• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2016年1月25日 月曜日

看護士直伝!お薬の飲ませ方 その1

こんにちは。動物メディカルセンター高槻の看護補助・トリマーの梅本です。
以前のブログで塩見看護師が目薬と点耳薬の使い方についてお伝えしましたが、
今回は、私が入院中の子の看護をしながら得た、内服のあげ方のコツをお伝えしたいと思います。

☆投薬のポイントは3つ☆
お薬を飲ませることを悟られないようにする。
(薬を持っていることを見られない、いつものようにさりげなく接する)
・嫌がる前に素早くすませる。
・お薬がちゃんと飲めたらしっかり褒めてあげる



【内服のあげ方】 (お薬の種類は基本的に3種類(錠剤、粉末、液体))

① 錠剤・粉末・液体どれでも
普段のフードに混ぜても薬ごと完食してくれる子
→そのままいつものフードに混ぜてあげて下さい☆
ラッキーですね♪

② 錠剤だと出してしまう子
→錠剤をスプーンなどで潰して粉末にしてから混ぜてあげる。
(市販で錠剤をつぶす"錠剤クラッシャー"もあります)
      
        


③ いつものフードに薬を混ぜると、フードも食べなくなる
→いつもと違った少量のスペシャルなフードの中にお薬を隠してあげる。
(例えば、プレーンヨーグルト、はちみつ、ワンちゃん用チーズ、缶詰などペースト状のフードなど)     

                                                     

④ 何に混ぜてもお薬が入っていると食べてくれない
(①、②、③以外)
→直接口に入れて飲ませましょう!


ガーンshock・・そんなの無理と思っている飼い主さま、ご安心下さい。
次回は直接お薬をうまく投薬するコツ(④の実践編)を詳しくお伝えします。

 お薬はしっかり飲んでくれてこそ効果を現します。
 しかし、お薬もその子によって飲ませ方がいろいろあり、
 なかなか上手く薬があげられない、どうやってあげたらいいかわからないなど
 お困りの方もいらっしゃると思います。
 
 是非、当院にご相談ください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年1月20日 水曜日

超音波検査受けてみませんか?

こんにちは。動物メディカルセンター 獣医師の兒山です。
今日は超音波検査についてお話したいと思います。




超音波検査といえば、妊娠中に胎児の診察に用いる検査というイメージが強いと思います。
では、他にはどんな時に超音波検査をするでしょう?

今まで超音波検査を受けたことがある方ならすぐに思いつくかもしれませんが、すぐに思いつかない方も多いのではないでしょうか?

超音波検査で調べられる臓器は肝臓や胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や心臓など様々な臓器があります。

私も今まで多くの超音波検査をしてきましたが、その中でも検査をして良かったと思う病気に「胆嚢粘液嚢腫」があります。

胆嚢とは、肝臓で作られた胆汁(脂肪の分解を助ける消化液)の貯蔵・濃縮する袋状の臓器です。

胆嚢粘液嚢腫とは、胆嚢内にゼリー状の粘液が蓄積する病気で、進行すると総胆管(胆汁の出口)の閉塞や、胆嚢破裂を起こす非常に怖い病気です。

血液検査やレントゲン検査だけではこの病気は診断出来ず、超音波検査を行うことが重要です。


綺麗な胆嚢(GB)は、このように黒く見えます


胆泥が溜まり、炎症を起こしている胆嚢(GB)


胆嚢が壊死・破裂すると、胆汁が腹腔内に流出し、腹膜炎を起こすので、この場合は手術が必須となります。

超音波検査により早期発見することが出来れば、体調が良い状態で手術をすることが出来たり(破裂後の手術よりも予後が良い)、内科治療が適応になります。

超音波検査は全身麻酔や放射線を使用しないので、麻酔リスクや被爆の心配もなく、妊娠していても安心して受けられます。

動物も6歳を超えると様々な病気にかかるリスクが急激に増えます。
(ペットの6歳はヒトに換算すると約40歳です。)
特に6歳を超えたペットを飼われているのであれば、一度超音波検査を受けてみませんか?
もちろん、もっと若い年齢の子でも健康診断としていつでも受けていただけます。

分からないことがあれば、いつでもスタッフにご相談下さい。
動物の超音波検査は大阪の動物病院、動物メディカルセンター(箕面、茨木、高槻)へご相談下さい。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年1月15日 金曜日

老犬介護について

こんにちは。動物メディカルセンター(箕面)動物看護師 中村です。
私の愛犬は今年で16歳のMIXの女の子です。

先日、近隣の動物病院で働く動物看護師が集まって、意見交換会があり、そこで愛犬の介護事情のお話をしてきました。その話をしたいと思います。

多くの動物看護師が様々なアイディアを駆使して、老犬介護をしています。そこで話題に上がったのが、オムツです。最近は犬用オムツも質が良くなり、吸収力も抜群です。犬用オムツの中でもいろんな意見が合って面白かったです。
私はある日、たまたま犬用オムツの買い置きを忘れて、たまたま家にあった姪っ子のオムツを借りたときの発見を話すと皆様興味津々。知らなかった!私も使ってみよう!と好評でした。














発見したこと
① 人用オムツ『〇ン〇―ス パンツタイプ』は尻尾の穴をあけてもポリマー出ない
② ヨコ漏れ安心ギャザーも使える!
③ ウエストまわりも優しくフィット♪
(商品名はあえて隠しています♪知りたい方はお声掛けくださいませ♪♪)















私の愛犬は体重約6kgでサイズはMです。ちょうど、尻尾があたるあたりに、T字に切れ込みを入れます。だいたい、横3㎝、縦2㎝くらいです。そうするとフィットします。

オムツをすると蒸れやすく、抵抗力の落ちている老犬は皮膚炎になりやすく、そして、皮膚がすれてしまうとすぐに褥瘡(床ずれ)のようになってしまいます。
ですが、人用オムツは蒸れ対策も抜群のように感じます。私の愛犬はまだ歩けるので、散歩時にはオムツを外して、歩きます。それでも、皮膚の弱い子は皮膚が赤くなることもありますが、私の愛犬は未だに皮膚のトラブルはありません。

今回は老犬介護のオムツについてお話ししましたが、老犬介護についてまだまだお話ししたいことはたくさんあります。多くの動物看護師の介護の工夫もまたの機会にお話しできればと思います。
もしも、今現在何かお悩みのことがありましたら、気兼ねなくお尋ねくださいね。

またのお話をお楽しみに...。


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年1月10日 日曜日

看護師直伝!目薬の差し方・点耳薬の使い方。

こんにちは、動物メディカルセンター茨木 看護師の塩見です。

様々な病気や症状に対し、外用薬が処方されることがあります。
動物達にとって顔周りを触られることは、嬉しいことではないので慣れていないと
嫌がってうまく出来ないことがあります。

今回は、目薬・点耳薬がスムーズに行えるようポイントをふまえてご説明します!

《目薬》
1、片手で顔が動かないように支え、少し上を向かせます。

2、もう片方の手で目薬を持ちます。

3、目薬を持った手の小指で、少し瞼を開けます。

4、目が開いたら後ろから目薬を落とします。

5、できたら、褒めてあげましょう! 



   
☆ポイント☆
・前から差そうとすると怖がって逃げてしまうので、後ろから差しましょう!
・ペットが嫌がる前に素早く差しましょう。



 !!注意!!
 目薬を続けてさす場合、必ず5~10分は間隔をあけましょう。
 間をあけずにすぐさすと、初めの目薬が流れてしまいます。



《点耳薬》
1、軽く耳を持ち、耳の穴を確認します。

2、耳の穴が確認出来たら1~2滴薬を入れます。

3、耳のつけ根を優しく持ち優しく揉んで、薬を中に浸透させます。

4、できたら、褒めてあげましょう。
  

☆ポイント☆
耳に疾患がある子は、痛かったり痒かったりして、触られるのを嫌がります。
そんな場合でも声をかけたり、気を紛らわせながら行うとスムーズに行いやすいです。
暴れてしまう子は、薬が目に入ってしまわないよう注意しながら2人で行いましょう。


薬によって、保存方法や回数が異なります。
処方時にスタッフがお伝えしていますので、必ず確認をお願いします。

最後には毎回褒めてあげましょう!
褒めることで良い印象に近づき、次回もやりやすくなります。

どうしても嫌がって出来ない場合はスタッフへご相談下さい♪


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年1月 5日 火曜日

~健康の歯は長生きする秘訣!犬のハミガキしてみよう~

あけましておめでとうございます。
2016年も動物メディカルセンターはスタッフ一丸となってお家の子の健康を守っていきたいと思っております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年1つめのお話は動物メディカルセンター高槻 看護師の池田です。
今回は歯磨きの仕方についてお話します。

動物が歯磨きなんかする必要があるの?と思っていませんか?

犬も猫も人間と同様に、放っておくと歯石がたまって歯周病になり、進行するとアゴの骨が溶けて折れることもあります。
歯周病菌が悪さをし、心臓病や腎臓病、糖尿病など全身の病気の原因になります。
長生きするためには歯の健康が欠かせません。









◎歯磨きの方法 
         
☆まずは口を触ることに慣れさせてから!
はじめから歯ブラシでゴシゴシ磨こうとすると、嫌がったり場合によっては攻撃的になることがあるので、最初は口を触ることから少しずつ時間をかけて、慣らしていきましょう。

①口の周りを触る練習をします。フードやおやつで気を引きながら少し触り、触ることが出来たら、すぐに「いい子!」とほめておやつを与えます。
      ↓
慣れてきたら唇を少しめくります。犬歯を見るときは唇を上に、奥歯を見るときは後ろの方向にひっぱります。

②口の周りを触れるようになったら、今度は歯に直接触ってみましょう。人差し指に濡らしたガーゼを巻きます。おやつで気を引きながら、指を歯に一瞬当てておやつを与えます。
      ↓
慣れてきたら、少しずつ大きく唇をめくり歯を触る時間を長くしましょう。
一気にすべての歯を磨こうとしないで大丈夫です。
ガーゼを巻いた指で歯を触られても大丈夫な状態に徐々に慣らしていきます。


③ガーゼ磨きができるようになったら、次は歯ブラシを使ってガーゼの時と同じ手順で試してみてください。


また当院では、口をすすぐ必要のない犬猫専用のハミガキペーストをおススメしております。

歯磨きペーストは歯垢を分解する酵素が入っていて、歯磨きができない子はそれを舐めさせるだけでも、口の中に広がるので効果的です。





動物の口の中は、歯垢が歯石に変わる時間は2~3日間と言われています。
歯磨きは、理想は毎日ですが最初から気合いを入れて毎日すると歯磨きをやめてしまう方もいるので、
最初は最低でも3日に1回は歯磨きをしてあげてください。
慣れてきたら、2日に1回にしたり回数を増やしていきましょう。

私の愛犬も毎日歯磨きを頑張っています。
なかなかうまく出来ない場合は、いつでもスタッフまでお尋ねください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL