• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2016年12月24日 土曜日

2016最後のお願い☆


こんにちは!動物メディカルセンターの獣医師、北尾美佳です。
今日はクリスマスイブですねxmas、皆さんどのようにお過ごしでしょうか。
クリスマスが近付くにつれ、来院する子たちのお洋服がサンタさんやトナカイさん風だったり、リボンやバンダナがクリスマス柄だったりとかわいい様子を楽しませてもらっていましたhappy01
皆さんそれぞれに素敵なクリスマスをお過ごしだといいなあと思っています。

今日は年内最後の更新となりますが、ぜひお願いしておきたいことが一つあります。
それは、、、
誤食しないで!させないで! ということなんです(切実bearing)。
1年のうちで誤食が一番多いのがこの季節だと感じます。
かつて3年連続で年末最終診療日に誤食の患者さんを診た経験があります。
クリスマスからお正月にかけておいしいもの(人がおいしい物は動物たちにも魅力的!)を食べる機会が増えますし、人が集まる機会も増えます。
ペットちゃんがコッソリお料理cakeを食べてしまうことがあるかもしれませんし、お客さんの誰かが今日くらいはという気持ちであげてしまうかもしれません。
もしかしたら小さい子供がチキンのたれの付いた手でベタベタ触った玩具を床に転がしているかもしれません。
いつもは誤食しそうなものは届くところに置かない飼い主さんが、忙しさでつい放置しているかもしれません。

・・・危険がいっぱいです!


もし誤食してしまったら、異物であれば吐かせる処置をするか、内視鏡で取り出すか、最悪はお腹を切開して取り出さなければなりません。食べ物であっても、膵炎を引き起こす原因になることがとても多いです。
楽しいはずのこの季節に、お家の子が辛い思いをしなくていいよう、普段よりも尚一層誤食に注意してあげてください。どうぞよろしくお願いします。

さて、今年も1年お世話になりました。お家の子の健康を一緒に守ってくださってありがとうございます。
素敵なクリスマスと年末年始をお過ごしください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年12月10日 土曜日

実際にあった出来事

こんにちは。動物メディカルセンター茨木の看護師の堀部です。

12月に入り寒い日が続きポカポカした暖かいお家の中で過ごす時間が多くなってくる季節ですよね。
でも、お家の中も危険がいっぱいな事がありますthunder

今日はお家の中で怪我をした堀部家の歴代ワンちゃんの実際にあったお話をさせて頂きますね。



マルチーズのジュリちゃんdog
ある日お家にお客様。ピンポーンと呼び鈴。
ジュリは玄関に向かってもうダッシュ、滑り止めをしていなかった玄関マットごと滑り落ちて
後ろ足骨折してしまいました。あっという間の出来事でした。
滑り止めさえ敷いておけば、ジュリに痛い思いをさせずお正月を楽しく迎える事が出来たのに・・・後悔。
それ以降、安全のためにマットの下には100均で購入した滑り止めを敷いています。
そんなジュリちゃんも10年前17歳で旅立ちました。



ウェスティーのチャコちゃんdog
お散歩が苦手で、お家の中で遊ぶ事が好きだったチャコのお爪はいつも長めでした。
床暖をする前はループ状のカーペットを敷いていました。
皆さまは、なにがあったかもうお解かりですよね・・・!
そうなんです。お部屋の中で走り回ってるうち、爪がループ状の絨毯にひっかかり爪が根元から折れてしまいました。
大出血と痛みでチャコはパニック状態。私一人では何も出来ず、当院の夜間救急へ走りました。
病院会員には夜間救急のサポートがあります。チャコも病院会員でした。
それ以降、爪のチェックを欠かさず、犬が過ごす時間が長いダイニングキッチンと私のお部屋は床暖房に変更しました。
そんなチャコも7年前14歳で旅立ちました。



トイプードルのクロちゃんdog
クロは途中から家に来た子で最初は言葉も通じず、先住犬に遠慮していつもお部屋の隅にいました。
そんなクロもようやく慣れてきた冬の寒い日でした。
洗濯もしていないのに、バシャバシャと水の音。
なんと、お風呂の蓋がはずれてクロが溺れかけていたのです。
お風呂の蓋の上は暖かかったのか。クロがドンくさいのか。
今は笑い話ですが、気付くのが遅ければ悲しい事故になっていました。
そんなクロちゃんは9月で10歳になりました。
元気でーす!!



お家の中の事故は、少しの注意で防げます参考になれば幸いです。

小さな家族と一緒に楽しいクリスマスやお正月を迎えられますようにhappy01

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL