• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2019年2月23日 土曜日

犬と膝友達

こんにちは。動物メディカルセンター獣医師 上田です。
いきなりですが、ここで問題ですsign01
下のレントゲン写真は膝を写していますが、左と右でどこが違うでしょうかsign02違う箇所は1つですeye





正解は、、、

















この足は誰の足かというと、
この発達したふくらはぎ、
そう、



私、上田の足でございますsign01
私はオスグッド 病だったのであります。
オスグッド 病とは成長期に激しい運動によって、膝の骨が靭帯に引っ張られて痛みなどが起こる膝の障害のことで、異常な骨がつくられてしまいます。私の膝はまさしくコレなんですsign01

実際の膝の写真がこちら


レントゲン写真と重ね合わせると見事にぴったりですね!整骨院などに行くと「こんなの初めて〜sweat01」とか言われるんですけど、実際ご覧になった感想はどうでしょう?形が異様で気持ち悪いですかsign02
この膝は、足を酷使すると今だに痛むので不便ですshock(成人してからの症状をオスグッド 後遺症というみたいです)。
なぜこのような話をしたかというと、私と同じような膝を持ったワンちゃんを見つけてしまったからなのです。
そのレントゲン写真がこちら


私ほどではありませんが、わずかに膝の部分がとんがっています。この膝の持ち主は10歳のボーダーコリーなのですが、きっとこの子も成長期に激しく運動していたのかもしれません。このワンちゃんは普段足を痛がるなどの症状はみられないので安心しましたが、ワンちゃんにも私と似たような膝を持った子がいるのだなぁとビックリしました。妙な親近感が芽生えました。
 自分の膝のことがあるので、骨の変形やそれによる関節炎を患っている子の痛みには共感できる部分があります。今は症状が出ていなくても、年を重ねることで痛みが出てこないかと心配にもなります。私自身、日頃から感じるのは、痛みが出てからの対処ではなく、痛みを出さないための予防が大切だということです。私がしていることは、股関節や筋肉のストレッチやマッサージ運動後にはアイシングアマニ油なんか取り入れちゃったりしてます。オメガ脂肪酸には炎症を抑える効果があるので、関節の炎症にも効果があります。これらのことは動物にも当てはまります。関節炎を持っている子は、その足をかばって歩きますので、その足の筋力低下や関節が硬くなり、他の足への負担が増えます。それらの影響を少しでも軽くするために、動物たちにも筋肉のマッサージや関節のストレッチ、筋力維持のためのリハビリが必要です。悪くなってからのリハビリも大切ですが、悪くなる前のリハビリも大切なのです。当院ではリハビリ施設も備わっており、リハビリを熟知したスタッフもおりますので、気になることはお気軽にお声がけください。
また、関節炎用のサプリメントも取り揃えております。


そして、万が一足をかばうような歩き方をしていたら、早めに病院に連れてきてください。わたくし上田が膝を抱えて待っております(笑)。


次回の更新日は3/9です。お楽しみにsign03

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2019年2月 9日 土曜日

もうすぐバレンタインデーですね!

こんにちはhappy01
動物メディカルセンター茨木に勤務しております看護師の五之治ですgood
2019年が始まり早いもので1か月がたちました。
まだまだ寒い日が続いておりますが体調など変わらずお過ごしでしょうかflair

さてお正月、節分、とくれば次の行事は...
バレンタインデーheart04」ですよね!
チョコレートの甘い香りが漂い、今日くらいは!と甘いものを気兼ねなく食べられる、

世の甘党さんにはたまらない行事ですlovely

ただし楽しい行事の裏にはお家のペットちゃんへの危険が潜んでいるのです...!
それは『チョコレート中毒』です。


実は2月は動物病院でチョコレートを食べてしまったというご連絡や、診察がいつもよりグンと増える時期なんです。
チョコレートは動物にとって食べてはいけないもの!とはご存知だと思いますsad

でもなぜかは知っていますか?
理由はチョコレートに含まれる〈テオブロミン〉という成分が大きく影響しているとされています。
この成分、人でいうカフェインのようなものと思ってもらうと分かりやすいかと思います。

コーヒーなどでカフェインを摂取すると、眠気覚ましなどの神経興奮作用や、
利尿作用が発現されますが犬の場合はその作用が異常に強く出てしまうのです。

犬は人と違いうまく〈テオブロミン〉の分解や排出が出来ないため中毒症状となり、
下痢や嘔吐で毒素を出そうとします。
また痙攣や不整脈、昏睡状態という症状が出ることがあり、
大量に摂取してしまった場合には死に至るおそれもありますdespair

犬は飼い主が食べているもの=美味しいもの だと思い、自分も食べたがります。
チョコレートのニオイも魅力的で、ニオイを覚えてしまうと棚の奥に隠しておいても持ち前の嗅覚で探し当ててしまいますので
絶対に届かない場所に保管するなどご家族皆さま共通での注意が必要ですsign03

そしてチョコレートを食べている時の落下チョコにも注意ですimpact

先日北尾院長一家の一員であるチャッピーちゃん(2才♀)が
スタッフと一緒に休憩室で過ごしていた時のことです...

スタッフがチョコレートを食べていたのですが、
その食べていたチョコレートが落下しコロコロコロ!
チャッピーちゃんは夢中で追いかけ、
それを私たちスタッフは3人がかりで必死に止め
なんとか死守できました!



こんな小さなチョコレートでもカカオがぎゅっとつまっており、

チャッピーちゃんのような小柄な子にはキケンな大きさです。
止められたチャッピーちゃんはご不満な様子でしたが..
.(笑)何事もなくホッとしましたsweat01
2月は特に多いチョコレートの甘い罠。

チョコレートを食べてしまった時には、すぐの受診をお願いします。

次回のブログ更新は...2月23日(土)です!!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL