• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2018年12月22日 土曜日

ワンコのシニア介護の現状

こんにちは、動物メディカルセンター茨木病院 動物看護師中村ですhappy01

動物メディカルセンターでは、数年前から箕面病院でシニア教室を開催していますeye

昨年からは年間8講座となり、おかげさまで多くの飼い主様に楽しくご参加いただいていますheart02

当院でシニア教室を始めようと思ったきっかけは、自身の経験からです。
初代中村家のワンコ「マミちゃん」中型 MIX を介護し、
2 代目中村家ワンコ「優ちゃん」小型 MIX も認知症で介護していたので少しでも役に立つことがあればと思い企画したのです。
今は企画した時よりも教室をすればするほど、
「本当に患者様そしてご家族皆様に必要だったんだなぁ。教室して良かったなぁ」と実感しておりますconfidentheart04

10 数年前はワンコの介護の情報は皆無で、
手探りだったけれどそれが当たり前だったのです。
「聞く、質問する、相談する」という意識はなかったですねsad

ここ数年は自身のワンコがどのような老化を迎えるのかを心配されている声をよく聞きますbearing
少しでもそんな声を聴いたら、私は飛んで行ってrunお話していますnote

私は初代ワンコ時代にできなかったことを 2 代目ワンコ優ちゃんにたくさんしてあげられました。
さらに多くの友人からのアドバイスがあって本当に助けてもらったので、
「これは飼い主様と小さな家族に返していかねばsign03
と思って 8 講座という盛りだくさんな教室になりましたhappy01
ですが、今年は驚くことに同業者の他病院の動物看護師から「私もシニア教室したいので教えてください!」とよく言われますwobbly
そうなんです、多くの動物病院ではまだまだシニア教室はありませんflair
私自身、今年驚いたこと 1 位かもしれません。
てっきり、どこの病院でも開催しているとばかり思っていましたsweat01

ほんのささやかな知識と経験ですが、
伝えることによって多くのご家族が快適な幸せ介護生活がおくれることを祈っていますhappy02

snowdogsnowdogsnowdogsnowcatdogsnowdogsnowdogsnowdogsnowdogsnowdog

今回のブログが年内最終となります。

今年も 1 年間ご愛読ありがとうございましたhappy01
2018 年は地震・台風と天災に見舞われましたが、
1年の締めくくりは笑顔で迎えることができたらいいなと思っております。

来たる 2019 年が素敵な年になるよう、
動物メディカルセンタースタッフ一丸となって皆様の小さな家族の健康を守るお手伝いをしていきたいと思います。
どうぞよいお年をお迎えください。

院長 北尾貴史 スタッフ一同

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年12月 8日 土曜日

猫バンバンプロジェクト

みなさん、こんにちは。北大阪ペットメディカルプラザの獣医師小松です。
本格的な冬が始まりましたね。寒い日が続きますが、体調崩されたりしていないでしょうか?

ところでみなさん、猫バンバンプロジェクトと言うものをご存知でしょうか?






寒い時期になるとお外の猫ちゃん達は暖かい場所を求めて、車のボンネットやタイヤの隙間に入りこむことがあります。私も車に乗ろうとした時、足元から猫が飛び出してきて驚かされたことがあります。
そのことに気付かずにエンジンをかけてしまうと、、、
エンジンやタイヤに巻き込まれ、良くて大怪我、最悪の場合は、、、

もちろん車もダメになってしまう。
そんな悲しい事故を防ぐのが「猫バンバン」プロジェクトです。
エンジンをかける前にボンネットをポンポンと叩いて、猫の気配がないか確かめてください。





ここで、獣医師からもう一言。
猫の性格、特に怖がりさんの場合、人の気配がすると動けなくなったり、ボンネットのより奥に潜り込んだりする子もいます。一手間ですがボンネットを開けて見ることで防げます。
ボンネットを叩くことに抵抗がある人も。クラクションを鳴らす、ボンネットを開けるなどで防げます。
寒くなったら、猫バンバン、車のためにも、猫のためにも忘れないで下さい。


次回は、12/22に更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL