• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年5月23日 土曜日

家族が増えて1年経ちました

こんにちは。北大阪ペットメディカルプラザの看護師 溝口です。

元々ミニチュアダックスを飼っている我が家ですが、去年の夏に新しく猫ちゃんを迎えました。
キジトラの男の子で「ふく」と名付けました。
きっかけは生後1~2週間の子猫を病院で保護したことでした。
まだ生まれて間もなかったので自分でごはんも食べられず、排せつもできなかったので、スタッフが交代で家に連れて帰ったりしてお世話をしていました。

そして、ふくを初めて家に連れて帰ったとき、あまりの可愛さに家族みんながメロメロに...heart(笑)

     


最初は飼えたらいいなとぼんやりした気持ちでしたが、その後も家に来た時の可愛さが忘れられず家族で話し合い飼うことに決めました。




大きくなるにつれ、とってもとってもやんちゃになり、ふくが先住犬にちょっかいをかけてよく怒られていました...。

    



今では一緒にいるところをたまーにですが見かけるようになりましたnote

     


ふくは子猫にとって大事な社会化期(生後3~9週)をたくさんの動物が出入りする病院や、色々なスタッフの家で過ごしたことで、人や動物に対し警戒心はあまりありません。
家に親せきや知り合いが来た時も、すぐにお気に入りのおもちゃを持っていき遊んでもらっていました。

    

もちろんその子の性格もあると思いますが、社会化期をどう過ごすかによって人見知りしない子だったり、または家族以外の人には警戒心の強い子になる可能性があります。

社会化期の時から、家に人が来たらおやつをあげてもらったり、おもちゃで遊んでもらったりすると人に慣れやすくなります。
また生活する上で慣れてほしいもの、掃除機やドライヤーの音、猫ちゃんを運ぶ為のキャリーバッグ、車など。これらもこの時期から経験させておくことで、大人になってから、掃除機をかけるたびに震える、病院に連れて行こうと思ったらキャリーバッグを嫌がる、などの猫ちゃんのストレスを減らすことができます。






当院では子猫ちゃんが来院された時には、診察台に慣れてもらうようその上でおやつをあげたり、できるだけいろんなスタッフが触れ合うようにしています。
<動物病院=怖い>にならないように子猫ちゃんの時期は月に1回は体重測定だけでも来院して頂けたらと思いますsign01
なにか分からないことがあればお気軽にスタッフにご相談下さい。

そして、そんなふくもちょうどこのブログがアップされる23日で1歳になりますbirthday
これからも元気でたくましく育ってくれたらいいなと思いますconfident



次回は、6/13にUP予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年5月 9日 土曜日

皆様、今一度ご確認を!



こんにちは。動物メディカルセンター 動物看護師・トリマーの安田ですconfident


今年の3月4月は新型コロナウイルスの影響で、世の中のほとんどのイベントや集まりが中止になりましたweep
私も行こうとしていたセミナーや勉強会、イベントにも行けず、職場と家の往復・・・
休日は家で映画を見て過ごす・・・という日々を送っていました。





 そんなある日、出勤途中の朝に遭遇した出来事ですsign01





私はバイクで毎日通勤しているのですが、緊急事態宣言発令中の日曜日の朝ということで、
車も人通りもまばらで、通行人はお散歩したりジョギングをしている人を数人見かけるくらいでした。
image1image2

 



緩やかな坂にさしかかったときです。遠くの方から男性の叫び声がsign02
「おーい!待ってー!こらー!待てー!」
声の方を見てみると、息を切らしながら必死で坂道を走りながら
登ってくる男性の姿runが私の目にとびこんできましたcoldsweats02

何事かとバイクの速度を減速して辺りを見渡してみると、
男性の前方には軽やかにひとりで走るワンちゃんの姿が・・・sweat01


 


「何かの拍子で首輪か胴輪が外れたんだっ!!!」



ようやく事態を把握して焦った私は、バイクを停止させて車が来ていないか確認しました。
車道にワンちゃんが出ないか心配で一緒に追いかけるべきかを悩みました。
そんな慌てた飼い主や焦ってる私をよそに、ワンちゃんはというと、きちんと歩道を走っているのです。
ご存知の通り、犬は足が速い!そして追いかけると逃げる!
家では名前を呼ぶと尻尾を振りながら寄ってくる子も外ではなかなか寄ってきてはくれませんsad
そのワンちゃんは、飼い主が追いかけてくるのをそれはそれは嬉しそうに、一定の距離を保ちつつ、
近づくと逃げる、離れると立ち止まり、振り返っては待つを繰り返しながら明らかに、やりとりを楽しんでいる様子で、ヘトヘトになりながら追いかけている飼い主は完全にワンちゃんに遊ばれているように見えましたbearing
                                                                           
一歩違えば大惨事、車が通っていなくて本当によかったですbearing
車がたくさん通る時間帯で交通事故にあっていたら取り返しがつきませんsign01
万が一のことを想像すると・・・思わず冷や汗が・・・
この手の話は犬が無事に戻ってこられたからこそ笑って話せるエピソードになるのです。

ここで私からの切実なお願いですdanger

飼い主の皆様!今一度首輪の締め具合を確認していただきたい!

首輪は2本指が入れば苦しくありません。きついんじゃないかと思われるかもしれませんが大丈夫ですsign01

                     


トリミングでも日常的に首輪や胴輪の付け外しをしますが、身体のサイズに合っていないこともよくありますcoldsweats01

お使いのものは、ワンちゃんの体に合っていますか?

楽しいはずのお散歩が悲しいことにならないように、大切なワンちゃんを守れるのは飼い主さんだけですshine
首輪の調節が不安な場合は、いつでもお尋ねくださいねconfident
明日は我身・・・私も家へ帰り大切な愛犬のハーネス確認しましたnote


image1image2image3

 








投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年4月25日 土曜日

戦慄の診察室

こんにちは。
動物メディカルセンター箕面 獣医師の上田です。
今回は、犬猫ではない生き物のお話。


それは突然の悲鳴から始まった。
午前中の診察が途切れた束の間の瞬間だった。
女性スタッフが叫びながら診察室から飛び出してきた。
何があったのかと診察室を覗いてみた。

その時の写真がこちら。


ぱっと見、何に驚いたのかわからなかった。

が、

お気づきになられただろうか?



そう、

時計の近くに黒い塊があるのを。。。














では、ズームしてもう一度。



お分りいただけただろうか?

中央の胴体から左右に細長い足が4対。
そう、そこにいたのは蜘蛛。
デカいッ!
いつも豆粒くらいの蜘蛛はよく見かける。近づくとピョコピョコ飛び跳ねて逃げていく姿は実にかわいらしい。しかし、今回のそれは豆粒じゃない。足先まで含めたら掌サイズはあろうか?とにかく想像していた蜘蛛よりデカい。熱帯地域にいるタランチュラを彷彿させるデカさ。流石に、私も初めて見た時は少しビビった。自然から離れ都会という色に染まってしまったがために、掌サイズの蜘蛛に、自分よりはるかに小さい蜘蛛に私はビビってしまったのだ。しかし、獣医師という職業柄なのか、私が本来持つ『動物が好き♡』という性質からなのか、次第にこの蜘蛛の種類が何なのかが気になり始めた。それを知るために、もっと近づいてみよう。


この蜘蛛、足が長い。そのためか、『アシダカグモ』というらしい。

分類:節足動物門 クモ綱 クモ目 アシダカグモ科 アシダカグモ属 アシダカグモ

このアシダカグモ、私たちにはとても有益な蜘蛛で、ゴギブリを食べてくれるのだそうだ。長い足のおかげで機動力に長け、床でも天井でも壁でも素早く動き、ゴキブリが気づいた時にはすでに捕食されている。アシダカグモが2、3匹いれば、その家に住むゴキブリは半年で全滅するらしい。そこからついた異名は『軍曹』。実に仕事熱心で捕食中でも新たな標的が現れたらそちらを捕食しに行く。そして、標的がいなくなれば、新たな獲物を求め次なる戦場へと赴く。つまり、軍曹がいなくなったということは、ゴキブリがいなくなったということ。

この箕面に赴任してきた軍曹は、外に撤退していただいた(捕獲して外に解き放った)。






が、後日また戻ってきてしまった。

後日その1




後日その2


これらの写真の中に軍曹は潜んでいる。どこにいるか探してみていただきたい。


彼らは臆病であり、自分より大きい存在である人や犬、猫に対して害を及ぼすことはなく、本来人前に姿を現わすことは滅多にない。




こうして、軍曹のことを知れば、見た目はともかくとして愛着が湧いてこないだろうか?今はもうその姿を拝むことはなくなってしまったので、新たな戦地に赴いたのであろう。またいつの日か、私たちの宿敵であるゴキブリが暗躍する頃(おそらく夏頃)に軍曹にお会いしたいものである。
万が一、診察中に出会った場合は決してパニックは起こさず、そっと一言
「お勤めご苦労様です」
と挨拶しようと思うのである。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年4月11日 土曜日

ワンコが我が家にやってきた!!(三家族、三様...トイプードル編)

こんにちは北大阪ペットメディカルプラザの看護師、トリマーの楯川です。
少しずつ気温も上がり、春らしくなりましたね。春といえば...出会いや、別れ...
気持ち新たにスタートと言う季節ですが、今年は新型コロナ感染症の蔓延により、皆さんストレスや、色んな事を抱え生活なさっていると思います。
そんな中で、ステキな出会いがあったご家族を紹介したいと思いますdiamond
三家族ですが、同じ時期というタイミングと、同じ犬種のトイプードルさんです。

①U田家のアルバくん
6カ月。男の子。毛色ブラック


『お母さんの心の救世主』
子育てもそこそこ落ち着いて来たころ、今度は子供の反抗期、受験...子供との距離感や家族との関わりに悩んでいた頃、自分の為や、子供の為にも...と
以前から子犬を迎え入れたいと思ってた事もあり、ペットショップへ向かうと、元気に尻尾を振っていたトイプードルの子犬。
その無邪気な姿に元気づけられ、抱っこしてみると匂いや、抱っこの感触がピッタリ合ったので迎え入れたいsign01と母親の直感sign02(笑)
抱えていた心のモヤモヤや、色んな気持ちが吹っ飛び、早速U田家の一員になりました。
名前の由来、真っ黒の犬だから、白をラテン語でアルバ。スペイン語では、サンライズという意味だそうです。
アルバがU田家の家族になった瞬間から、子供達は母性が芽生えてお世話をするようになり、家族での小さないざこざも無くなったとの事。
家族四人が四角の角同士で繋がっていたのが、今はアルバを中心に家族が囲み丸を描くように変化している真っ最中のようです。
会話も増え、互いに相手を思いあえるようになったそうですconfident
そしてまた、子育てがスタートしたとか...




②N塚家のローくん
4カ月。男の子。毛色レッド


『少年の夢叶う』
犬を飼いたい。彼はずっと思い続けていたけれど、学校での成績もあまり良くない方向へ。
そんな彼の願いは家族の誰もが認めてくれず...
でも夢を諦めれず一念発起し、勉強に励み、彼の努力が報われ家族の同意を得る事となりました。何件ものペットショップがある中、ローくんに出会い一目惚れheartそして無事に彼の夢が叶ったのですsign03
名前の由来は漫画のワンピースに出てくるキャラクター、「トラファルガー・ロー」から名付けたそうです。ちなみに名付け親は彼の母親で、その母親がワンピースのファンだとか...(笑)
ローくんが家族になってから、家族みんなで過ごす時間が増え、会話が増え、新たな日常がスタートを切りました。
彼が次、どんな夢を叶えるのか楽しみですheart





 ③T本家のモカちゃん
1歳。男の子。毛色レッド。


『里親での出会い』
子供の成長に伴い、時間の余裕ができた頃モカちゃんとの出会いがありました。
家族がペットショップではなく、里親でのご縁を希望していて、インターネットでモカちゃんの写真を見た時に、家族全員がハートを打ち抜かれたかのような衝撃を受けましたsign03
そしてT本家へお迎えする事になったのです。子供の成長は嬉しい半分、ここ最近は姉妹で色々有り、悩んでいたそうですがモカちゃんが家族の一員となってからは姉妹で協力をし合いお世話しているとのこと。
名前も二人で仲良くつけたそうです。
名前の由来は、いくつかの候補の中姉妹が納得した名前『モカ』をつけました。
今の悩みは...環境が変化したので、もっぱらトイレトレーニングに励む毎日だとか...
モカちゃんがT本家の愛情を沢山受けて、すくすく成長するのが楽しみですね。




三家族、三様のそれぞれのご縁。
動物との生活で心が癒され、救われる...
今、不安や、心配を抱える生活に潤いをもたらしてくれるワンコ達heart
元気で、笑顔が溢れてる毎日である事を心から願います。
みんなでハッピーにnote



次回は、4/25UPです。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年3月28日 土曜日

犬と猫の花粉症


はじめまして、動物メディカルセンターの獣医師の盛岡愛子です。
といえば、新生活!お花見!ゴールデンウイーク!そして...私にとっては大変憂鬱な花粉症の時期でもあります...
毎年この時期になると、涙がポロポロ、くしゃみ・鼻水が止まらなくなり、花粉症のことを思い浮かべるだけでも顔がムズムズ痒くなってしまいます!
もはや、3人に1人が花粉症と言われる時代、実はわんちゃん、ねこちゃんにも花粉症があるのをご存知でしょうか?
わんちゃんねこちゃんの場合、花粉症の症状として一番多いのは、人とは異なり、皮膚の激しい痒みや皮膚の赤みで、次がくしゃみ、鼻水、咳、喘息(特に猫)となります。
「毎年この時期になると体を痒がり毛が抜ける...」
「毎年この時期になると体を床に擦り付けたり、しきりに足先を舐めて肌が真っ赤になってしまう...」
「お散歩で草むらを歩いたあと、顔や耳が真っ赤で眼が腫れぼったい...」
このような症状が見られたら、花粉症の可能性があります。
わんちゃんねこちゃんのアレルギー性皮膚炎は、原因になる物質、いわゆるアレルゲンによって大きく3つに分かれます。


ノミアレルギー性皮膚炎:
    ノミ寄生によるもの。

食物アレルギー:
    食べ物によるもの。

アトピー性皮膚炎:
    環境中のハウスダストによるもの。
    (ほこり、ダニ、花粉、カビなど)




⇒このうち花粉症は③アトピー性皮膚炎に含まれます。
アトピー性皮膚炎は、柴犬やシーズー、レトリバー種、フレンチ・ブルドック、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア、猫ではアビシニアン、ヒマラヤン、ペルシャなどに多く見られますが、どの犬種・猫種でも見られます。若く(~3歳)から症状が現れることが多く、激しい痒みと、それに伴う皮膚の左右対称性の炎症が見られます。

犬種・猫種、年齢や症状、症状があらわれた部位・時期・期間・頻度などから、アトピー性皮膚炎が疑わしい場合、まず他の病気(感染性皮膚疾患など)を除外し、アレルギー検査(血液検査)にてアレルゲンを調べます。

                          動物アレルギー検査株式会社
                          パンフレットより引用・改変



わんちゃんねこちゃんのアトピー性皮膚炎は、生まれ持っての体質が大きく影響し、体調やストレス、皮膚のコンディションやその他のアレルギー、感染など複数の原因が重なって発症するため、お薬だけでなく生活環境の改善など総合的な治療長期的に必要になります。

治療法・対策としては、
お薬を使う(痒み・炎症を抑える。これが中心となります。)

②皮膚のバリア機能を整える(補助的な治療)
・必須脂肪酸を含むサプリメント・フード
薬用シャンプー&十分な保湿

③原因となるアレルゲンを取り除く・避ける(おうちで出来る対策)
・わんちゃんねこちゃんが生活している場所をこまめに掃除し、清潔に保つ。花粉飛散量の比較的少ない早朝・夜間に換気をしたり、空気清浄機を利用する。
・ニュースで花粉の飛散が多い日・時間帯(日中)はお散歩を控える、草むらを避ける。
・洋服や靴下を着用して皮膚がアレルゲンに直接触れないようにする。
・お散歩から家に帰ってきたら体や足先をウエットシートなどで拭いてあげたり、ブラッシングするなど。

春~秋にかけて、花粉症の人はもちろん、わんちゃんねこちゃんにも辛い時期になります。大切な家族の一員として、わんちゃんねこちゃんの皮膚にも注意して、気になることがあればいつでも病院にご相談くださいね!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31