• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年3月14日 土曜日

満員御礼!デンタルケア教室!

こんにちはsign01動物メディカルセンター箕面 動物看護師の五之治ですhappy01
毎日寒暖差の激しい日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
早く暖かくなってほしい!と思う反面、花粉に悩まされる日々が迫ってくる恐怖も感じておりますcoldsweats01


さて今回は、先月2月に動物メディカルセンター箕面にて開催された
デンタルケア教室の様子を、お伝えさせて頂こうと思いますhappy02

こちらのデンタルケア教室 第1回、第2回 と2回に分けて開催いたしました。
どちらもなんと定員Max!fullおかげさまでたくさんご参加頂き、
皆様おうちの子の歯について、とても関心を持っていただいてるんだなあ!と、
スタッフ皆嬉しく思いましたlovely
今回の教室、わたくし五之治は第2回デンタルケア教室を担当いたしました。
なので今回は、第2回デンタルケア教室の様子をお伝えします。

皆さま熱心な飼い主様ばかりで、
もうすでにデンタルグッズを、一式そろえてくださっている方もいらっしゃいました!
今、世の中にはたくさんのデンタルケアグッズが販売されています。
ただ、その中でおうちの子に合ったグッズを見つけてあげるのが難しい...と聞くことが多いですsign01
そんなお悩みや、とっておきのデンタルケアグッズを紹介するべく、お話させていただきました!


前置きのあとは...もう実践からスタートrun
まずは、歯みがきの手順からおさらいです!実際に触ってもらいながら、一緒に行いましたhappy01

≪はじめに少し確認です!≫
デンタルケアデビューにあたり、
歯みがきといえば...歯ブラシ!よしっゴシゴシ~!...といきなり歯みがきを始めてはいませんかsign02
もちろん目指すは歯ブラシですが、ペットちゃん達にとって何が何だかよくわからないものがいきなり口に
入ってくるのは、とても怖いものですbearing
一度怖い思いをしてしまうと、次に安心してもらえるようになるまでは相当な時間がかかりますsad
そのため、ゆっくりステップをふみながらケアを始めてあげてくださいsign01
何より歯みがきケアで大切なのは"焦らない心"そして"愛情"です!

...そんなお話をさせてもらいながら、ステップ1 口周りをさわる からスタートrun
皆さますんなりとクリアnote
そして徐々にレベルup!
どんどん難易度は上がっていきますが、皆さましっかりとついてきてくださり
正直に言いますと、ここまでクリアしていただけるとは...!とびっくりしましたhappy02
それと同時に、おうちの子と素敵な信頼関係を築けていることがよく伝わっていき、嬉しく思いましたshine



他にも、その子に合った歯ブラシのサイズの選び方や、磨くときのブラシの当てる強さなど
小ネタをはさみつつお話させてもらい......あっという間の30分でした!!
はじめはわたくし、少しばかり緊張しておりましたが...(笑)
皆さまの熱意を感じ、私自身とても楽しくお話できましたnotes



最後になりますが、
お口の健康はその子の寿命にもつながりますsign03
大切な小さな家族とすこしでも長く、素敵な思い出を作ってもらえますように...
まずは出来る事から。お口のケアを始めましょう!
いつでもご相談などお待ちしておりますconfident

また6月の歯科月間にもデンタルケア教室の開催を予定しております。
ぜひ、ご参加くださいlovelyshine

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年2月22日 土曜日

フォトコンテスト開催中!

こんにちは、動物メディカルセンター高槻 看護師の辻田です。

早速ですが、いま病院では「フォトコンテスト」の投票を受け付けています。
去年まで茨木病院で新年のイベントとして毎年開催しており、皆さまにとても楽しんでいただけるイベントでした。そこで、令和発の今年の幕開けは、茨木病院だけでなく、箕面病院、高槻病院も合同で開催することになりました。

   

  1月末日までの応募期間でしたが、今年の応募総数は59件!!
  たくさんのご応募をいただきました。
  ご応募いただいた皆さま、ありがとうございます。





たくさんのお写真を見ていると、病院で見るお顔の表情と違って、あんな顔や、こんな顔、そんな顔・・・私達の知らない飼い主様や、ご家族だけが知るお家で見せる表情はとてもやわらかく落ち着いていて微笑ましく思います。


私の子(悟空)もお家では可愛い姿をたくさん見せてくれていますが、病院に来ると怒ってしまいます。それで、他のスタッフには怖がられてしまい、なかなか可愛さをアピールできず悔しい思いをしています。
私だけが知る最高のうちの子SHOTを沢山撮って可愛さをアピールしたいと思います!
 
    【病院での悟空】              【お家での悟空】
      

皆さまも、病院では見られないお家での良い表情、BEST SHOTがあればぜひ私たちにも教えて(アピールして)ください。



<病院=怖い・痛い・寂しい>といった負のイメージがどうしても多くなってしまいます。
病院に来られるときには、ぜひ好きなごはんやおやつなどを一緒にご持参ください。
「病院に来たけど、最後におやつをもらえた!よかった!」と、少しでも病院での印象を良く出来るようにしていけたらと思います。
また、ホテルでのお預かり時には、できるだけお家のにおいがある毛布などを一緒にお預かりして安心できるように心がけています。


2月29日まで、各病院で投票を受付中です!たくさんの方が興味を
持って写真を見てくれていて、「可愛い」「癒される」というお声をいただいています。
ご応募いただいた方も、そうでない方もぜひ投票にお越しください。
私達スタッフもワクワクしながら、皆さまの投票をお待ちしております!!





   【スタッフの飼い犬、猫のBEST SHOT!】

     尾崎ケルン&クラン          中川玄       溝口ココア

       宮嶋メイ                  溝口ふく   



次回は、3/14です。


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年2月 8日 土曜日

ラブバードに魅了されて・・・ バードライフアドバイザーの資格を取得☆

こんにちは。動物メディカルセンター(高槻・茨木) 動物看護師・トリマーの松田です。

2018年1月のブログで家族の一員のコザクラインコをご紹介させていただきました。
これまでに数種の鳥さんの飼育をしてきましたが、鳥さんの種類でこんなに性格が違うものかと驚くこともたくさんsign01
ふれあえばふれあうほど可愛いコザクラの為に、もっともっと知識を深めたいと日々アンテナを張り巡らせています。



そんな中、1月に鳥さんに関する《バードライフアドバイザー》の  セミナーを受講し、3級の認定資格に合格しましたsign01
5時間の講義でしたが、定員いっぱいの鳥マニアの皆さまと共に、わかりやすくて、楽しい先生の人柄にも引き込まれnote
あっという間。
今回の講座は次の級を目指しての初級編でしたが大まかな内容は・・・
医療について、健康面の管理や、食餌内容、異変を見分ける重要ポイントなど。
思い込みにとらわれず、鳥さんの種類やわが子にはどうするべきかを看ていけることが大切だと改めて考えさせられました。


☆一番興味深かったことは食事:フードについて☆
わたしが子どものころ・・・(笑)何十年・・・あわやひえ等、ムキ餌よりも
皮付きの シードは栄養価が高く主食になっていましたが、昨今鳥さんフードも大きく変化していて種類やメーカーも多くなりました。
個体により必要なカロリーにも違いがあり、食べ物によって引き起こす病気や発情問題につながることを改めて学びました。
採食行動(フォージング)について・主食とするシードとペレットの利点と欠点はわが子にも役立ちの重要な内容でした。

          目からウロコsign03
    

                      【フォージングトイのイメージ】
   


トレーニングやコミュニケーションの話も飼い主も楽しめ、わが子にも実践しています。
わんちゃん・ねこちゃんよりもマイナーなコンパニオンアニマル:鳥chickバードですが本当にたくさんの魅力があって可愛いですheart01
家族の一員として過ごす方もそうでない方も『鳥さんってそうなの?!』『お利口~』『可愛いね~』と身近に感じてもらえたら嬉しいですnote
当院にも訪れる鳥さんのお力添えが出来れば幸いです。
次の級へのステップもチャレンジsign03



次回は2/22予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年1月25日 土曜日

「VMATってご存知ですか?」

こんにちはnotes
動物メディカルセンター箕面統括病院、動物看護師、中村ですconfident
私は動物看護師になり、すでに22年目を迎えます。
今までの多くの経験と知識をますます動物たちと飼い主様家族に提供できるように今年も頑張ってまいりますrock

今回は『VMAT』のお話を少ししようと思います。
VMATとは、Veterinary Medical Assistance Team:災害動物医療支援チームの略で、人と動物に関わる様々な事態に対し減災、防災、災害時の対応・復旧、復興協力支援する組織の事です。


大阪でVMATは活動しており、公益社団法人 大阪府獣医師会において、動物を救うことが人や環境を守るという理念のもと動物救護等対策委員会が中心となり、2017年1月に設立されました。獣医師、動物看護師、トリマーがチームを作り災害時には人命救助を妨げない範囲で、初期の動物の保護・救出にあたるとともに、災害状況の情報収集をされています。また、避難所やシェルターにおける動物の健康管理及び人間と動物の関係を円滑にすることを主な任務とします。

 災害が発生した時の「同行避難」はもうすでに周知されていることと思います。しかし、同行避難した後、避難所は入れるかどうかは各避難所によって異なり、また避難所生活においては日頃からのペットとの暮らし方、コミュニケーションのとり方が大きなカギとなるのですsign01

避難所では見ず知らずの人や、他の動物と狭い空間で生活する可能性があります。いろんな人や動物に慣れさせる訓練やケージの中でも落ち着くことができるトレーニングをしておくと良いでしょうnote



私は今、黒白のニャンコ「くろすけcat」と生活していますが、
私は災害時に同行避難できるように仔猫の時から慣れさせたのは、
one ケージに自分から入ること、ケージが嫌な場所ではないことを認識させる
two どこでもトイレができる、ペットシートと少量の猫砂でトイレできます。
three 病院のケージに慣れさせる、他の犬猫に慣れさせる

あとは、何でも食べられるようにしておくことでしょうか。必ず食べなれたものが手に入るとか限りませんからねbearing

近いうちにVMATの勉強に行ってこようと思っています。動物看護師でも社会貢献ができように、何が大切かを学んできますnotes
また、詳しくお話聞いてみたい方はいつでもお声掛けくださいませhappy01






投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年1月11日 土曜日

冬場も脱水に注意!!

こんにちは。
動物メディカルセンター茨木、動物看護師の竹下です。


突然ですが、皆様のおうちの子は、しっかり水分取られていますか??
ご存知かも知れませんが、夏場だけでなく冬場も脱水には注意が必要なんです。

水は、体内の物質の運搬や体温調節などにも関係しており、水分不足で循環がが悪くなると
様々な疾患を引き起こす可能性があります。

寒いと活動量が減るので暖かい時期と比べると飲水量も少なくなりがちです。
特に高齢の猫ちゃんはさらに渇水感が低下し、気が付かないうちに脱水傾向になっていることがあります。
こまめに水分補給を促してあげましょう。

●目安として
1日に必要とする水分量=体重(kg)×水50ml
例)4kgの場合 4kg×50ml=200mlが1日に必要な水分量となります。
  (フ―ドの水分量も合わせて)
●水分補給を促す工夫として
・水飲み場を増やす。
・食器を変えてみる。
・飲みやすい高さに変える。
・ドライフードをふやかしてみる。
・缶詰などのウェットフードをトッピングしてみる。
・普段のお水に+αしてみる。
 寒い時期はご家庭でお鍋を食べる回数が増えると思います。
 味付けをする前の野菜のゆで汁や、鶏のササミのゆで汁などを加えるだけで
喜んで口をつけたりしてくれると思います。

ちなみに、院内の猫ちゃんたちは、ぬるま湯にするとすぐに飲みに来てくれます。
おうちでも色々と試してみてくださいね♡



●おうちで簡単に脱水をチェックできる方法
 背中の皮膚を写真のようにつまんでみてください。
 正常な場合は1-2秒で元に戻ります。
 脱水症状を起こしている場合は、
皮膚の弾力が失われいるため元に戻るのに3秒以上かかります。

チェックして脱水しているかもと少しでも感じたら、病院にご相談下さい。


 人と同様に、動物も水分補給は大切です。
 しっかり水分補給をして、元気に新しい1年を過ごしましょう。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31