• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2019年10月26日 土曜日

ニューフェイス

皆さん初めまして!この春から動物メディカルセンターに入りました、新人獣医師の中川です!      
 何度か診察で見かけた、担当させていただいた方もいらっしゃるかと思います。
   黒メガネをかけた身長165cmくらいの若い男性です。
(当院、眼鏡で細身の獣医師が何人かおられるので、ポイントは低身長ってところですかね...笑)



初めまして!ということでまず軽く自己紹介を!


出身は大阪府高槻市、北大阪ペットメディカルプラザ近くの阿武野中学校出身です。
 今年の春、北海道の大学を卒業して、地元である大阪に帰ってきました。
北海道らしい写真をいくつか!

    ...夏は北海道でもそれなりに暑いんです

      冬はこんな感じです! 氷の彫像が冬の間中残るくらいの寒さ...
僕が住んでた場所は寒い日は-30度とかになる日もありました。


趣味はカホンというあまり皆さんの見慣れない楽器です。→     
箱みたいなのに座って叩きます。
実はドラムも叩けます...上手くないですが。笑










     こちら愛犬の玄ちゃん。11歳の甲斐犬のオスです!
 もう11歳になります










そして、初めまして!ということで...
実は今月、私の家にニューフェイスがやってきました!

どうも、花凜と申します
     

甲斐犬の女の子です!ただいま2.5か月齢!




 わんちゃんをお家に迎えるに当たって、飼い主さんがしてあげることはたくさんあります!!
ワクチン接種、フィラリアの予防、ノミ・ダニの予防、しつけ...etc...

まずは4大予防として毎年必要なこの4つを覚えてもらえたら と思います!
① 混合ワクチン子犬の時は2回~3回、それ以降は年1回!
② フィラリア予防
4月~12月、月1回の飲み薬による予防が必要です。
③ ノミ・ダニ予防
最近は冬でも室内でノミが発生!通年での予防がおすすめ!
④ お口のケア
歯周病の予防はわんちゃんが長生きするためにも必須

そして、子犬の大事な時期を逃したくない『社会化』。これはぜひパピークラスにご参加ください!(我が家のニューフェイス・花凜ちゃんも参加してきました!)

新しいわんちゃんとの生活、楽しみなことも不安なことも、様々な疑問もあることと思います。
病気のことからフード、しつけのことまでなんでもご気軽にご相談くださいね。


次回は11月9日ごろに更新予定です!


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2019年10月12日 土曜日

ペット元気塾「内視鏡の世界」無事終了!

こんにちは、動物メディカルセンター 獣医師 尾崎です。

今回は先日動物メディカルセンター箕面で行われた「ペット元気塾」についてお話しようと

思います。

内容は、「内視鏡の世界」としてお話しをさせていただきました。

私は、動物メディカルセンターに勤める前に動物の健康を維持するためにも自分

が健康でなくては!pout
と思い、人間ドックを受けました。

そのとき、人生初の内視鏡検査がありました。

動物では、麻酔をかけて口から消化器内視鏡を入れます。

その印象があったため、自分も口から飲む内視鏡検査をお願いしました。

個人的には、喉の局所麻酔のみで行ったのでとても苦しかったですweep

あまり受けたくはありませんが、大事な検査ですので次回は、僕も麻酔をかけてやってもら

おうと思いました。


内視鏡・腹腔鏡検査は、低侵襲な検査として動物医療でもとても有用です。

そんな内視鏡・腹腔鏡について、実際の動画も含めて説明いたしました。

少し難しい内容も含まれましたが、飼い主様方もとても興味を持って聞いてくださいました。



【一生懸命、講義中bearing

そして最後に実際に当院で使用している内視鏡の実物を見ていただき、模型犬『MAX

君』
を用いて、内視鏡を実際に見ていただきました。たくさんの人に見られな

がら内視鏡をする機会なんて普段全くないので、むちゃくちゃ緊張しましたcoldsweats02



【緊張しながら内視鏡実演中bearing

内視鏡や腹腔鏡での検査は、決して万能な検査ではありませんので、超音波やレントゲン検

査などの検査を組み合わせ、苦手な部分を補うことでその真価を発揮します。

そんな内視鏡検査は、どこの病院でも行えるというわけではなく、検査機器が必要であること

はもちろん、その操作技術のトレーニングが必要になります。


当院では、各種内視鏡を備えており、日々技術のトレーニングを行っております。そのため

動物にとってより負担の少ない検査・治療の選択が可能になります。

盛況に終わった今回のペット塾ですが、飼い主様に向けたペット塾は定期的に開催しておりま

す。開催案内はHPや院内に掲示しますので、次回はぜひご参加ください。為になる&聴いて

楽しい内容をご用意してお待ちしております。


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30