HOME > 手術 > 内視鏡・腹腔鏡外科
  • Facebook
  • Blog
  • Mail

内視鏡・腹腔鏡

Endoscopy & Laparoscopy
内視鏡・腹腔鏡
人ではわりとポピュラーな内視鏡や腹腔鏡ですが、近年動物たちにも多く用いられるようになっていきました。
従来の手術に比べて傷口が小さくて済むため、痛みが少ない・回復が早いという点は動物メディカルセンターが目指す“動物たちに負担の少ないやさしい医療”と合致します。そのため当院では早くから内視鏡・腹腔鏡を取り入れて検査や手術に当たってきました。
当院ではこの腹腔鏡・胸腔鏡の最新技術を取り入れることで、手術を受けられる小さな家族とお世話をしてくださる飼い主様にとって、優しく負担の少ない手術を心がけています。
  • 腹腔鏡とは
  • 内視鏡とは

腹腔鏡とは

モニターと器具赤丸内:手術器具や超小型カメラが付いた器具は小さな切開創からお腹の中に挿入されます。
 
黄丸内:カメラから得られる映像を見ながら手術操作を行っていきます。
〜小さな傷口で痛みの少ない手術〜
目的とする臓器がお腹の中であればお腹に小さな切開を2〜3カ所行い、そこからカメラや操作器具を挿入します。従来はお腹の中へのアプローチには腹部を大きく切開する必要がありましたが、傷口の大きさは5mm〜1cmほどですみます。
腹腔鏡器具には超小型の高性能カメラがついており、カメラからの映像をモニター画面で見ながら手術操作を行います。
メリット
  • 傷口が小さいため痛みが少ない。
  • そのため回復が早くなる。(入院日数が少なくて済む)
  • 痛みによるストレスが少ない。
  • 臓器が空気に触れないため、胃腸の働きへの影響が少ない。
  • 開腹による低体温などの合併症が少ない。
一般的なデメリット
  • 麻酔時間が長くなる傾向がある。
  • 操作手技に熟達が必要である。
  • ある限られた手術や疾患で適応できないことがある。

当院では麻酔管理はアメリカで麻酔科レジデントを勤めていた院長の指導のもと行っておりますし、技術的にも熟達した獣医師が行いますので麻酔時間の大幅な延長はほとんどありません。
国内外の内視鏡外科手術研修を終了し、数多くの症例を経験しております。

麻酔管理
  • 内視鏡外科アドバンスコース修了(ジョージア大学)
  • 腹腔・胸腔鏡手術コース修了(コロラド州立大学)
どのような手術や検査ができるのか
診断のための検査・・・お腹や胸の中の臓器の一部を採取して病理検査をする
臓器の目視下検査・・・開腹することなく直接臓器を見て判断する
各種手術・・・卵巣子宮摘出術(避妊手術)、陰睾丸手術、胃切開、胃固定術、膀胱結石手術、腸切除、肺葉切除など

Spay 腹腔鏡下での卵巣子宮摘出手術(避妊手術):
モニター画面を通して見える画像です。
画質は非常に鮮明です。
鉗子で子宮(矢印)を保持しているところです。
肝切除肝葉切除:
肝臓の一部を切除する手術です。

内視鏡とは

内視鏡イメージしやすいのは胃カメラでしょうか。胃や腸の中を見るために口から挿入します。
また、他にも硬性鏡というものを用いて鼻腔の中や膀胱の中を見ることもできます。
これらはお腹を切らずに必要な場所の観察や検査材料を採取でき、その上で治療プランを立てることができる点で動物に優しい治療を担ってくれています。
どのようなことができるのか
誤食の際の異物除去
異物摘出 子供のおもちゃ(カレーパンマン指人形)を誤食してしまった例。バスケット鉗子で把持してとりだすところ。
一番多いのが胃内異物の摘出です。誤食してしまった場合、胃の中にあり摘出可能なサイズや性質のものであればお腹を切らずに摘出することができます。
胃や十二指腸の検査
胃粘膜 胃粘膜や十二指腸の粘膜の状態を観察することができます。
また、検査材料とし採材することもできます。(胃潰瘍や胃のポリープ、IBDなど)
鼻腔の疾病
鼻腔の中を実際に目で見て確認することができます。
(出血部位の特定や鼻腔内腫瘍、異物が入っている場合など)
膀胱内の検査
膀胱内の検査 尿道から膀胱鏡を挿入し、尿道や膀胱内の様子を観察します。腫瘍性病変の有無やその場所、粘膜の炎症状態の確認、結石の大きさや性状を知ることができます。