• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2021年2月28日 日曜日

コザクラインコのわた 小さな家族に突然起きた体調不良・・・

こんにちは。動物メディカルセンター(高槻・茨木) 動物看護師・トリマーの松田です。
過去のブログで家族の一員のコザクラインコのわたchickをご紹介させていただきました。
お誕生日からまる4年が過ぎますが、発情問題による産卵は阻止できており健康面でも問題なく、ご機嫌に過ごす毎日でしたが2月の寒さが続くある日・・・

   朝からぷくりっと膨らんで目を、うすらうすら閉じたままで明らかに様子がおかしいと感じましたsweat01
コザクラインコは普段鼻の穴が隠れて見えないのですが鼻の周りが濡れて見えていること・呼吸がいつもと違っていること・からだが冷たい・膨らんで大人しい・・・ひとまず保温と酸素吸入をおこないました。
小動物の体調変化は突然に目に見えて症状が出て油断が禁物ですsign01
この日、ドクターに診てもらえて手厚く見守っていただけたことが体調を悪化させずに済みました。
体調が落ち着くまで詳しい検査は進められないまま酸素吸入とネブライジングで呼吸と鼻の炎症をおさえてもらいました。一日しっかりと温度管理と酸素吸入・水薬で経過安静にストレスがかからないように見守りました。


~その後の診断は気嚢炎
原因の確定はしませんでしたが急激な温度変化によるものかもしれません。
わが子はこの気嚢炎により呼吸と体温の調整が低下していましたthink

 鳥は気嚢(きのう)と呼ばれる空気の袋をいくつか持っていて気嚢は呼吸を助けることはもちろんですが体内の熱処理機能もあります。からだの温度管理と呼吸に大きく影響する器官です。
気嚢は効率的な保温にも役立っており、暖かい空気を吸い込めば内臓が温められ体を温めることができます。

暑がっているとき →脇をあげて翼から熱を出すようなポーズをとり、くちばしを半開きで荒い呼吸をする。
寒いとき →羽全体を膨らませじっとしていることが多くみられる。
  

 ↑ 普段使い慣れたミニケージ内で動きの制限と保温管理中

  


季節や飼育下・鳥種にもよりますが参考まで・・・
   幼鳥25~30℃
   成長20~27℃
   病鳥28~30℃  


 ↑ ネブライザー中



また、室内で中毒症状を引き起こすものもいくつかあります。        ↓ 普段の元気な容姿   
またご紹介していきたいと思いますがコロナウイルスの問題もあり消毒などこまめにされているかと思います。中でも次亜塩素酸ナトリウムには注意ください。
高濃度の使用や酸性物質との混合で塩素ガスが発生すると鳥の気管粘膜の炎症でくしゃみや鼻みず、呼吸困難などを引き起こします。鳥さんが室内にいる場合はご注意くださいね。


                                         




     ↓ 普段使いのケージの保温 
   

  内側は保温シートを縫い付けて暖かさをキープできる
  ケージカバーを作成しましたflair
  就寝スペースである室内のバードテントも季節で布地を
  変えて使い分けています。









鳥さんに限らずこの時期に鼻や喉の違和感や疾患が多くなります。
室内外の温度差に注意して適度な温度管理をしてあげてください。
わが子は一時的な炎症症状でその後おちつきましたが季節の変わり目は特に注意して見守りたいと思いますconfident



次回は3/14UP予定です。







投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2021年2月13日 土曜日

シニアリハビリテーション

こんにちは。
動物メディカルセンター箕面病院、動物看護師 中村ですhappy01

私は当院でリハビリテーション科に所属する動物看護師ですconfident
最近、高齢犬に対する「シニアリハビリ」を希望する患者様が増えてきたと感じていますflair

では、シニアリハビリを詳しくご紹介していきましょうhappy02heart04


まずは、診察において獣医師に身体検査をしてもらいます。
高齢期に入ると、
免疫力の低下、肺の機能低下、循環器の疾患、ホルモンバランスの不調
など様々な変化が起こります。
年に1~2回の健康診断を受けられている方は安心ですね。
運動機能だけでなく、基礎体力を評価し、
「生活の質の維持」がどのようにサポートできるかを判断するためにはとても大切なことですconfident

獣医師からシニアリハビリを受けても良いと診断がでれば、
次は担当の動物看護師による「日常生活動作」の確認をします。
「日常生活動作」の基礎は、食事・整容・更衣・排泄・入浴・移動です。

食事...食事を食べているときの姿勢は?嚥下はどの程度できているか?飲み込みも筋力低下により弱くなります。


整容...動物は自分の身体を舐めるという行動をとります。どこまでできていますか?


更衣...服を着せたり、ハーネスや首輪など装着したり、姿勢の変化はどうですか?


排泄...排尿・排便姿勢はどこまでできますか?


入浴...トリミングなどでの体力は保てていますか?姿勢は維持できますか?


移動...ちょっとした段差などでつまずくことはないですか?
自分の寝床まで自分で歩いて行くことができていますか?


次は姿勢の確認、筋肉量測定、関節可動域の確認をおこないますflair
姿勢は日常生活のクセや運動器の障害によって変化します。
常に一緒に生活していると分からないくらいの変化は積み重なって、
クセのある歩き方や使いやすい方の肢だけ使い、筋肉量に差が生じます。


総合的に評価をし、獣医師と相談しながら
適切な運動療法の提示と日常生活のケアの提案をおこないます。

たとえば、しっかり運動をおこない筋力・体力アップを目標にする子もいれば、
軽い運動とストレッチ&マッサージ、そしてお家での生活アドバイスをおこなう場合もあります。
さらに、簡単なマッサージのみでお家での介護のアドバイスを重点的におこなう場合もあります。

flair「ロコモティブシンドローム」って聞いたことありますか?flair
ロコモティブシンドロームとは、英語で移動することを表す「ロコモーション(locomotion)」、
移動するための能力があることを表す「ロコモティブ(locomotive)」からきた言葉で、
運動器の障害によって移動機能の低下を起こした状態のことです。

運動器とは身体を動かすために関わる組織や器官のことであり、
骨・筋肉・神経・腱・靭帯・関節などから構成されています。

人医療では、運動器の健康を長く保つために、
ロコモティブシンドロームを予防するための運動習慣が様々に提案されています。

現在、リハビリ頑張っていますsign01ラブラドールレトリバーのリリちゃん。今年で18歳birthdayheart02

私はワンちゃんや猫ちゃんたちも人と同じように運動器の健康を長く保つために、
適切な運動習慣をおこなうことで健康寿命は長くなると思いますし、快適な老後を過ごせると思っています。

さて、ウチの子の状態はどうなのだろう?と少しでも気になった方はいつでもご来院ください。
当グループ病院どこでも「シニアリハビリ」に対応しております。
お気軽にスタッフまでお問い合わせくださいね。


次回のブログ更新は...2月27日(土)

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30