• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2018年9月22日 土曜日

うさぎの毛球症

こんにちはhappy01
動物メディカルセンター茨木 看護師 野尻ですsign01
私は昔からウサギheart04が大好きで、

今までに3羽のうさぎちゃんと家族として過ごしてきました。

その中に毛が長い子が自分の毛を食べてしまい、

お腹の中で毛玉を作り、

ごはんが食べられなくなることがありましたbearing

そこで今回はウサギの毛球症について書いていきたいと思いますeye

ウサギの毛球症は命にかかわる病気ですshock

うさぎは胃の出口(幽門)が狭いので毛づくろいなどで
自分で食べてしまった毛が排出されにくい傾向があります。
そのため胃のなかで毛玉ができてしまい、通過障害がおきてしまいます。
胃の中で大きな毛玉になってしまうと命にかかわることもある、危険な病気、それが毛球症です。

ご飯の食べが悪い時や、
便の量が少なくなってきたとき、
便の大きさが小さくなってしまった時はもしかすると毛球症になっているかもしれませんsign03


ストレスがかかると毛づくろいが多くなるという話も聞きますのでbearing
その子の様子や行動の変化に気を付けてあげてください。


もしもご飯の食べが悪くなったり、便の量がいつもより少なかったり、

便が少しずつ小さくなってきた時は要注意ですimpact

ウサギちゃんは上手に症状を隠します、

小さな変化でも気になったら早めに病院に連れて行ってあげて下さいconfident


次回のブログ更新は...10月13日(土)です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年9月 8日 土曜日

チャンプくん、実は腎不全なんです

「チャンプくん、実は腎不全なんです」

こんにちは!北大阪ペットメディカルプラザ 看護師溝口です。
今回は、北大阪ペットメディカルプラザの看板猫チャンプくんについてお話しようと思います!

*チャンプくんの紹介*

年齢:4歳
種類:ノルウェージャンフォレストキャット
性格:マイペース
その他:スタッフの財布を噛んだりいたずらっ子な一面も

チャンプくんはまだ4歳という若い年齢ですが、腎不全を患っています。あるとき健康チェックで血液検査をすると腎臓の数値が悪く、エコー検査をしたら2つある腎臓の片方が小さかったのです。
先生によると生まれつき腎臓が小さいのだろうということでした。


腎臓は、血液から余分な水分や老廃物を取り除き尿として体の外に出すという働きをしています。チャンプくんの腎臓は十分にその働きができていないので、このままでは老廃物が外に出せず体の中に溜まってしまいます。

それを防ぐために、チャンプくんは3つのことをしています。

① 点滴
点滴で水分を入れてあげることによって体の老廃物を外に出す
手助けをします。



② お薬&サプリメント
お薬とサプリメントで腎不全の進行を抑えています。
毎日2回頑張って飲んでくれています!


③ 食事療法
腎不全の猫ちゃんに与える食事は、タンパク質の制限と低リンである方が
いいといわれています。
チャンプくんはフードの好き嫌いをしますが腎臓用のごはんの
k/dは気に入ってずっと食べてくれています♪




これらの毎日の積み重ねによりチャンプくんは今日も元気に過ごしています!


腎不全は、早期発見・早期治療が大切になります。健康そうに見える猫ちゃんでも、定期的に血液検査や尿検査、エコー検査を受けることで他の病気も早期発見につながります。


北大阪に来院された際はぜひチャンプくんを可愛がってあげて下さい♪


次回9月22日(土)の予定です。


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL