HOME > 特殊外来 > 内科・内分泌科
  • Facebook
  • Blog
  • Mail

内科・内分泌科

Internal medicine
内科・内分泌科
自分で症状を訴えることができない動物たち。
内科疾患は特に飼い主様から提供していただく情報が重要になってきます。

便や尿はどんな状態か?吐き戻しはいつから?呼吸がつらそうになるのはどんなときか?
などなど、診断治療をしていく上でとても重要な情報を飼い主様からの問診で得ていきます。また、動物の状態を視診・触診・聴診などで客観的に判断していきます。

内科疾患は多岐に渡りますが、動物メディカルセンター(大阪の箕面・茨木・高槻)では、飼い主様とのコミュニケーション・動物とのコミュニケーションを大切にしながら検査、診断、治療をすすめていきます。

消化器疾患

消化器疾患
嘔吐・下痢を主訴とする病気は多くあります。できれば実際の便や嘔吐物を持参ください。
便検査、血液検査、レントゲン、超音波検査、内視鏡検査などを必要に応じて行い、診断します。

誤食:比較的若い子に多くみられます。誤食した異物が詰まることにより症状がでます。
胃に留まっていれば内視鏡で摘出できる場合もありますが、腸閉塞などを起こしていれば開腹手術が必要となることもあります。

膵炎:激しい吐き気と腹痛を伴います。急性膵炎の場合は入院治療が必要となります。

IBD:免疫が関与した腸炎です。状態に合わせた投薬や治療が必要となってきます。
上手に長くつきあう必要がある病気です.

泌尿器系疾患

泌尿器系疾患
膀胱炎:血尿や頻尿、排尿困難といった症状がみられます。尿検査や血液検査、画像診断で膀胱内の状態を把握して治療していきます。膀胱結石が見られた場合は外科手術での摘出が必要となります。食事管理も重要となります。

腎不全:高齢な子で比較的よく見られます。血液検査や尿検査にて診断します。定期的な健康診断を受けていれば早期に発見が可能です。

内分泌疾患

内分泌疾患
糖尿病:インシュリンが不足することにより高血糖状態が続き、飲水の増加、多尿などが見られ痩せてくることが多い病気です。インシュリン投与や食事管理でコントロールしていきます。

クッシング(副腎皮質機能亢進症):ホルモンが関連した病気です。多飲多尿や腹部の張り、脱毛など多様な症状がみられます。特殊な血液検査や画像検査などを合わせて診断します。お薬の量をコントロールしながら投薬治療する必要があります。

甲状腺機能亢進症:高齢期の猫ちゃんに非常に多い病気です。体の代謝をコントロールする甲状腺ホルモンの分泌異常によって起こります。嘔吐や下痢、年齢に合わず活発になったり食欲があるのに体重が減るなどが主な症状です。進行すると心臓の機能障害なども引き起こします。