• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2016年3月26日 土曜日

猫が喜ぶネコホテル

こんにちは、動物メディカルセンター箕面の看護師田中ですhappy01
今日は猫ちゃんのホテルについてのお話をしますcat

猫ちゃんは、環境の変化に敏感ですsun
特に飼い主様と長い間離れると、ご飯を食べなかったり、おしっこ、うんちを我慢したりする子もいます。
どこかに預けて旅行に行っても、心配でゆっくり楽しむことが出来ない方もおられると思いますthink

まず、はじめに新しい環境に慣れてくれるのか。
知らない所で落ち着いて居られるのか。という不安があると思います。

happy02でもご安心ください!!

当院のホテルでは、猫ちゃんに必要な上下運動が出来るように、また家になるべく近い環境で過ごせるよう上下左右に移動できるようにしています。







トイレ砂、ベッド、フードなども家で使っているものを持って来ていただき、出来るだけ変化が少ないようにしています。





 



急に長期の宿泊をする前に仔猫の時から託児所でお預かりすることもできますし、大きくなっても半日だけお預かりして慣らしていくことも大切です。
 








フレンドリーな子には退屈させないように一緒に遊び、シャイな子にはなるべくリラックスしてもらえるように静かなところで過ごしてもらえるように、隠れられるように箱を置いたりなど様々な工夫を心掛けています。


















猫ちゃんは空腹状態が3日以上続くと肝リピドーシスという病気になる可能性が高くなります。
おしっこも長期間我慢すると下部尿路疾患の原因になり、良いことはありませんbearing


その為、私たち看護師が猫ちゃんの食べている量、おしっこが出ているのか、色、ニオイは、おかしくないかをしっかり観察し、自分から食べてくれない子には、まず緊張をほぐしてもらうための環境を作りclubフードの内容を変えてみたりriceball温めたりspa口元にフードを持って行ってあげたりしていますhappy01

また尿が出ていない場合は、緊張やストレスのせいで出ていないことも考えられるので、トイレの場所、砂を工夫したり、人の目から見えないようにケージに目隠しをしたりしています。

それでも万が一、お預り中に極端な食欲低下が続いたり体調に影響が出るほどおしっこを我慢したりしてしまったら獣医師に相談し、しっかり健康管理をしていきます。

当院では、猫ちゃんのストレスを最小限にお預かりし、また不測の事態にも対処することが出来ます。
猫ちゃんがいるから旅行に行けない、うちの子はどこにも預けられない...と思わずに是非一度当院でホテルをご利用下さい。

私をはじめ猫も大好きなスタッフが心を込めてお世話致します!!















次回は4月9日(土)に更新です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年3月19日 土曜日

愛犬クロが病気になっちゃった~!

こんにちは、動物メディカルセンター茨木、看護師の堀部です。
今日は私の小さな家族のクロのことでお話しさせて頂きますね。

           クロはトイプードルの9才の女の子です。
           お散歩大好き、食べる事が大好き、いつも明るく元気一杯です。

ところがある日、突然・・・。
           お腹を痛がり、体が熱く、口の中はカラカラ乾き。
           え~? 「クロどうしたん?」  熱は~? 「え~!39.9℃」 なにこれ!?

慌てて病院へ(もちろん、動物メディカルセンター茨木に!)
           私も病院会員に入っているので、時間外診療で(その日の当直は北尾先生でした!)
           スタッフだから優先ではありませんよ(笑)

血液検査、レントゲン検査、エコー検査とすすみ、結果、診断名は『腎結石』でした。
左腎臓が1.5倍に腫れて。どんなに痛かったことか。ごめんね、クロ(涙)

今まで、春はフィラリア検査で、秋はドックで健康診断を受けていたのに、
昨年秋のドックを抜かしたばかりに"隠れた病気"に気が付かず。クロを苦しめてしまいました。

患者様には、
「元気でも7歳過ぎたら一度はドックを受けて下さいね。」
「隠れた病気があったら怖いので。」
「早期発見、早期治療ですよ!」っと、お伝えしていたのに。

まさにその通り、クロに"隠れた病気"が潜んでいました。
良く食べるし、元気だし。・・・油断しました。

この度のクロの病気で大反省です。

小さな家族。健康でいつまでも長生きしてほしいですね。

当院では、小さな家族の健康を守る病院会員制度があります。
予防はもちろん全て含まれています。
お口の健康を守るための処置や歯石除去、もしくはドック検査が含まれています。
「もしもの時の救急コールサポート」は診察が終わった時点から、
翌朝診察が始まるまで。安心サポートさせて頂きます。

小さな家族。健康でいつまでも長生きしてほしいですね。
詳しくはスタッフへお気軽にお尋ねくださいね。

追伸:おかげ様で、現在クロは、元気でピンピンしています!本当に健康に感謝ですね。


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年3月12日 土曜日

ウサギの歯についてのお話

動物メディカルセンター獣医師の原田です。

今日はウサギさんの歯についてお話したいと思います。

ご存知のとおり、ウサギにとって歯はとっても大切です。

歯に不具合を生じると様々な問題が発生します。

ウサギの歯の病気は、ウサギの疾病の約20%という報告があり、発生頻度はかなり
高くなっています。特に小さめのウサギで雌よりも雄に多いこともしられています。

ウサギの歯は犬猫とは異なり「常生歯」もしくは「無生歯」といわれ、一生伸び続ける性質を持ちます。

よって正常な噛み合わせが保たれていなければ不正咬合(歯が伸びてかみ合わせが悪くなること)が起きるということです。


         


<不正咬合の原因>

・遺伝的要因

・食事内容
      ペレットの与えすぎ(咀嚼回数の減少)     
   硬い食餌
   食餌中のカルシウム不足

・飼育環境

・外傷、歯の病気の有無
    顎骨骨折、破折(歯がおれること)
       歯周病、歯の感染
       腫瘍 

  image2 image3image1




以下の症状があれば注意が必要です。

いくつ当てはまるか、チェックしてみてください。

 食欲不振

 体重減少

 よだれが多い

 口をくちゃくちゃする

 鼻水がよく出る

 歯ぎしりしている

 便が小さい

 涙や目やにがよくでる

 口の周りが皮膚炎

 口周りを触られるのを嫌がる

 呑み込みが困難

 元気がない

 開口呼吸している

 下痢をしている


いずれも歯のトラブルで来院された子に多く見られる症状です。特に食滞などは歯が

大きな原因の一つになっていることも多いです。ウサギさんの健康と歯は直結してい

るなあと実感しています。

3つ以上当てはまるようなら一度健康チェックに来てくださいね!


次回は3月19日にアップ予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年3月 5日 土曜日

恒例のフォトコンテスト開催しました!

こんにちは。
動物メディカルセンター茨木の獣医師宮嶋です。

茨木病院では、毎年フォトコンテストを開催しています。
一月に素敵な小さな家族の写真を募集して、二月に投票して頂いています。三月に入って結果発表がありましたので、今回はその報告をさせて頂きます。

今年のテーマは、『大好きな○○』ということで、沢山の応募がありました。
ご参加頂いた皆さん、本当に有難うございました!


今年も担当の看護師からは、最後まで僅差で結果分からなかったと聞いていました。それもそのはず、毎年本当に素敵な写真ばかりです。ご家族の愛情がたっぷりと各写真に込められていて、撮ってもらっている我が子(動物たち)にもその愛情がよく伝わっていて、何ともいえない表情の写真ばかりです。可愛い我が子をより可愛く、何度もシャッターを切ったプロのような渾身の出来栄えの物から、たまたま偶然撮れた写真など様々です。いち飼い主として、私自身も我が子にカメラを向ける時は、かわいすぎる〜♡と思い撮っています。

では、上位の結果発表です!皆さんおめでとうございます!
第1位(なんと同票数、2組ありました!)
プリンスちゃん「大好きなドライブ」

アルフォンスちゃん「アル お弁当つけてどこ行くの?」


第2位(またもや、なんと同票数2組ありました!)
いろはちゃん「じいじに買ってもらったふわふわポンチョ」

あまめちゃん「大好きなマッサージ♡」


どれも素敵な写真ですね。実は今回たまたま選ばれた子達は、いろいろな病気を抱えながら、日々頑張っている子達です。病気とは思えないくらい、幸せそうな写真ですね。
エントリーされなかった方も、是非来年はご応募してみてくださいね。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL