• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2018年1月27日 土曜日

うちの子が膀胱炎になってしまいました・・・

こんにちは。北大阪ペットメディカルプラザの看護師 溝口です。

入社してからもうすぐで1年が経とうとしています。
今回、初めてのブログということで最近私の愛犬に起きた出来事をお話ししたいと思います。


     



ココアは生後3ヶ月くらいの頃にうちに来てから、とくに大きなケガや病気もせず元気に成長しました。

しかし、去年の12月、この病院にトリミングで連れてきた時のことです。
ふとオシッコをみると...血尿sign02
小松先生がその様子を見ておりすぐに尿検査をしてもらうと"膀胱炎"になっていました。前から少しオシッコの色が濃い方だなとは思っていましたが、まさか膀胱炎になっているなんて。気付かなくてごめんね(>_<)

診察してお薬(抗生剤と抗炎症剤)を処方して頂き、その時の検査では結石などは無かったのですが、pHが高く、結石ができやすい環境なので、フードを結石ができにくくするものに切り替えることに!



          


毎日お薬もしっかり飲んでごはんも嫌がらず食べてくれたおかげで、すぐに血尿も収まりpHも正常に!よく頑張りましたsign01

膀胱炎は泌尿器系で最も多くまた一度かかると再発しやすい病気です。少しでもオシッコに違和感や回数が多いなどいつもと違うと思ったらすぐ病院へsign01







次回のブログ更新は2/10の予定です。




投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年1月13日 土曜日

「おっ!こんなところに糸があるぞ♪」この後、とんでもないことに...

こんにちはpaper 動物メディカルセンター箕面 獣医師の上田です。
先日、"えずき"を主訴に来院した猫ちゃんのお話ですcat

えずく時って、どんな時だと思いますか?
パッと思いつくものだと、咳をしすぎた時や何かを吐き出したい時などでしょうか。
この猫ちゃんは口を気にしている様子でした。きっと何かを吐き出したかったのでしょう。まずは口の中を見ようとしましたが、おとなしく口を開けてはくれませんでしたので、レントゲン検査を行うことにしました。
そして、映し出されたレントゲン像を見て、思わず声が出ました。

「ワオッsign03



喉の位置に針のようなものがあるじゃありませんかsign03(上写真矢印)
鎮静をかけて、実際に口を開けてみると、

sign02   
                                                  ↓
あったsign03  針が喉の奥に刺さってるsign01


痛たたたsweat01
見ているこっちが痛くなりますが、実際に痛い思いをしているのは目の前の猫ちゃん。早く針を取り除いてあげなければ dash

 針には糸がついていたので、糸を掴んでそぉーっと引っ張ります。

 ← 針がでてきました。
 ← 出てきた針です。

口の中を傷つけることなく、無事に針を取り除くことができました。
良かった~note happy01


猫は糸が好きな動物なので、この猫ちゃんは、たまたま見つけた糸を舐めていたら針が付いていて、思わず飲みこんでしまったのでしょう。糸付き針を飲み込んでしまう猫ちゃんはたまに見受けられます。

今回のケースでは、針は口の奥に刺さっていたので、軽い鎮静をかけるだけで取り除くことができました。誤食した物によっては、吐かせる処置をすることもあれば、内視鏡を使うこともあります。しかし、それらで対処できない場合はお腹を開けなければなりません。
猫に限らず犬もそうですが、誤食は私たち人間が気をつけていれば防げるはずの事故です
今一度、ペットたちの視線になって、口に入りそうな物が届く所にないか、チェックしてみてください。

次のブログの更新は1/27です。お楽しみにgood

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年1月 1日 月曜日

あけましておめでとうございます 2018戌年

新年あけましておめでとうございますfuji

天候に恵まれたお正月になりましたsun
今年は戌年、12年に1度のワンちゃんの年ですねdogdog
動物メディカルセンター箕面はお正月診療も行っていますので元日も出勤スタッフがたくさんいます。
お正月診療は午後からですので、午前中のうちに少しだけお正月気分です。
新年の挨拶を交わし、近所の神社へ参拝して一年の無事を祈願しましたconfident


入院やホテルの子たちはお正月に関わらず私達のお世話を待っているので、
新年初の声を掛けつつご飯を用意したりトイレのお世話をしたり、いつもの日常の始まりです。
今年も飼い主様と動物たちが元気で幸せな時間を過ごせるよう 私達が力になれるよう頑張りますrock

今朝の澄み切った青空のように、皆が健康で笑顔あふれる毎日が続く年になりますように!!

 院長が手にしているのは破魔矢です

次回の更新は1月13日(土)です、お楽しみに!




投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL