Adobe Flash Player を取得
獣医師・獣医学博士 北尾 哲

動物メディカルグループの理念

時代と共に進化し続ける動物病院として

動物メディカルセンターグループ(箕面、高槻、茨木に展開)を立ち上げてから、40年になります。
私たちの生活水準の向上とともに、動物(ペット)と人間の関係も大幅に変化してきました。彼らはペットからコンパニオンアニマル(伴侶動物)と呼ばれ私達人間の心理的生活において、大きなウェイトを占めるようになってきました。
そんな変化を見守り続けてきた40年だったような気がします。
40年前、私は人間のシステム医療と同じように動物の総合医療化が必要だと強く思いました。獣医師は全科診療です。しかし人と同じように様々な疾病を確実に診断し、治療を進めていくには一人の獣医師では限界があると感じました。
そこで、いち早く内科、外科、眼科、循環器科といった専門獣医師による総合化をめざすことにしました。
私自身は積極的に国内外の学会、セミナーに参加し研鑽を図ると同時に、若手獣医師の育成にも努めました。

また、縁あって当院の患者さんになって下さった方に、夜間の“もしも”のときにもきちんと診察したいと、当時では個人病院では対応していなかった夜間救急診療部門も立ち上げました。
さらにまた、「病気になってから動物病院へ行く…」のではなく「病気にならないために動物病院へ行く」こういった在り方も動物病院の役割のひとつのあり方だとおもい、利用しやすい医療サービスの提供として<病院会員倶楽部>を作りました。今ではご利用いただいている会員様は1000件になります。大阪全域、茨木、高槻、箕面から多くの患者さんにご来院頂いております。

動物に優しい充実した動物医療の提供とは何かを…ずっと追い求めてきました。 これからも きめ細やかな診療体制による総合診療と専門診療の“トータルシステムケア” この私の夢の実現に向けて、若い世代の獣医師達がなお一層の情熱を傾けてくれるでしょう。

動物メディカルセンターグループ代表
獣医師・獣医学博士    北尾 哲



北尾貴史

今までも、これからも。地域の獣医療の中核として

動物メディカルセンターは大阪の北摂地域である箕面・茨木・高槻に3つのグループ病院として存在しています。
開業からの約40年間に培われてきた経験と実績を活かすだけでなく、常に進化する最新獣医療を取り入れていくことで、地域に根ざした一次診療から専門性の求められる高次診療までといった信頼される動物病院・進歩を続ける動物病院を目指しています。
その上でいつも気軽相談していただける、飼い主様と小さな家族に寄り添うホームドクターであることを大切にしていきたいと思っています。

例えば、椎間板ヘルニアという病気がありますが、動物メディカルセンターでは発症からの診療はもちろん、CTでの責任病変部位の診断、そしてヘルニア部位の手術および入院治療、さらに術後のリハビリテーション、在宅でのマッサージや食事の指導までを一貫して院内で行うことができます。これは一次診療だけでもなく高次診療だけでもない、病気の発症から治癒までの全過程を、その子のことをよく知っているホームドクターチームに任せて頂けるという、私の思い描くひとつの理想例かと思います。
他にも骨折や膝蓋骨脱臼、股関節の問題などの整形外科も多く引き受けておりますし、近年増加している腫瘍へのさまざまなアプローチもしております。
と同時に、子犬子猫がこれからの生涯を幸せに過ごせるようにワクチンなどを含む予防医学や予防歯科についても丁寧にお話をさせていただきます。

飼い主様の「この子にとって最良の治療や選択をしてあげたい」という気持ちに応えていくことが私達獣医師の使命だと思っています。

様々な病気、手術に対応可能な動物病院は、大阪(箕面・茨木・高槻)にある動物メディカルセンターへご来院下さい。

グループ病院統括病院長 北尾 貴史