• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年12月26日 土曜日

拾い食い防止トレーニング!

こんにちは、動物看護士の小林ですconfident
寒い日が続きますが、体調は崩されてないでしょうか??

前回は私の愛犬ふたばの紹介と目薬の仕方について書かせていただきました!
http://www.doubutsumedical.com/blog/2019/12/post-146-1482218.html 
up良かったらご覧くださいshine


今回も、うちのふたばのお話をさせて頂きます!
少し前の話なんですが、ふたばには悪い癖がありまして...
私たちが食卓でご飯を食べているといつも机の下に待機するんですsweat01
そうです、おこぼれを狙っているんですbearing
そんな時に、私がお味噌汁を食べていた時に、お味噌汁にはいっていたネギを床に落としてしまいましたcrying
ほんの一切れだったのですが、それをペロっと食べてしまいました...
ネギはわんちゃんにとって、中毒症状を引き起こす可能性があります。
なので、最初はすごく焦りましたsweat01

幸い、その時落としたネギは1グラムにも満たさない程度のものだったせいか、2~3日様子見て特に異常はなかったですcoldsweats01
ただ、もし量が多く全部食べてしまい、ふたばに何かあったら...
と思い、拾い食いを直すトレーニングを始めました!

犬の拾い食いは、本能的な行動であり、拾い食いをしてしまうわんちゃんが多いのではないでしょうか?
食べたものによっては命の危険にさらすこともあります...
なので、拾い食いを防止する為のしつけは大事だと思いますgood
ふたばもまだまだ練習中ですが、私のトレーニング方法を紹介したいと思います!


flair拾い食い防止トレーニング法

①まず、リードをつなぎ、ふたばが絶対に拾い食いできない所におやつを置きます。

② どうやっても届かず食べれませんので、そのうち諦めて私の方見てきたら
 その瞬間に私の手からご褒美をあげます!

こうすることによって、落ちているものは食べれないけど、その代わり私を見るといいことが起きる、と学習していきますhappy01
これを何度も何度も繰り返し練習しましょう!

flairポイント

flair慣れてきたらリードをなくしてみてもいいかもしれませんね。
 ただし、落ちているおやつを食べられては意味がありませんので、足で隠すなどして、
 絶対に食べられないようにしましょう。

以上、私がふたばとやっているトレーニング法になります。
もちろん、拾い食いをしないのが1番なんですが、室内環境を整えるのも大切です◎
片付ける際、犬目線で片付けて、拾い食いをする環境をなくしましょう。
ふたばもネギ誤食事件以来は、人が食べている時にはケージの中に避難するようにしていますdog

拾い食いに困っている方は、当院にご相談ください。
わんちゃんも人も安心して過ごせるようにしていきましょうnote


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年12月12日 土曜日

13歳で初めての手術

こんにちはflair箕面の動物看護師 山中ですhappy01
毎朝寒すぎてお布団から出るのに時間がかかりますが、
犬のお散歩に行くとシャキッrunっと目が覚めて、いい感じですhappy02


以前にシニア期の歯磨きトレーニングについて
、私の家のコロンdog(パピヨン・男の子)のことをブログで書かせていただきました。


http://www.doubutsumedical.com/blog/2019/11/post-145-1480989.html

(☆まだの方は是非ご覧ください☆)

それから時間も経ち、来月の1月20日でコロンも14歳になります。
相変わらず、お昼寝の時間は段々長くなっていますが、お散歩大好きheart01、おやつ大好きheart01
元気いっぱい過ごしていますnote

ですが、今年の春に二回も手術を受けて、入院も経験しましたweep

1回目の手術は、4月12日 "慢性の多発性頸椎ヘルニア" でした。
この病気に気づき始めたのは、
・寝ている時に急にキャン!と言って飛び起きる。

・右足がつったようにピーンとなって踏ん張れない。

・キャンキャン!と連続で鳴きながら、腰を丸めて固まることが2、3分続く

といった症状が出てきたときでした。

この症状だけでは首が痛いとは気づかず、「どこか分からないけど痛がっている」という認識でした。
先生に診てもらい、レントゲンを撮ったり触診をしてもらって、首が痛いのかもしれないということで、
後日MRIを撮りに行くことになりました。
その結果、首のヘルニアだったことが分かりました。
いろいろな病気やケガがありますが、本当に自分の家の子がなると、びっくりしてしまいましたdespair

13歳だし、心臓も悪かったのでオペはどうしようかなぁsad
でもキャイン!と痛がっている姿がとってもかわいそうで...
でもやっぱり高齢だし。手術の後も痛いだろうなぁbearing
と、いろんなことが頭の中を巡り、いろいろ考えました。


でも最終的には、もっと高齢になって麻酔のリスクが上がったり、首の痛みが増したときに、
「あの時に手術してあげればよかった。」と後悔するような気がして、
今できることはしてあげようと思い、手術を決めました。

と、言ったものの、オペの日が決定してから当日までずっとドキドキで、これでよかったかなdespair
と何回も考えていました。

コロンはもうおじいちゃんの年齢ですが、
私にとっては弟のような存在heart02で小学校3年生の頃からずっと一緒に暮らしています。


手術したいか、したくないか、直接コロンに聞けたらなぁと不思議なことまで想像していましたcoldsweats01


結局、当日もオペ中もドキドキでしたが、先生や動物看護師の先輩方のおかげで無事終わり、
もう7か月経ちますが、キャイン!と鳴くことはなくなり、すやすや熟睡できるようになりました。
痛みが取れて本当に良かったです!



2回目の手術は、5月24日  "脾臓摘出" でした。

これは、以前から定期的に診てもらっていた超音波検査で、
脾臓に何かできものがあるということは分っていたのですが、それが少し大きくなってきていました。
その時も先生から今後どうなっていく可能性があるのか、
治療にはどういう選択肢があるのか分かりやすく丁寧に教えていただいて、
家族とも話し合った結果、CT検査と手術をしてもらうことに決めました。

この時もドキドキでしたが、1回目の時よりも迷いは少なかったかなと思います。

むしろ、早めに見つけてもらって、大変な事態になるかもしれない前に予防が出来て良かったという気持ちでした。



私は、まだ動物病院で働いて2年目ですが、
初めてお家の子の手術や入院、麻酔をかけての検査を通して、
手術を受けるかどうかを決めるときの決断や、手術中の緊張感、
入院している間のさみしかったり心配な気持ちを経験することが出来ましconfident

そして改めて、定期的な健診は大切だとも感じましたhappy02


同じような気持ちを経験された方もたくさんいるのかなと思います。
麻酔や検査や手術、病気になった時など、分からないことだらけで不安なことが多いですが、
最終的に決めるのは、飼い主である自分になります。
最適な選択ができたのか心配になった時、
その不安を共有することで少しでも心が軽くなることがあるかもしれませんconfident

そんな時は是非、私たちにお声かけくださいhappy01

私もいち飼い主としての気持ちを大事に、
皆さんの大切なワンちゃん・ネコちゃんたちのサポートができるように頑張っていこうと思いますhappy01
 

次回のブログ更新は...12月26日です!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年11月28日 土曜日

あんこの闘病日記

 

湊 あんこ(トイ・プードル) 11歳 男の子
性格:人見知りで穏やか。なれると誰にでも付いていく可愛い子!

 
病歴:骨折(家に来た次の日)
  :胆泥症(2018.7.28のブログ参照)→ 飲み薬と運動・食事療法で経過観察中
  :唾液腺嚢胞(2019.11.9のブログ参照)→ 唾液を抜いてからはあまり溜まらず
                       落ち着いている


こんにちは。看護師の湊です。今回のお話は・・・。
ある日、仕事から帰りいつも通り遊んでゆっくりした後、僕が自分の部屋に戻り少しすると・・・。
隣の部屋からあんこの"キャン"という鳴き声が・・・。いそいで見に行くと左の後ろ足を
あげたあんこの姿があり、親に確認すると立ち上がって、いつも通り動こうとしたとき"キャン"と
鳴いてそれからずっとあげているとのことでした。
次の日、仕事であんこと一緒に出勤し先生に診てもらうと・・・。
前字靭帯部分断裂との事でした。

【前十字靭帯断裂とは・・・】
重度の捻挫の事で、靭帯が様々な原因によって部分的あるいは完全に切れてしまうこと。



あんこの場合、部分的に断裂している状態ですが、今後損傷を蓄積させ悪化すると完全断裂に
なる可能性は十分にある状態です。
今は。ケージレストと体重管理で時々立ち上がるときに気にしていますが、
落ち着いて過ごしてくれています。
今後も内科的治療でしっかりと回復していけるようにサポートしていきたいと
思います。

あんこも今年で11歳。(人で言うと約60歳!)
歳を重ねるごとに、人と同じで定期的な健康チェックが必要だなと改めて思いました。


皆さんも日頃から少しでも気になることがあれば是非シニア期を待たずに
若い頃から健康診断をお勧めします。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年11月14日 土曜日

我が子のターミナルケア

こんにちは。動物メディカルセンター 獣医師の中川です。

さて、今回のお話は獣医師としてではなく一人の飼い主としてのお話です。
以前にもブログに出させていただいたうちの先住犬が先月亡くなりました。

享年12歳でした。
僕自身、ずっと一緒に暮らしてきた家族を亡くすという経験は初めてでしたので、今もまだ、ふと思い出して寂しい気持ちになります。
今は四十九日を終えて一段落ついたところです。
 

先月まで、病院内にてグリーフケア=悲しみや喪失感のケアセミナーを専門の先生に開催していただきました。ペットの高齢化が進む昨今、飼い主様とペットがより良いエンディングを迎えられるよう、私達スタッフの心構えや関わり方を学ぶためです。


セミナーでは所謂「ペットの終活」というものについて学びました。
飼い主とペット双方の生前から死後まで幅広いケアについてのお話をいただきました。



そんなセミナーを受けながら、自分の愛犬のターミナルケアに立ち会った経験を少しお話させていただければと思います。

 9月の上旬ごろから食欲不振が進んでしまい、今まで食べていたフードを全く食べなくなってしまっており、病態としてはかなり厳しいものでした。
治療方針を決めるために次に行う検査としてはCT検査や生検など麻酔が必要な検査でした。
阿部先生のお話の中で、病気と向き合うだけでなく、あくまでもペットを主役に治療を考え、時には検査を次々進めていくだけでなく、ペットの気持ちとも相談して検査・治療を進めていくことが大切なのだと学びました。


家族と、病院の苦手なこの子にとって何が幸せなのだろうと考えた結果、この子にできるだけストレスがないように、幸せに最期を迎えてもらえるように、ということを家族と話し合って決めました。
 まず、ご飯に関しては無理に療法食を与えるのではなく、好きなものを、食べられるものを食べてもらえるようにしました。

実はうちの子は雑炊が好物で、野菜や鶏の出汁で炊いたものが
好物だったのでそれを作ったり...
深い器だと食べにくそうだったので、平皿やかさ上げ台を
使ってみたり...

 






 実際に食べていた写真がなかったのが残念なのですが、
フードにはほとんど手を付けなかったのに、これは喜んで食べてくれていました。



うちの子はとても病院が苦手で、行くことそのものがストレスになるんじゃないか、ということもあり毎日は通院していませんでしたが、どうしても必要と思われる点滴とお薬の注射は頑張っていました。
 ペットにとって住み慣れた家は「安全基地」なんだそうです。
その「安全基地」が脅かされないように、自宅ではなるべくいつも通りに過ごしてもらえるように、内服薬もストレスにならない範囲で与えることにしていました。

 セミナーで教えていただいたように、自宅に仲の良かったわんちゃんやご近所さんなどに来てもらったりもしました。
皆さんに会えて尻尾をぶんぶん振ってくれていてとてもうれしそうにしていました。これは愛犬にとっても幸福なことだったと思うのですが、同時に僕ら飼い主側にとっても少し救われるような出来事でした。

 同時に家族の不安を和らげることも大事なことでした。
ペットはずっと一緒に暮らしてきた家族のことをよく見ていて、不安や焦りなどを敏感に感じ取ってしまうんだそうです。だから僕たちもなるべくいつも通りに名前を呼んで、大好きなお散歩も本人が行きたそうであれば連れていくなどしていました。


 最期には普段一緒に暮らしている家族とうちの子の実家(生家)のお父さんお母さんに囲まれながらゆっくりと息を引き取りました。
正直なところ、この選択で本当に正解だったのか今でもわかりません。ですが今回のこの選択は病気ではなくこの子を主役に、幸せな最期というものを考えられたということで後悔はしていません。
けれど、ペットの幸せは何かというのを考えること、今この子がどう思ってどう感じているのかというのを考えることはこれからも続けていきたいと思います。




この経験を皆様のペットの幸せな一生のために生かすことができるよう努力していくことが獣医師として今の僕にできる一つのことなのかなと思います。



次回、11/28(土)に更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年10月31日 土曜日

シニア期の準備

 こんにちは!動物メディカルセンター獣医師 尾崎です。
 犬の平均寿命はここ数年で0.3歳伸びたと言われています。人間から見ると大きな数字に見えないかもしれませんが、犬は1年で人間の4~5歳年をとると言われています。
 つまりわずか数年で人間にして1~2歳程度も寿命が伸びたことになります。飼い方の変化、獣医療の向上、ペット保険の普及などにより、今後も寿命が伸びることが予想されています。
 

 うちの「世界一のラブラドール ケルン(♀)・クラン(♀)」も今年で7歳となりました。大型犬の7歳は人の54歳にあたるので平均寿命から考えても犬生の折り返しに差し掛かっていると言えるでしょう。




【世界一のラブラドール ケルン♀・クラン♀】


 うちの子の最近の変化としては、とても頑固になりました(特にケルン)。以前は金魚の糞みたいになんでも嬉しそうに着いてきましたが、今は散歩中も気に入らないとストライキを起こすようになってきました。また散歩中に長時間散歩すると途中で休憩を要求することもでてきました。 



【ケルン ストライキ中、絶対そっちには行かない!!①②③】
【クラン 次はどこ行く?何する?】
 
そんな中まだまだずっと一緒に遊びに行きたいのでうちの子たちも健康診断と少しずつシニアトレーニングを開始しています。

シニアトレーニングといっても、ゴハンやオヤツをいろんなところに隠して探させる「宝探し」をさせたり、散歩コースに階段を加えてゆっくり登らせたりといったものです(飼い主はコロナ自粛の運動不足解消にちょうどいいです♫)。元気な老後のために「認知機能」と「運動機能」の維持に努めています。

階段では、元気よく勢いをつけて一気に登らないようにリードを少し短めに持つなどして、ゆっくりと一段ずつ登るようにしましょう!一段ずつ止まるぐらいの気持ちでいいと思います!
犬の体重は前肢に7割、後肢に3割負重がかかっていると言われており、多くの子で後肢から弱っていきます。傾斜がある階段では、後肢へしっかりと負重させることで筋肉を刺激します。
また関節炎や疾患を持っている場合、過度な負荷は悪化させる恐れがあるので不安のある方は、一度ご相談ください。


【散歩階段トレーニング中】

うちの子の宝探しですが

びっくりするぐらい!!・・・できません。

ですが三人で楽しく家中ひっくり返してやっています。シニア期のトレーニングは、気を張ってできるように教え込んだり無理やりというよりは、ゆっくり一緒に楽しむことが大切だと思います!!(そう信じています(笑))
宝探しはできるようになったらその過程もまたお伝えできればと思います。

うちの子みたいに6~8歳のシニア期入り口は、その後の快適な老後につながるとても大切な時期と考えます。どんな病気も早期発見が最も大切です!シニア期入り口、健康チェックとその子にあったことからを始めてみてはいかがでしょうか?

どんなトレーニングがあるのかお気軽にスタッフまで聞いてみてください。

また現在秋の健康診断キャンペーンとして、来て採血してすぐに帰れる充実した項目の血液検査による健康診断をお勧めしています!詳しくは、HP(http://www.doubutsumedical.com/2016/07/1-5-1316543.html)またはスタッフまで!



【今年の夏の思い出】

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31