。
かわいく楽しいこの時期は気付けばあっという間に過ぎ去り、2度と戻らない時間ですが、この1年間をどう過ごすかがとても大切なのです。1才までの過ごし方がその後の生涯に大きく影響します。
小児科ではその月齢ですべきこと、してあげたいことを
健康面・心の成長面の両方からお手伝いしていきます。

獣医師 北尾美佳

ペット小児科の特徴

身体面・メンタル面をサポート
1.成長サポートプログラム
獣医師と看護師が成長サポートプログラムに沿って身体面・メンタル面をサポート
小児科専用ファイル
2.小児科専用ファイル
毎月、月齢ごとのシートに、健康・発達の状態について、また、お食事・お手入れ・しつけなど、アドバイスしたことを記録します。
独立した診察室
3.独立した診察室(箕面)
初めて動物病院に来られたペットと飼い主様が、緊張せずになるべくリラックスしていただけるよう、診察室の雰囲気づくりにこだわりました。
パピーキトンクラブ
4.パピーキトンクラブでさらに充実フォロー
キンダーガーデン[パピー教室]
子犬の託児所(箕面)
しつけ相談
子犬子猫のグルーミング
成長
  • 2〜3ヶ月齢
  • 4〜5か月齢
  • 6〜7か月齢
  • 8ヶ月齢〜
  • 1才

2〜3ヶ月齢

おうちにやってくるのがこの時期ですね。新しい出会いに期待がいっぱい。

初めての病院。人も動物もドキドキ緊張!
まず私達が気をつけていることは、病院が苦手な場所にならないように優しく話しかけたり、そっとなでたりして緊張をほぐすこと。少しリラックスしてしっぽを振ってくれたりフードを食べてくれたりしたら全身チェックから始めていきます。

多くの子がワクチン接種をする時期です。フィラリアの予防やノミダニ予防も進めていきましょう。その子の月齢、種類、生活環境に合わせて必要なことをお話していきます。

これから毎年必要になる4大予防についてもお話します。
社会化期、といわれる心の成長にとても大切なこの時期。

まずは体のすみずみまで嫌がらずに触らせてくれるようにしましょう。
生活の中で出会うたくさんの音や物にも少しずつ慣らしていくようにします。

キンダーガーデン(子犬の社会化教室)にぜひ参加してください!ポイントがよく分かります。

フードは何を食べていますか?

4〜5か月齢

やんちゃ盛りのこの時期。体もぐんぐん大きくなり、たくさんのことを吸収してくれるときです。

初年度の複数回のワクチン接種を終え、お散歩も楽しい頃です。
狂犬病予防注射もこの頃には済ませておきましょう。

そろそろ性成熟の時期になってきますので、避妊手術・去勢手術のことをお話していきます。
ハミガキ練習がうまく進んでいるか一緒にチェックします。

嫌がらずに、ワンちゃんも飼い主さんも楽しんでやることが長続きのポイント。
完璧でなくてもいいんです。ワンステップずつ頑張っていきましょう。

6〜7か月齢

体はずいぶん大きくなり、歯も生え変わってきます。

交配の予定がなければ、避妊手術・去勢手術の適期です。
手術に関してはこちら

大型犬は股関節のチェックもしておきましょう。
体の成長はゆるやかになってきます。
避妊去勢手術後は必要とする接種カロリーも違ってきますので、フードの見直しを一緒にします。

トイレ、飛びつき、甘噛み、吠える、などなど問題行動があれば、しつけカウンセリングもお受けしています。

8ヶ月齢〜



乳歯から大人の歯への生え変わりはうまく済んだでしょうか?
特に小型犬で乳歯が残ってしまうことが多くみられます。その場合、歯並びが悪くなり歯石の付着や歯周病になりやすいお口になってしまいます。
この時期に乳歯がしっかりと生え残っていたら自然な抜け替わりは難しいかと思われますので抜歯してあげることをおすすめします。
そろそろ大人のフードへの切り替えを考えていきましょう。

ハミガキや爪切りは嫌がらずにさせてくれますか?

1才

小児科卒業式
1才のお誕生日おめでとうございます!
動物メディカル(箕面)では小児科卒業式を開催しています。
これから気をつけたいことについて学んだり、
ゲームを通してお家の子の成長を感じたり。
同じ年のお友達が集まりますので楽しい情報交換の場ともなりますね。

これからも健康で楽しい時間を過ごしてもらえるように。
小児科を卒業しても安心して病院に来てもらえるように。