• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2017年8月26日 土曜日

「夏のペットホテルワンちゃん編」

こんにちは。動物メディカルセンター箕面 看護師の五之治ですhappy01
8月sunももう終わりですが、お家のペットちゃんのお調子はいかがでしょうか?

夏休みは旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか?夏休み中はペットホテルをご利用して頂く機会が多く、今年もとてもにぎわっていました!今回は飼い主様にホテル中のお世話の様子をご報告させて頂きます。「夏のペットホテルワンちゃん編」です!

夏は暑さで体調をくずしてしまう子が多くなる時期です。
ペットホテルはお家の環境とは違う環境となりますので緊張などから体調をくずしてしまう子もまれにいます...sweat01その為当院ではストレスを感じてしまわぬようお預かり中の工夫をしておりますheart01

もちろん暑い今の季節、熱中症対策も徹底して行っておりますsun

ホテル中は日に何度か病院内にあるテラスや院内でお散歩をしてもらうようにしていますdog
テラスは日当たりの良く風通しの良い気持ちの良い場所ですが地面が熱くなってしまうため、
お散歩前にまずお水をまいて地面を冷やしますrain

テラスでは開放的になりますので、うんちおしっこを我慢しがちな子でもテラスだとしてくれる事が多いですnote

お外以外に院内にも広いお部屋がありますので院内でお散歩してもらうこともありますhappy02

お外のお散歩が必要な子は安全を考慮し首輪と胴輪2本リードで病院の敷地内をお散歩してもらうこともありますconfident
お散歩中は目がきらきらして
楽しそうな様子を見せてくれます☆

ホテル中にはトリミングやドック検査、歯石除去処置なども
お預かり中にさせて頂けます!
(要予約)

こちらの写真はシャンプー中の様子です。
気持ち良さそうですねhappy02
とてもお利口にしてくれていましたnote



お散歩でたくさん体を動かした後は、リラックスタイムですheart04
きっとお家でご家族の皆さんにたくさんなでてもらっていると思いますので、
ホテル中もお家と変わらないスキンシップを目指し、大切にしています。
その子の性格をしっかり観察してその子にあったスキンシップを心がけていますconfident

そうすると最初は緊張してお部屋のすみっこにいた子が尻尾を振ってくれるようになったり、
お部屋の真ん中で寝ころんでリラックスしてくれている様子が見れたり、そういった少しの変化がとても嬉しいですlovely



今回はワンちゃんの夏のホテルのご紹介とさせて頂きました。
当院ではできるだけお家と変わらぬ環境で過ごしてもらえるよう工夫していますhappy01
ペットちゃんにとって「お留守番をする場所」になるのではなく「第二の我が家」と思ってもらえるように、
ご家族の方々にとってもペットちゃんにとっても安全で安心して利用して頂けるホテルを目指しております。
秋のシルバーウィークや年末年始のホテルもご利用して頂けます!ぜひご活用下さいsign03

次回の更新は9月9日(土)です。
 

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年8月12日 土曜日

ノミ・ダニ駆除を忘れずに!

動物メディカルセンター茨木の獣医師宮嶋です。
先日、マダニを介してうつるウイルス性の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したとみられるネコに咬まれた女性の方が亡くなられるという驚きのニュースが流れました。
動物だけではなく、ノミやダニが人にもたらす病気は、今回のSFTSや日本紅斑熱など死に至るものや、ノミ刺咬症、猫ひっかき病など大きな病気に発展するものなどがあります。

下の写真は、散歩に行ったワンちゃんに付いてきたマダニです。
(容器の中に、大量のマダニが入っています。)


1回の散歩で、これだけ多くのダニに寄生されることもありますが、数匹が目の周りや耳などの軟らかい皮膚に吸血していることもあります。幼ダニでは、数mmの大きさのため、見つけられないことがあります。
この北摂地域は、マダニが多く生息しています。都会の公園や河原などにも多くいます。
まず、動物たちがノミ・ダニ介在性疾患にならないように、なにより『予防』が大切です。
・猫は屋外に出さない
・犬は草むらや藪の中に行かない
という回避だけでなく、ノミ・ダニ予防薬の使用をしっかり行いましょう。


今回のSFTSウイルスについては、動物の細胞外では非常に弱いウイルスです。ヒトの感染経路も主にマダニですが、もし野良犬や野良猫に噛まれたら、まずは流水で患部を良く洗い流し、石鹸でもSFTSウイルスは死滅するので、最低5分以上洗いましょう。そして、すぐに人の病院を受診してください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL