• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2016年5月28日 土曜日

コロラド州立大学研修報告 その2

こんにちは、動物メディカルセンター高槻(北大阪ペットメディカルプラザ)の獣医師小松です。
今回は前回に引き続き、春に行かせて頂いたコロラド研修の報告です。

4日目は晴れsun、前日の雪も少し溶け、大学病院前で集合写真を撮りました。小さくて見にくいですがちゃっかり真ん中に写っています(笑)



この日の講義内容は尿路全般。高齢期のネコに非常に多い慢性腎不全の治療のアップデートと、若齢期のネコに多い膀胱炎などFLUTD(猫下部尿路疾患)についてです。FLUTDは進行すると特に雄猫で手術が必要なこともある病気ですが、メインの治療は食事療法や点滴などの内科療法です。復習的内容が主でしたが、最新情報も含め再度勉強していました。

最終日も、尿路関係。尿道閉塞にともなう痛みなどの管理について勉強し、骨髄ブロックなど疼痛管理、麻酔法に関して実技を含め講義がありました。
午後は病院内の見学、大学病院は大動物(牛、馬)部門も併設してあり、とても広い病院でした。

    
  病院の受付です       薬局もあります


  病院の見取り図  
右側中央の灰色部分の一画が上の写真の受付なので、いかに広い病院かお判りになると思います。

 


  ネコ専用の診察室もあります。
  ちなみに北大阪ペットメディカルプラザにも猫専用の診察時間があります。






   

病院を見学中です。同行されていた先生達が撮ってくれた写真です。広すぎて迷子になりそうでした。sweat01



最終日、授与式の様子。最後のパーティの終盤に授与式がありました。端の先生方はコロラド大学で勤務されている日本人の先生方です。今回は通訳などもしてくださいました。

アメリカ‐コロラド報告記は以上です。今回はとても貴重な体験ができました。この研修で得たことはすぐに毎日の診療に生かしていきます。
私の不在の間、待っていていただいた飼い主様と猫ちゃん、これからたくさん還元していきます!
"猫のことは小松獣医に聞けばいい"と信頼されるよう、最新・最善の医療を提供できるよう、これからもよりいっそう勉強していきたいと思います。



次回のブログ更新は、6月11日の予定ですcat

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年5月21日 土曜日

コロラド州立大学研修報告 その1

こんにちは、動物メディカルセンター高槻(北大阪ペットメディカルプラザ)の獣医師小松catです。

先日1週間のお休みを頂き、アメリカへ研修に行ってきましたairplane
コロラド州のフォートコリンズという町へ行き、コロラド州立大学の付属動物病院へお邪魔し5日間みっちりと勉強して来ました。



テーマはずばり「cat」です!
初日は時差ぼけでかなり苦しかったですが、朝7時半から夕方6時までスケジュールはタイトに埋まっていました。アメリカの先生は朝が早いですね。その分夕方には終わり、後は家族の時間なんでしょうか?

初日の休憩時間の写真です。皆さん時差ぼけでグロッキーですね。私は病院のfacebookに記事をアップするため、せっせと携帯電話をいじっています(笑)mobilephone



日本各地から猫好き獣医師達が集まり、とても熱心に勉強していました(自分で言うのもナンですが。。。)いろいろな先生達とお話が出来、とても刺激になりました。専門誌に載ったりする先生や大学の先生もおられて、とても勉強になりました。
テーマの「猫の内科学」ですが、猫がよくなる病気は網羅すると言う内容。5日間びっちりの講義でしたが、時間が足りない濃い内容でした。講師のDr.Rappinは感染症の世界的な第一人者で、Bartonellaという細菌が猫に対して感染し病気を発現したことを、最初に発見して論文を書くなど、「超」一流の研究者であり、臨床家でもあります。
もちろん復習的な内容もありましたが、大学病院での最先端の今まさに論文に書いている途中の最新知見なども教えていただきました。



初日の講義内容は、胃腸などの消化器病についてと、内分泌疾患についてでした。
消化器病はRappin先生の専門の感染症をメインに、IBDと呼ばれる炎症性超疾患まで幅広く多岐にわたりました。
内分泌疾患は体が出すホルモンの異常で起こる病気ですが、特に甲状腺機能亢進症は高齢期に起こる病気で、近年高齢なネコちゃんが増えてきているため、甲状腺機能亢進症が非常に増えています。アメリカでは、糖尿病や慢性腎不全を超えて、高齢猫の一番多い病気になっているそうです。もちろん日本でも増えてきており、当院にも甲状腺機能亢進症のネコちゃんが多く来院するようになりました。

さて、アフター5はお酒の時間(笑)bar
Rappin先生行きつけのワインバーでご馳走になりました。



右側の先生がDr.Rappin。左側の先生はもう1人の講師の先生、Dr.MacPhailです。彼女は外科の専門医です。


2日目午前の内容も感染症がメイン。初日とは違い、呼吸器の感染症がテーマです。ヘルペスウイルスやカリシウイルスなどウイルス感染症から、鼻の中にだけに感染するダニなどレアなものまで多岐にわたりました。午後の内容は黄疸について。黄疸と言っても原因は様々。肝疾患から、血液の病気、消化器の病気、Rappin先生お得意の感染症であるFIP(猫伝染性腹膜炎)まで、黄疸の原因を網羅しました。

この日はポカポカ春の陽気sunRappin先生の提案で歩いてホテルまでお散歩。フォートコリンズはロッキー山脈のふもとの町、自然がたくさんありました。

    


さて、3日目です。
この日はなんと大雪!snow前日との気温差は30℃。マイナス10℃まで下がりました。山の天気は変わりやすいと言いますが、さすがにビックリ。町の標高は1700mです。富士山級の山が30以上あるそうです。さすが、アメリカ!

    

講義内容は主に実習。内視鏡を使った鼻腔内の検査方法などを勉強しました。
前半戦は、時差ぼけと天気の変化に悩まされましたが、とても有意義な時間でした。

次回はコロラド研修報告その2です。4日目以降の内容です。
来週アップ予定ですので、楽しみにしていてください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年5月14日 土曜日

ぽっちゃりさんな愛犬レディのダイエット

こんにちは、動物メディカルセンター箕面の池田です。
今日は愛犬レデイのダイエットについてお話します。

私の愛犬レディは、トイプードルなのに体重が9,8kgもあるぽっちゃりさんでした。
肋骨も背骨も触れないレディをなんとかしなくては、、、とダイエットをすることに!!smile

ダイエットをするには、運動をすることと食事の管理が大切です。
散歩が大好きなレディはよく歩きましたがしかし、食べることが好きなレディは好きなご飯の量を減らされるのが、大の苦手。


カロリー計算をし、少しずつご飯の量を減らしていくけれど、お留守番時に鞄の中を荒らし、
いたずらばかりする毎日が続きましたcrying

しかし、肥満のままだと足腰や関節にも負担がかかり、たくさんの病気のリスクがあるので、まず私の家族に肥満の危険性を説明して、協力をお願いしました。食べ物やワンちゃんが飲み込みそうなものはすべて高いところに置き、いたずらをさせないように日々注意し家族みんなで心掛けましたwink




その結果約2ヶ月のダイエットに成功し、

9.8kgもあった体重が、今では-2kg
7.8kgになりました‼happy01


触れなかった肋骨・背骨も、ちゃんと触れるように♬
理想体重の6kgにむけて今も継続中です‼

ダイエットは愛犬だけが頑張るのではなく、一緒に過ごしている家族の協力が必要不可欠です。
日頃、私達は飼い主様に食事指導やダイエットのアドバイスをする立場にいますが、今回自分の愛犬の減量に関わってみて、簡単にダイエットと言っても一筋縄では行かないことをしみじみと実感しました。
だからこそ、もっと飼い主様の気持ちによりそったサポートや応援が必要だと感じています。

可愛い愛犬が将来長生きしてもらうために、この機会にダイエットをチャレンジしてみませんか?
どうぞお気軽に当院スタッフまでご相談ください‼notes


次回は5月21日(土)更新です♪
 

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL