• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2017年11月25日 土曜日

猫のリハビリテーション

こんにちは。
動物メディカルセンター箕面統括病院 動物看護師の中村ですhappy01
11月8日(水)放送の関西テレビ『報道ランナー』ご覧いただけましたでしょうかeye
動物リハビリテーションについて『せんにゅう!』で特集して頂き驚くほどの反響をいただきましたhappy02
多くの皆様に動物リハビリテーションの重要性が伝わり、
多くの小さな家族に安息な未来を提供できるようになることを願ってheart02日々精進しておりますsign03

さて、今回はあの時TVには出なかったネコちゃんのリハビリについて少しご紹介いたしますcat
そうなんですよね、猫ちゃんもリハビリしますよ~good
あの時に撮影してもらっていたんですけど、カットされちゃいましたねsweat01
なので!ここで一挙ご紹介~note

猫ちゃんのお名前は莉子ちゃんheart01
ものすごい可愛くて、ものすごい人好きで、ものすごいおとなしいですlovely
猫ちゃんのリハビリは、猫ちゃんオーナー様ならお解りのように、猫の特性上非常に難しいです。
お水を怖がってパニックになったり、音にビックリしてケガをしたり、思うような運動をしてくれなかったり...などなど、ワンちゃんよりも行動学的に困難を強いられますdespair

でも、莉子ちゃんは写真のようにリハビリが大好きheart04
早く早くと言わんばかりにお水の中に入ります。
莉子ちゃんは実は保護猫ちゃんです。
お外で生活していた時に交通事故にあったようで背中の骨と足の骨に異常があり、後ろ足は不完全麻痺weep
機能回復の為、筋肉UPの為にリハビリに通ってくれています。
水の中での運動、水中トレッドミルが中心のリハビリプログラムになります。
準備運動でのマッサージをして、お水に入ります。
日常生活ではまだ起立位(立ち上がった姿勢)は自力でできませんが、水の中では元気に歩いてくれます。お尻も上げて後ろ足も弱いながらもゆっくり上げて、前進しています。
飼い主様よりリハビリを始めて活動的になり、さらに便の出が良くなったと伺っています。
今はリハビリを始めたときよりも体幹のバランスが良くなってきているので起立位も少しの間なら保持できるようになっていますhappy01




莉子ちゃんはマッサージの時間は静かにしていますが、なぜかお水に入ると歌ってくれますhappy02
とっても高音でリズミカルなんですnote
よっぽど楽しいのでしょうね!

いかがでしたか?
とっても珍しい猫ちゃんのリハビリテーションのご紹介でしたhappy01
最後に内緒話中の私たちの1ショット♬














え?話の内容ですか?...内緒です♬




次回のブログは12月9日(土)更新です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年11月11日 土曜日

"むぎ"から学んだケージの大切さ

こんにちは、動物メディカルセンター茨木 看護師の大盛です。
今回は我が家の小さな妹分、むぎが起こしたちょっとした事件を紹介しますsign01







我が家では毎日トイレの交換とごはんのチェック、そしてむぎとのふれあいタイムが日課になっています。
そんないつものお手入れをした日の深夜、事件は起こったのです・・・

熟睡する私の足元を何度も行き来し、ズボンを引っ張る謎の物体。
「もしかして虫sign02」と恐怖を感じながらゆっくり確認すると、

なんと!驚いた顔のむぎとバッタリ遭遇!impact(しかも目線もバッチリ合っていました 笑)

怪我もなく無事お部屋に戻れたのですが、「なんで逃げたんやろ?」と疑問が残り原因を探した結果・・・
なんとこの小さなパーツを自力でこじ開けていたのです!(下図丸印参照)
 


その後も補強してもすぐこじ開けたり金網をかじるなどトラブルが相次いだため、
大きなプラスチックタイプのケージにお引越しする事になりました・・・sweat02







おかげで現在は脱走劇(?)もなく、新居でのんびりと過ごしてくれていますnote
今回の件を踏まえて改めてケージ選びの大切さを思い知らされました。
本当にごめんねsadむぎちゃん・・・!




最後に・・・
当院ではハムちゃんの診察・ホテルも行っております!
おうちでの小さな異変や疑問があればいつでもお問い合わせくださいhappy01
診察に来られる際には、外から全身を観察できる小さいプラスチックケージがお勧めですshine

次回のブログは11月25日(土)更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL