• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年1月25日 土曜日

「VMATってご存知ですか?」

こんにちはnotes
動物メディカルセンター箕面統括病院、動物看護師、中村ですconfident
私は動物看護師になり、すでに22年目を迎えます。
今までの多くの経験と知識をますます動物たちと飼い主様家族に提供できるように今年も頑張ってまいりますrock

今回は『VMAT』のお話を少ししようと思います。
VMATとは、Veterinary Medical Assistance Team:災害動物医療支援チームの略で、人と動物に関わる様々な事態に対し減災、防災、災害時の対応・復旧、復興協力支援する組織の事です。


大阪でVMATは活動しており、公益社団法人 大阪府獣医師会において、動物を救うことが人や環境を守るという理念のもと動物救護等対策委員会が中心となり、2017年1月に設立されました。獣医師、動物看護師、トリマーがチームを作り災害時には人命救助を妨げない範囲で、初期の動物の保護・救出にあたるとともに、災害状況の情報収集をされています。また、避難所やシェルターにおける動物の健康管理及び人間と動物の関係を円滑にすることを主な任務とします。

 災害が発生した時の「同行避難」はもうすでに周知されていることと思います。しかし、同行避難した後、避難所は入れるかどうかは各避難所によって異なり、また避難所生活においては日頃からのペットとの暮らし方、コミュニケーションのとり方が大きなカギとなるのですsign01

避難所では見ず知らずの人や、他の動物と狭い空間で生活する可能性があります。いろんな人や動物に慣れさせる訓練やケージの中でも落ち着くことができるトレーニングをしておくと良いでしょうnote



私は今、黒白のニャンコ「くろすけcat」と生活していますが、
私は災害時に同行避難できるように仔猫の時から慣れさせたのは、
one ケージに自分から入ること、ケージが嫌な場所ではないことを認識させる
two どこでもトイレができる、ペットシートと少量の猫砂でトイレできます。
three 病院のケージに慣れさせる、他の犬猫に慣れさせる

あとは、何でも食べられるようにしておくことでしょうか。必ず食べなれたものが手に入るとか限りませんからねbearing

近いうちにVMATの勉強に行ってこようと思っています。動物看護師でも社会貢献ができように、何が大切かを学んできますnotes
また、詳しくお話聞いてみたい方はいつでもお声掛けくださいませhappy01






投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年1月11日 土曜日

冬場も脱水に注意!!

こんにちは。
動物メディカルセンター茨木、動物看護師の竹下です。


突然ですが、皆様のおうちの子は、しっかり水分取られていますか??
ご存知かも知れませんが、夏場だけでなく冬場も脱水には注意が必要なんです。

水は、体内の物質の運搬や体温調節などにも関係しており、水分不足で循環がが悪くなると
様々な疾患を引き起こす可能性があります。

寒いと活動量が減るので暖かい時期と比べると飲水量も少なくなりがちです。
特に高齢の猫ちゃんはさらに渇水感が低下し、気が付かないうちに脱水傾向になっていることがあります。
こまめに水分補給を促してあげましょう。

●目安として
1日に必要とする水分量=体重(kg)×水50ml
例)4kgの場合 4kg×50ml=200mlが1日に必要な水分量となります。
  (フ―ドの水分量も合わせて)
●水分補給を促す工夫として
・水飲み場を増やす。
・食器を変えてみる。
・飲みやすい高さに変える。
・ドライフードをふやかしてみる。
・缶詰などのウェットフードをトッピングしてみる。
・普段のお水に+αしてみる。
 寒い時期はご家庭でお鍋を食べる回数が増えると思います。
 味付けをする前の野菜のゆで汁や、鶏のササミのゆで汁などを加えるだけで
喜んで口をつけたりしてくれると思います。

ちなみに、院内の猫ちゃんたちは、ぬるま湯にするとすぐに飲みに来てくれます。
おうちでも色々と試してみてくださいね♡



●おうちで簡単に脱水をチェックできる方法
 背中の皮膚を写真のようにつまんでみてください。
 正常な場合は1-2秒で元に戻ります。
 脱水症状を起こしている場合は、
皮膚の弾力が失われいるため元に戻るのに3秒以上かかります。

チェックして脱水しているかもと少しでも感じたら、病院にご相談下さい。


 人と同様に、動物も水分補給は大切です。
 しっかり水分補給をして、元気に新しい1年を過ごしましょう。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年1月 1日 水曜日

2020年のスタートも青空です!

新年あけましておめでとうございますfuji

令和になって初めての元日ですね!
そして干支も一番最初に戻って子年cat
例年以上に、なんだか新しいことが始まるときのキラキラした気分がする新年のスタートとなりましたshineshine

今日も箕面病院はお正月特別診療があります。
お正月に病院に来られるというのは急病になってしまった場合ということが多く、
そういう意味では来院は少ない方がいいのですが。。。
まれに近所の方がお散歩で寄ってくださることがあります。
その場合はもちろん元気、お正月のほっこり気分でお会いできますhappy01



ところで箕面病院の玄関にお正月はこの絵を飾るのですが、ほんわかとして好評なのですcatfaceheart01
こんな気分で過ごせる2020年になることを心から願っております。
今年も小さな家族の健康を守り、幸せな時間を過ごすお手伝いをしていきたいと思っております。
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。

動物メディカルセンター
北尾美佳

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29