HOME > 手術 > 神経外科(椎間板ヘルニアなど)
  • Facebook
  • Blog
  • Mail

神経外科

Neurosurgery
神経の病気と整形外科の病気は、その症状から通じるところが多く、これらの病気はしっかりと見極め、診断、治療を進めて行くことが重要になります。そのためにも整形外科疾患や神経疾患の専門的な知識、系統だった整形外科検査や神経系検査が求められます。

例えば、「足を引きずるようになった」という症状だけでも、骨や関節の疾患の痛みでその症状がみられているのか、脳や脊髄の神経の疾患から麻痺やしびれ、痛みでその症状がみられているのか、もしくは他の疾患によるものなのか、原因はさまざまです。

足の痛みやしびれを本人に直接聞けないからこそ、より詳しい検査で診断に導くことが求められます。ときに神経疾患では機能回復を求められる中で、緊急に治療が必要な病気もあるため、その場合には詳しい検査や治療をお話ししています。
  • 椎間板ヘルニア
  • リハビリ

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア椎間板ヘルニアは受診を急ぐ必要がある病気です
椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間にある椎間板が、背骨の中を走る大きな脊髄神経を圧迫する病気です。背骨は頭の後ろから首〜背中〜腰〜尾までつながっており、椎間板ヘルニアによる神経の圧迫はどこの部位でも起きる可能性があります。その中でも特に首や腰で起きることが多く、それぞれ頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニアとして症状がみられます。椎間板ヘルニアは神経の圧迫部位程度によって症状は様々ですが、神経機能の回復に大きく関わることもありますので、症状が見られた際には早期の受診をすすめております。

神経症状の程度(グレード)によっては、できる限り早く外科手術による治療が推奨される場合があります。手術にならなくても、その子に必要な対処をできるだけ早くしてあげることが大切です。
当院では、問診や触診でできる限りの状態を把握し、整形学的検査法や神経学的検査法による病変部位の特定、症状のグレード評価を行います。さらに同様な神経症状を示すような他の疾患がないかスクリーニング検査として、レントゲン検査による画像検査を実施します。より詳細な検査が必要と判断された場合や、椎間板ヘルニアの可能性がある場合ではCT検査を行います。
CT検査では、椎間板ヘルニアの部位の特定や多発病変の確認が行えるだけでなく、低侵襲、確実かつ短時間の手術を進める手術プランにも大きく役立ちます。
症状
椎間板ヘルニアは脊髄神経の圧迫の程度、神経損傷の程度により症状は軽度〜重度まで様々です。
椎間板ヘルニア
  • 背中を丸めてじっとしている
  • 歩きたがらない
  • 今まで登っていた段差を嫌がる
  • 足を擦って歩く
  • 後ろ足がフラフラして力が入らない
  • 排便排尿が自力で出来ない
グレード
椎間板ヘルニアは症状や触診、神経学検査によりグレードに分類されます。
ただし症状のグレードが必ずしも神経の圧迫や損傷の程度と一致しないこともあります。
そのため画像検査なども合わせて総合的に評価します。

グレードⅠ:正常歩行が可能であるが痛みのみ
(動きたがらない、ジャンプや階段をいやがる、背中を痛がる、痛みで体が震えている、など)
  
グレードⅡ:歩行は可能であるが、後肢に不全対麻痺がある
(歩行可能だが肢に力が入らない、足先を引きずる、肢が交差してふらふら歩く、など)

グレードⅢ:歩行は不可能で、後肢に不全対麻痺がみられる
(肢や尾を動かすことができるが体重をしっかりと支えられない、補助が無いと立てない、など)

グレードⅣ:歩行は不可能で、両後肢の対麻痺がある
(両方の後肢を本人の意思で動かすことができない、両後肢を引きずりながら歩く、など)

グレードⅤ:歩行は不可能で、深部痛の消失をともなう両後肢の対麻痺
(脊髄神経の中心付近を走る深部痛覚神経の麻痺、両後肢の完全な麻痺、背中の痛みの消失など)
好発犬種
ミニチュアダックスフント、フレンチブルドック、ビーグル、ウェルシュコーギーなど
(肥満は腰に負担がかかり発症の要因になります)
検査
神経学的検査
神経学的検査

系統立てた神経学的検査を行うことは、神経症状の原因場所を特定するためだけでなく、整形外科疾患との鑑別のためにも重要です。

現在の神経症状の病態を把握をすることはもちろんのこと、治療後の神経機能の回復をみるためにも重要です。これはどんな病気でも同じですが、症状が改善しているのか、変わらないのか、悪化しているのか、病態の変化をしっかりと評価します。

レントゲン検査
レントゲン検査赤丸内:椎体(背骨)と椎体の間がここだけ狭くなっているのが分かります

椎間の狭窄がないかをチェックします。
また術前の胸部腹部のスクリーニング検査としても必要です。

CT検査
CT検査

単純レントゲン写真では原因となっている部位の特定に
至らないことも多いのですが、CTで検査することにより
部位の特定が明確になり、スムーズな手術につながっています。
CT検査について詳細はこちら

治療
手術
手術神経外科手術になります。
手術になる場合にはCT検査でできる限り病変部位を特定することで、低侵襲のアプローチにより脊髄神経へアプローチできます。

脊椎(背骨)の一部分を削り脊髄神経を露出して、神経を圧迫するヘルニア物質を除去したり、脊髄神経にかかる圧迫を除去(減圧術)したりすることで、神経への負担を軽減します。
術後管理
手術後数日は手術部位の炎症を抑えるために安静とアイスパックなどの処置をし、疼痛管理もしっかりと行います。
獣医師と看護師が連携して入院治療にあたります。
その後経過を見ながら、できるだけ早期にリハビリを開始していきます。
内科治療

神経の炎症を抑えるお薬と厳密な安静が必要となります。


リハビリ

動物メディカルセンターではリハビリテーション療法に積極的に取り組んでいます。リハビリを行うことで運動機能の回復が違ってきます。
整形外科手術を受けられたあとは、個々にあわせたリハビリテーションプログラムを組み立てて術後のケアーに当たっています。

骨折や関節、椎間板ヘルニアの手術後は、術後の痛みや手術前の無理な手足の動きから、筋力の衰えや本来の関節の動きを失いがちです。
本来の手足の関節の動きを取り戻すだけでなく、回復期における痛みのケアーを十分に行いながら、筋力アップを行うことで、手術後には無理のない回復と早い社会(日常生活)復帰が望めます。
リハビリの流れ
① 手術後、入院中は獣医師が状態を確認しながら、いつからリハビリをスタートさせるか、またどの程度の負荷から始めるかを決めていきます。
リハビリ② 入院中は動物看護師による軽度のリハビリからスタート。
リハビリ③ 退院後は通院で飼い主様と共に担当看護師が専用器具を用いて行うリハビリとお家やっていただくリハビリやマッサージを平行して続けていきます。
筋肉の量や、関節の可動域、歩行の状態などを毎回チェックしていきます。
歩様がしっかりしてきました!