• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2021年8月 6日 金曜日

ネコちゃんの眼のキズが治らない?!実はこんな病気だった!!


こんにちは。動物メディカルセンターの獣医師の盛岡です。
今回は目のキズに関するお話です。目の表面の透明な膜を「角膜」といいます。

コンタクトレンズをのせるところですね。角膜は透明ですが、拡大して観察すると実はいくつもの層からなる構造でできています。

ワンちゃんやネコちゃんはケンカをしたときや目に物をぶつけてしまったときに、よく角膜のキズをつくってしまいます。この角膜のキズを「角膜潰瘍」といい、角膜の層構造がえぐれてしまった状態になります。

角膜にキズができると、角膜の細胞の働きによって表面の薄い膜(上皮)が伸びてキズを覆ってくれます。小さく浅い傷であれば通常は3日~1週間ほどキレイに治してくれます。しかし、大きなキズや深いキズは大ケガになるため治りにくく、場合によっては手術が必要になることもあります。また、治ったとしても傷跡が残ってしまうこともあります。

今回ご紹介させていただくのは角膜のキズがなかなか治らなかったネコちゃんです。
目をショボショボしているとのことで来院されました。そこで角膜のキズを調べるフルオレセイン染色検査を行いました。

フルオレセインは青い光を当てると蛍光色に光る特殊な蛍光色の染色液で、角膜のキズがある場所に染色液が付着する性質を利用して検査を行います。
すると左目の外側に小さく染色液が付着し、角膜にキズができているのが分かります。

小さく浅いキズでしたので、お家では目をこすってキズを大きくしてしまわないようにエリザベスカラーをしてもらいながらしっかりと目薬の治療をを差していただいて様子を見ることになりました。

しかし、目のキズはいったん小さくなったのですが、数日後にはまた大きなキズになってしまいました。
その後も、さまざまな目薬を使いましたがなかなか完治しませんでした。

ところがある日、目の検査をした際に気付きました。染色液が角膜の中にも入り込んでいます。


これはSCCEDs(スケッズ:自発性慢性角膜上皮欠損)をいう病気です。
角膜の基底膜と呼ばれる構造に異常があり、角膜の表面を覆う薄い膜(上皮)がうまく角膜自体にくっついてくれない病気です。原因は、角膜上皮を構成する角膜基底膜細胞において作られている接着因子の異常によって起こります。
この病気の特徴は
1.角膜のキズが浅いこと
2.一般的な治療や管理をしてもなかなか治らず、繰り返してキズができること
です。

この病気にかかると、角膜の上皮は再生してキズを覆うようにしようとしているのですが、簡単に剝がれてしまうため、キズが大きくなったり小さくなったりを繰り返し治らなくなってしまうのです。
ワンちゃんで稀になってしまう病気ですが、ネコちゃんでは更に珍しい病気です。
この病気は、目薬だけでは治りません。治療は病気の原因である基底膜の治療が必要になります。このネコちゃんは、くっついていない薄い膜を剥がして角膜の基底膜に対する処置を行いました。

角膜のキズは実はかなり広い範囲で隠れていました。
目薬を続けていただき2週間後に見たところ......


無事にキレイに治ってくれました!
処置を行ったとしてもなかなか治らないこともあるのですが、1回の処置で治ってくれて良かったです。なにより、目薬とエリザベスカラーの生活を一か月頑張ってくれたネコちゃんと飼い主様は本当に大変だったと思います。無事に治って僕も飼い主様もほっとしました。
目の傷は小さくても、それによる痛みや違和感によって目をこすってしまう事で傷が大きくなって悪化してしまうことがあります。目をショボショボしているのに気が付いたら早めに受診をおすすめします。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2021年7月10日 土曜日

残りものには・・・福はないです!?

こんにちは
動物メディカルセンターの獣医師 高橋です。
最近の診察から思うことは、「コロナ禍でワンちゃんを飼う方が増えている!」ってことです。ご家族が増えるって良いことだと思います。

子犬ちゃんや子猫ちゃんとお家でいっぱい遊んでいますか?
遊んでいるときは、手だけでなく、お口も遊びに使っていると思います。
その歯、どうなっていますか?

お口の中を見るのは難しいかもしれません。
しかし、意外と多いのが歯の異常です。歯周病や歯折れ以外にも、チワワやマルチーズなど
の小型犬にある病気として 乳歯遺残があります。

犬や猫も人と同じように、子どもの歯(乳歯)から大人の歯(永久歯)に生え変わります。
だいたい4か月齢ぐらいから生え変わりが始まります。そして7か月齢ぐらいには終えています。
生え変わりは、永久歯が乳歯の歯根を吸収しながら押し出すように出てきます。この吸収が十分に行われず、乳歯が残ったままのことを乳歯遺残といいます。

当院での例 
水色に囲まれている所に注目!

細く湾曲しているのが乳歯で、
その隣にあるのが永久歯になります。


ここでよく見てもらいたいのは、乳歯と永久歯の間です。
どうでしょうか?異変が何かわかりますか?


異変は、乳歯と永久歯の間に黄色く写っているものです。

乳歯と永久歯の間はとても狭く、デンタルケアが難しいため、歯石が付着しやすい場所になってしまいます。歯石は歯周病菌が繁殖しやすい場所となり、歯周病を起こしやすくなります。また、血液を介して菌が全身へ回ることによって心臓病や腎臓病などを引き起こすこともあります。
 
歯の汚れって、実は怖いんです・・・。

その他に、乳歯遺残によって永久歯の生えてくる場所がずれます。
それによって噛み合わせが悪くなる不正咬合が生じます。
不正咬合によって、食事が取りにくかったり、飛び出た歯によって歯肉炎・歯周炎などが生じたりします。

さて、上記の子の乳歯を抜いた直後です。


抜いた場所に穴が開いていますが、数日もすると

穴もふさがり、きれいになっていますね!


では、自分ちの子のお口を見てみましょう!
乳歯・・・残っていませんか!?

7か月齢を過ぎてもグラつきのない乳歯は、ほとんど自然には抜けません。
上記のように、残しておいても福は来ませんので、抜歯をしてあげることをお勧めします。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2021年6月26日 土曜日

お手入れ好きですか?

こんにちは。 今回は動物メディカルセンターの小池が担当します。

皆さん、『ハズバンダリートレーニング』って聞いたことありますか。
日本語に約すと『受動動作訓練』と呼ばれていて、主に動物園や水族館で飼育動物に行われているトレーニングです。動物達のお世話や健康管理、そして病気の治療など出来る限り安全にストレス少なく行う為に、管理しやすい特定の体勢や行動を教える方法です。
例えば、飼育員の手の動きや笛の音などの合図により、動物が「自主的に」手足をあげたり、お口を開けたり、お腹を見せてじっとしたりするように教えます。
その間に、採血したり、歯の健診をしたり、エコー検査をしたりすることが可能になります。
ここでのポイントは、動物があくまでも合図により「自主的に」行うことです。
自主的に行えるのは、それに見合った報酬があるから、つまりごほうびのフードがあるからです。

 近頃、おうち時間が増えて新しいワンちゃんを迎える方も多く、毎日のように相談を受けます。
「ハミガキさせてくれない。」
「目ヤニをとろうとすると怒る。」
「足を拭こうとすると咬んでくる。」
「耳そうじができない。」
「首輪の着けはずしを嫌がる。」
「爪切りできない。」
・・・などなど、子犬のうちに慣らしておきたいことはたくさんあります。

これって、飼い主さんの愛情が足りないわけでも反抗しているわけでもありません。
家庭犬として家族の一員になったからこそ、長生きするために必要な上記のお手入れなどは、もともと犬同士で行うはずもなく、触られるのが得意でないワンちゃんも多くて当然なのです。
ただ単純に、その行動を受け入れるためにはそれに見合う報酬があるかないか。
犬にとって、報酬はフードだけとは限りません。飼い主さんの優しい声や安心できる接し方も大切です。
また観点を変えると、怒って咬もうとするケースは、怒った結果として「苦手なことを阻止できた」という報酬を得たことになります。(このパターンが続くとどんどんエスカレートします。)


そこで、ハズバンダリートレーニングですよ。
例えば、首輪が苦手なワンちゃんなら、首輪のわっかを見せて自分から顔を突っ込むように教えます。
例えば、足を拭くのが苦手なワンちゃんには、手のひらに乗せたタオルの上に前足を乗せるように教えます。
ブラッシングが苦手なワンちゃんは、ブラシを持ったら背中を向けてじっとすることを教えます。


まだ柔軟性の高い社会化期の子犬には、そのこの受け入れられるペースで楽しくすすめていくといいですし、既に嫌いになってしまっているワンちゃんには、あせらずゆっくり道具を見せてごほうびくらいから始める必要があるかもしれません。

少々時間と手間はかかりますが、ワンちゃんの一生涯を考えると、まさに今が始め時!
無理やり我慢させたり、日々戦いながらお手入れするより、もう少し楽に安心して行えるようになりたいと思いませんか。

当院の行動診療科では、愛犬愛猫に対しての様々なお悩み相談を受け付けています。
本気で治したい人は、どうぞスタッフにお声をおかけください!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2021年6月12日 土曜日

ふくに膀胱結石が見つかりました

こんにちは。北大阪ペットメディカルプラザの看護師溝口です。

覚えていますか?前回の私のブログで、日本猫のふくが新しく家族になった話を載せたのですが
(前回の記事→http://www.doubutsumedical.com/blog/2020/05/1-2-1493075.html)
今回はさらに成長したふくの話です。

  

タイトル通り、膀胱に結石ができてしまいました。
気付いたきっかけは、いつものようにトイレのシートを交換しようと見てみると明らかに血尿が出ていました。尿検査をしましたが、その時は顕微鏡では結晶は見えず、膀胱炎かなという診断でした。

内服薬をのませてみて再検査をしてみると顕微鏡でストラバイトという結晶が見つかりました。

  

そして膀胱のエコー検査をすると、結石のようなものが見えました。

    

この結石がもし尿道などに詰まってしまうと尿が出せなくなり命の危険もあります。
ですので尿の状態や尿がスムーズに出ているかなどしっかり見ておくことが大切になります。


治療はふくの場合内科的治療を行うことにしました。
結石の管理はフードがとても重要になるため、まずはフードを尿ケア用に変更しました。
元々食いしん坊でどんなフードに変えてもガツガツ食べるのでそこはすごく助かりました。



あと大切なのはしっかり水分を取ってもらうことです。
水分をあまり取らないと、尿の回数が減って、尿が長時間膀胱や尿路に溜まり菌が増殖するため、結石ができやすくなります。さらに、水分不足により尿が濃くなり、結石ができやすい環境ができてしまいます。

ふくはあまり水を飲まなかったのでどうしたら飲んでくれるか色々考えました。

そして食いしん坊を生かして、まずはドライフードを少し水に浸した状態で与えてみました。すると、水が入ってるのを全く気にせずに食べてくれました。



最近気が付いたのですが、同居犬のハウスに置いている水をよく飲むようになりました。
自分のよりも気に入ったのか以前よりも水を飲む姿が見られるようになりました。
器なども好みがあるようですね。



家では尿の状態を毎日確認し、病院では結石が大きくなってないか定期検査をして様子を見ています。


猫ちゃんは尿トラブルが起きやすいので、皆さんもお家の猫ちゃんの尿の色、量、回数に変化がないか、排泄がスムーズにできているかなどしっかり観察してあげてくださいね。


次回は、6/26UPです♪

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2021年5月22日 土曜日

歯なしなはなし

こんにちは。動物メディカルセンター 箕面トリマー、動物看護師の安田ですhappy01

春のcherryblossom予防は皆様お済みですか?
私の愛犬も予防をしっかり済ませましたgood

毎月2回のトリミングに毎日の歯磨き、
ご飯にも気を遣い、これまで精一杯の愛情を注いでまいりましたheart04

そんな彼も今年で7歳。そろそろシニア期に入る頃confident
とりわけ歯に関しては綺麗に保てていると自信満々な飼い主(私)ですが、
今年は犬生で初めての歯石除去をしようと決意しましたflair

とはいえ、私もいち飼い主。心配です・・・bearing
しかしながらそこは先生に一任です。

歯石除去が始まってしばらくしたら先生の手が止まり...

先生『ん??グラついてる歯があるぞ〜』
私『えっ!!coldsweats02?』
先生『1本だけじゃないな〜』
私『え〜〜〜!!!!wobbly
先生『3本抜かなくちゃいけないよsweat01

そうなんです!!
初めての歯石除去でなんと抜歯!それも3本もsign03




あんなに毎日歯磨きさせてくれてたのに...crying

表面は綺麗に磨けていても歯と歯茎の隙間に歯石が溜まり、
除去したあとにグラつきが判明して抜歯になることも。

磨けているから大丈夫といった私の過信・・・ごめんねsad

綺麗に見えても実際、磨けていない箇所はある。
毎日の歯磨きに加えて、定期的な歯石除去をすることが歯を生涯残すことに繋がると痛感しました。

その後愛犬はというと・・・

歯を抜かれたことを知ってか知らずか(多分気づいていない)
いつも通りご機嫌に尻尾を振り、
何もなっかたようにドライフードをカリカリ食べてくれていますheart01


5〜6月歯科強化月間sign03
この機会にご自身の愛犬、愛猫の歯石除去を心の底からおすすめしますconfident



次回のブログ更新は...6月12日(土)です!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31