• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年10月10日 土曜日

私の名前は金崎 一毅です!

ブログをご覧の皆様初めましてsign01                      
 
          
今年度より動物メディカルセンターで勤務することになりました、
獣医師の金崎 一毅(かなざき かずき)と申しますsmile 

まだまだ至らぬところが多い若輩者ではありますが、
一意専心の気持ちで獣医療に取り組みたいと思うので
よろしくお願い致します。 
 





         

堅苦しい挨拶はここまでにして、
多くの新人獣医師が通るであろう難関の一つに採血があげられます。
皆様はワンちゃんやネコちゃんのどこの部位から採血するかご存じでしょうか?



dogワンちゃんの場合は、後ろ足の外側に斜めに走る外側伏在静脈(がいそくふくざいじょうみゃく)や

前足の前側辺りの橈側皮静脈(とうそくひじょうみゃく)から

catネコちゃんの場合は、後ろ足の内股辺りにある大腿静脈(だいたいじょうみゃく)や

橈側皮静脈(とうそくひじょうみゃく)から採血することが多いです。


では、ここで一つ問題です。
下の写真はワンちゃんの後ろ足ですが、外側伏在静脈はどこを走行しているかわかりますか?














さて、どうでしたか?
正解はこちらです。



続いてもう一問、ネコちゃんの血管についての問題です。
下の写真はネコちゃんの内股の写真ですが、大腿静脈はどこを走行しているでしょうか?













こちらは先ほどの問題よりも、どこに血管があるのかわかりにくいかと思います。
正解はこちらです。



ご覧頂くとわかるように人間のように血管が青く見えたりはしないので、
しっかりと血管を目視することが簡単ではありませんbearing

ちなみに、参考までに僕の橈側皮静脈はこんな感じです。
ワンちゃんやネコちゃんに比べると幾分かは見易いですね。



もちろん、犬種猫種年齢体型などにより血管の見え方は一様ではなく、
例えば、ダックスフンドやマンチカンのような手足が短い子たちの多くは血管が真っ直ぐに走行しておらず、斜めに走っています。
こういった血管からの採血は私たち新米獣医師にとっては非常に難しいことが多いです。


春先には採血をするたびに緊張していましたが、今日までに多くの経験をさせていただいたお陰で今ではどんな血管でも難なく採血をこなせる程度には到達できましたgood
血液検査の結果からは多くの貴重なデータが得られますが、その為には採血は必須です。
その採血によってワンちゃんやネコちゃんがストレスを感じてしまわないよう素早く正確に、名人の域を目指して今後も精進していきますsign03

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年9月24日 木曜日

動物看護師日々勉強中‼

こんにちは。動物メディカルセンター茨木看護師の野㞍です。
夏になり、各病院一部スタッフの異動がありましたが、
飼い主のみなさまもうお顔は覚えていただけましたかconfident

獣医師、動物看護師は、常に最新獣医療を学ぶために診療業務の傍ら
スタッフ同士で議題を決めて勉強会を開催していますsign01
私が担当した初回では、当院で比較的症例数が多い輸血療法について取り上げ盛り上がりましたgood

自分自身が理解の曖昧な内容を取り上げているスタッフもいれば、
得意な分野について発表するスタッフもおり、各々個性が出ていて毎回楽しみにしていますsmileshine
では、勉強会の一部を紹介します。









ちなみに私の会で行った輸血療法のお話は、
血液を提供する側とされる側で血液をいれるときに副反応がおきないのか、
身体に合っているのかを顕微鏡で調べる手順と輸血後に起こる可能性がある副反応のお話でしたsign01

まだまだ自分自身の知識不足や苦手分野を克服するために学ぶことは山ほどありますが、
今後も継続して勉強会を行っていき、スタッフ同士高めあっていきたいと思いますhappy02



投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年9月12日 土曜日

パンパンマン

みなさんこんにちは。動物メディカルセンターの動物看護師藤木ですhappy01
今回は我が家の愛猫の臣(おみ)に起こった異変をご紹介します。

その日はいつもと変わらない生活の中で、 何の前ぶれもなく 突然やってきました。

いつもはシュッとしたお顔が...

突然sweat01

お鼻のあたりにポコっと腫れはじめ

徐々にお顔全体が腫れあがってしまいました。

1時間







2時間







3時間







4時間










実際の写真ですweep
上から 1 時間おきの写真です。
変化がおわかりいただけますかcrying
病院に行く頃にはお顔と足先が パンパンマン に...sign01





←いつもの臣heart01


 

パンパンマン臣→



発熱もありじっと動かずしんどそうにしていましたが、

腫れを引かせる治療で2 日後にはいつも通りの爽やか臣(おみ)に戻りましたweep

先生からはおそらく何らかのアレルギー反応でしょうとのこと。

今までワクチンや食べ物でアレルギーを起こしたこともなかったためとても驚きましたthink

実際お顔の腫れ初めは父も母も気が付くことが出来なかったようでした。

動物は緊張すると我慢してしまう子も少なくありません。
さっきまで足を痛そうにしてたのに病院に来ると治っちゃった。
だけど家に帰るとまた痛がるといった経験をされた方も多いのではないでしょうか。
少しでも異変を感じたらメモや写真や動画などで撮影記録を付けてみて下さいpencil
どの様に変化したのか・何時に起こったのか・など細かく知ることで診断の役に立ちます。
ワクチン後や何か新しく食べるもの、外へお出かけなどされた際はよく様子をみてあげましょうflair

次回のブログ更新は...9月26日です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年8月22日 土曜日

うさぎの魅力

皆さま初めまして この春から夢への一歩を踏み出しました動物メディカルセンター箕面動物看護師の岩永です!
ブログの担当をさせて頂く のも初めてなので 、ご挨拶をかねて 我が家の 2匹の アイドルを紹介します♪


まずはネザーランドドワーフの『チル』
5 歳 の 男の子 です shine
〈性格〉ほんとにウサギ?!
と疑うほど何事にも動じない肝っ玉の持ち主ですhappy01
〈好き 〉 水菜、ドライフルーツ 、
抱っこ、なでなで heart01
〈苦手 〉フローリングは 滑 る から苦手 bearing
ウサギだけど人参嫌い。。。






2匹目はアメリカンコッカースパニエルの
女の子 『ウーリ』です flair
8月 5 日に 3 歳 になりました happy02
〈性格〉わがままでやんちゃsign01
だけどとってもビビり。。。coldsweats01
〈好き〉人、抱っこ、ボール、さつまいも、チルくん
〈苦手 〉 ワンちゃんと上手に挨拶 する こと、
大きな荷物やトラックやバスが苦手。。。
種類は違いますが 追いかけっこをしたり、
と っても 仲良しな 2匹と 一緒に毎日 過ごしていますsign01


さて、今回は大のウサギ好きの私が 、
意外と知られていない ウサギさんの魅力を少しだけお話させていただきたいと思います

皆さんはウサギにどんなイメージをお持ちですか?
「フワフワでかわいい動物 」 の反面 、「 懐かなさそう 」
「 何を考えているか分からない 」 など
「無表情」
と 思っている方は多いのではないでしょうか?
私も飼い始める前はそんな風に思っていました!
でも、実は様々な方法で気持ちを伝えてくれる表情豊かな動物なんですlovely





うれしい時 、 動きが活発になるウサギさん
早く走ったり、高くジャンプしたりして気持ちを教えてくれますsign01

何度も短い距離を全力で走って嬉しさを表現する子もいます。
中でもひねりジャンプは最大の喜びや
テンションMAXの時に見せてくれる行動です。
耳をピンと立てしっぽをフリフリしたり、プゥプゥと高い音を
鼻で鳴らすのも機嫌がいい証拠ですnote

ウサギは全身で怒りの感情を表現します
中でも分かりやすいのが 「 足ダン(別名スタンピング) 」 と呼ばれるものです。

後ろ足を床に強く叩きつけ大きな音を出すことで不満をアピールします。

ご飯の食器やトイレをひっくり返すなど物に当たる子もいるみたいですよ happy01
楽しい時とは逆に ブーブーと低い音を鼻で鳴らしたり、
耳やしっぽをピンと立てるときは機嫌が悪いサインsign01





このようにイヌやネコだけでなくウサギも耳やしっぽ、動き など全身で感情を伝えてくれます
表情があまり変わらない分ワンちゃん達より分かりにくいので、私も日々チルくんの感情読みに苦戦し
ておりますが、これを機にウサギのイメージが変わった方がいれば嬉しく思います note

飼っていなければ、なかなか触れ合う機会のないウサギですが、 次会う時は是非感情を読み取るチャレンジをしてみてくださいheart04


次回のブログ更新は...9月12日(土)です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年8月 8日 土曜日

花火の日に思うこと

こんにちは、高槻病院の獣医師宮嶋です。

長い梅雨も明け、日々猛暑の中、マスクの着用が大変になってきました。
私たち動物病院のスタッフは、コロナ禍以前からマスクを着用することが多くあります。手術に際するだけでなく、沢山の動物と接し、スタッフによっては、ウサギさんやネコちゃんにアレルギーがあって、マスクをすることがあります。実は、私自身もペルシャ系の長毛のネコちゃんに接したときにだけ、なぜか鼻水とクシャミが止まらなくなることがあります。
今の季節は、屋外でのマスクの着用は、本当に気を付けなければなりません。ワンちゃんのお散歩の際には、ワンちゃんだけでなく、くれぐれも飼い主さんも水分補給をしながら、状況に応じてマスクの着脱をして、お散歩に行ってくださいね。

今日8月8日は、毎年私が楽しみにしている地元での花火が行われる日でした。
今年は実施されず、本当に残念でなりません。




当院でのコロナ対策として消毒や換気以外に、大きく変わったことは、予約診療を取り入れ、病院内や車内で分散して、診察順を待っていただいていることです。
待合室は、以前は雑誌や資料を置いて、テーブルを囲んで椅子を配置していたのですが、少し殺風景になりました。

       


高槻病院では、フロアの広さがあり駐車場も広いため、分散していただけているかとは思いますが、感染者の増加する中、出来るだけ最小人数でのご来院を改めてお願い申し上げます。
コロナ終息後、これまでと違う新たな社会に変化しているかと思いますが、これまでと同じように花火を心から楽しめる日を願い、今を過ごしていきたいと思っています。




次回、8/22に更新予定です!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31