• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2017年12月23日 土曜日

強制給餌の方法

こんにちは。動物メディカルセンター茨木 看護師の塩見です。
今回は『自分でご飯を食べられない子の給餌方法』についてお話します。

体調不良や病気などが原因で、食欲がわかなかったり、食べる気力がなくなってしまう子達がいますdespair
そのまま何日もご飯を食べないでいると、一気に体重が落ち、どんどん弱っていってしまいます。
そんな時は状況に応じて、私たち飼い主がご飯を食べさせてあげる必要がありますeye

当院へ通院されている動物たちの中にもそのような子は少なくありません。
病院にいる間は看護師が食事を食べさせることができますが、
お家ではどうやって食べさせればいいのか分からないsign01嫌がって暴れるsign01飲み込んでくれないsign01など、
苦戦されているお声を良くお聞きしますので、少しでも参考にして頂ければと思いますhappy01

【準備して頂くもの】

      

・カテーテルチップ      ・シリンジ各大きさ
(強制給餌用のシリンジです。
フードが通りやすいよう先端が太くなっています。)


・口周りを拭く用のタオル
・嫌がる子はエリザベスカラーやバスタオル

【方法】

基本的には流動食や缶詰など飲み込みやすいフードを使用しますrestaurant
ドライフードを使う場合は芯が残らないようにしっかりふやかすと、シリンジを通す事が出来ます。



《シリンジを使用して行う場合》
・顔を軽く固定して、口の中にシリンジの先を入れ、フードを"少量"流し込みます。





《手で行う場合》
・指に少しフードをのせて、上顎になすりつけます。





【注意点】
・1回の時間は、長くても15分以内に終えましょうsign01
長時間すると疲れてしまう為、嫌がったりして時間がかかる子は
短時間を頻回にしてみて下さいflair

・はじめは少量からスタートし、食べられそうなら少しずつ増やしましょうsign01
はじめから一度にたくさん食べさせてしまうと、苦しくなって嘔吐してしまう事があります。
少しの量から始め、しんどくなく食べられそうなら徐々に1回量を増やしていきましょうflair

・無理はせず、しんどくなる前に終わりにしましょうsign01
はじめは嫌がっていても、毎日続けていくと飼い主様も慣れてきてスムーズに食べてくれるようになる事もあります!

ですが、激しく嫌がる、お口に入れられない、1日量食べられない!など上手くいかない場合は
病院でもお手伝いいたしますので私たちにご相談下さいhappy01paper
みんなで長寿を目指しましょうshine



今回が年内最後のブログとなります。
今年も1年間ご愛読いただきありがとうございました。
皆さまはどのような2017年を過ごされましたでしょうか。
来る2018年もスタッフ一丸となって皆様と小さな家族の幸せな時間をお手伝いしていきたいと思っています。
どうぞ良いお年をお迎えください。

動物メディカルセンター 院長 北尾貴史 スタッフ一同

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年12月 9日 土曜日

スキンケアアドバイザー講習、修了しました!

こんにちは、北大阪ペットメディカルプラザのトリマー楯川です。
めっきり寒くなりましたね。個人的に冬は大好きなのですが、乾燥肌の私は
毎年冬になると乾燥から来る痒みに悩まされています...weep

今回私は、皮膚に関するセミナーへ参加してきました。そこでの内容を少しお伝えいたしますsign03
と。その前に...去年、動物スキンケア検定を受講し、修了証も頂きました。
動物スキンケアアドバイザーとして、まだまだ勉強の真っ只中ですsign01



話は、皮膚のセミナーの内容に戻ります。        
皮膚科疾患は動物の疾患の全体の約24%。
皮膚科の疾患の1つのアトピーについての内容でした。犬アトピー性皮膚炎は
ヒトのアトピーに類似し、犬の慢性皮膚炎の主な原因は遺伝的な素因、環境要因常在菌関与と二次感染、
かゆみと掻破の悪循環、ストレスなどがあります。
改善するにもなかなかの長期戦になるので飼い主さんも不安が続いてしまいますsad
今回、獣医師の治療、内服など以外で看護師が出来る正しい洗浄と保湿方法の指導を学んで来ましたsign01





そこで一番のポイントとなるのはシャンプー剤をしっかりと泡立てることです。
洗顔ネットなどでしっかり泡立てることで、シャンプー成分を均一な濃度で付着させることが出来、皮膚への刺激を和らげます。
毛並みに沿ってマッサージするように付着させる(並みに逆らうと折れて毛が毛穴に刺さりかゆみや赤みを引き起こす)
すすぎをしっかり行い、余分な成分を除く。
保湿。乾燥・痒みを抑える。保湿はどんな皮膚病にも必要不可欠です。
シャンプーによって必要な油分まで奪われるため保湿成分で補い乾燥を防ぐ。


犬アトピー性皮膚炎は、
   皮膚機能バリアの改善→ドライスキンの改善→皮膚炎の再熱予防→痒みの抑制

スキンケアとは、より生理的な方法で皮膚を手入れし健康で美しい皮膚を保つこと。
しっかりとした洗浄、保湿でこの冬を私達と一緒に乗り切りましょうup



次回は12/23の更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL