• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2015年11月30日 月曜日

家族みんなで頑張ったチャッピーちゃん|犬、猫のリハビリは大阪の動物メディカルセンターへ

こんにちは。動物メディカルセンター箕面の動物看護師 中村です。
動物のリハビリテーションは、入院看護の中でも重要な看護介入です。さて、今回は家族の皆様が本当に頑張ってくれたリハビリテーションの1件です。

チャッピーちゃんは13歳の高齢ダックス・フントの男の子。1月のお正月早々に、頸椎椎間板ヘルニアと診断を受けました。前脚は立てず、首も痛くて動けません。家族は手術を決意し、早期に手術を行いました。集中治療及び、献身な看護&リハビリを経て、元気になったチャッピーちゃんは週1回のリハビリを欠かさず、約半年間頑張って通ってくれました。リハビリを卒業したチャッピーちゃん、元気に毎日楽しく家族と過ごしていましたが...。7月の末日ごろに来院。また前脚がふらつき出した、右前脚と右後脚もおかしい。状態は日に日に悪化して行きました。お正月に手術をしたばかりのチャッピーちゃん家族は不安でいっぱいでした。


そこで、当院院長は頸椎だけでなく、脳の異常も考え、当院で導入したCT検査を実行することとなりました。結果、脳を圧迫・占拠する病変を発見。院長はじっくり時間をかけて家族との話し合いを行いました。家族は少しでもチャッピーちゃんの身体が楽になるのであればと手術を決意。
大手術を耐え抜いたチャッピーちゃんは、手術後数日間は絶対安静でしたが、少しづつご飯を食べることができ、家族が面会に来ると尻尾を振るようになりました。

身体は右半身が麻痺している状態で、身体を起こしても右へ倒れてしまいます。
さあ、これからリハビリが始まります。
チャッピーちゃんのリハビリプログラムは
① 使っていない筋肉をほぐしながら、意識させるためのマッサージ
② ゆっくりと左半身へのストレッチ
③ 四肢を正しい位置に戻すための運動
④ ボールを用いてのバランス感覚強化運動
⑤ 使った筋肉を休めるマッサージ
徐々に全身の感覚を意識し出すチャッピーちゃん。自分で身体を支えられるようになってきました。リハビリ開始5日目には四肢を踏ん張って、立ち上がろうとしてくれました!家族の励ましもあり、頑張るチャッピーちゃん。ゆっくりゆっくり右脚にも力が戻り出しました。

なんと、退院する2週間後には支えてもらえれば、ゆっくりと歩くことができるようになりました‼
それからも家族みんなでリハビリに頑張って通ってくださいました。手術から約1カ月後には以前のように元気に歩けるようになりました♪いろんな人に声をかけられて、そんな大きな手術をしたとは思えないくらい元気でビックリされたと家族の皆様からお話をいただきました。家族みんなの笑顔が本当にうれしかったです。

犬、猫のリハビリは大阪の動物メディカルセンター(箕面、茨木、高槻)へお任せください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年11月26日 木曜日

犬、猫の嘔吐は大阪の動物メディカルセンターへ

『少しぐらいの嘔吐と侮るなかれ!!』

こんにちは、動物メディカルセンター高槻の 獣医師 尾崎 です。
今日は「一見元気なワンちゃんが飼い主さんとの問診から膵炎を発見できた」お話をしたいと思います。

ワンちゃんは空腹時間が長い時に少し吐いたり、猫ちゃんは毛玉を吐いたりと生理的な嘔吐ももちろんあります。

ですが1日のうち又は数日間何度も繰り返すような嘔吐は、たとえ本人が吐いた後に普段と変わらなくても要注意です!

ついこの間のことでした。健康チェックで来院したとあるワンちゃんがいました。
「うんち、おしっこはしっかり出ていますか?」
「吐き戻しとか最近気になる体調の変化はありますか?」
と伺った時に、飼い主さんが「昨日数回吐きました、でも元気です。」とのことでした。
現に診察台の上にいるワンちゃんはパタパタと機嫌よさげに尻尾を振っていました。

その後、いつもの血液検査の項目に幾つか加えて検査したところ、異常値が検出され即入院となりました。

どのような項目で異常値が出たかというとAmy「アミラーゼ」という膵臓の酵素を測った項目で異常値が出ていたのです。Amyとは、唾液腺やすい臓からでる消化酵素で、血中には通常わずかしかありません。唾液腺や膵臓の障害で上昇が見られます。ですが、なんと1000以上に上昇しており、膵炎になってしまっていたのでした。

予想はしていましたが入院後すぐに食欲廃絶等の症状が出始めました。しかし点滴や注射による早期の治療が行えたのでその後改善が見られ、数日で退院することができました。

診察台の上では元気だったため、嘔吐していたという情報で追加検査していなければ治療開始がかなり遅れていたでしょう。

少しの嘔吐と侮るなかれ、診察の方針が劇的に変わる飼い主さんにしかわからない貴重な情報です。

嘔吐だけでなく少しでも気になる体調の変化は、診察時に獣医師はもちろん受付の時に伝えていただいても構いませんので積極的にお伝えください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年11月24日 火曜日

【からだの不自由なさくらちゃんのとある日の介護レポ】動物の介護は大阪の動物メディカルセンター

こんにちは。 動物メディカルセンター茨木 看護師松田です。

さくらちゃんは起立困難、高齢による関節炎で関節周囲の筋肉がなくなり、歩行ができない状態です。さまざまな病気を克服してきたさくらちゃんですが、今は上手にお水もごはんも自分では口に出来ない為
看護師が毎日献身的にお世話しています。どうすれば、少しでも苦痛なくご機嫌よく過ごしていけるのか、毎日お世話を通して日々の状態・ご機嫌・排泄の様子・食べ具合をもとに介護ケアしています。そんな介護ケアの一部をご紹介します。

乾いたお口を潤し、まずはお水を
少しずつ「はい・どうぞ」














排尿は圧迫排尿が必要なさくらちゃん。
抑えすぎて痛みがないように優しく!














尿量は必ずチェック。
ペットシートの重さを量っておきます














← 53g
だいたい50ccほど



























お食事は高齢期に対応の低ナトリウム・たんぱく質や
必須アミノ酸が調整された軟らかく消化の良い缶詰を与えています。食べが悪い時はカテーテルチップというシリンジポンプで強制給餌もします。












じっとしていることが多く関節炎もある為、総カロリーの計算もしっかりとおこない体重チェックもかかせません。
















おちついたところで、コミュニケーションタイム。→
マッサージのなでなでが大好きなさくらちゃん。
 関節周囲の筋肉の低下も予防したいところ。
こうしたコミュニケーションで体調変化はないか?
ご機嫌はどうか観察。








気持ち良くて
うたた寝しちゃいました♪














一通りケアが終わって落ち着くベットでおやすみ
モード☆
一番長く過ごす場所の工夫が大切です。













←参考までに
ヤマヒサペットケア Zuutoneずっと一緒にいようね・・・から。シニアライフをサポートする目的として色々な介護ケアグッズを販売されています
関節保護や床づれを予防します。












状態にあわせてお世話する事、もしこの子が大切な家族の一員であるなら・・・
出来る治療とケアをドクター・スタッフ一緒になって考えています。
犬、猫、動物の介護は大阪の動物メディカルセンター(箕面、茨木、高槻)へお任せください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年11月19日 木曜日

薬浴というシャンプー方法

こんにちは動物メディカルセンター高槻のトリマーの楯川です。
今日は、薬浴についてのお話をしたいと思います。

季節の変わり目、多く見られるのが皮膚のトラブル・・・
膿皮症、アレルギー、アトピー、さまざまな症状があります。
診察での内科的治療は勿論(お注射や、お薬)、平行して外側からの治療方法としての薬浴シャンプー、当院の看護師、トリマーがしっかりと治療のお手伝いいたします。
まずは獣医師の判断の元、一頭、一頭に合った薬剤の入ったシャンプーを使用します。
シャンプーの前には、ぬるま湯で全身の汚れを十分に落とすのがポイントです。
汚れや、ほこりをしっかり落とした上、皮膚に薬剤を浸透させます。
そこで重要なのが、シャンプーをしっかりと流す事です。薬剤が残ってしまうと、そこから痒みや、炎症が悪化してしまうことがあります。
すすぎはしっかりと。
そして、シャンプー後のドライイングは、基本しっかりとタオルドライを行います。



ドライヤーを使用する際は、送風で乾かします。
温風を使用してしまうと、熱によって血行が良くなり痒みが増してしまうからです。
週に一回~、二回。または、二週間に一回の間隔で薬浴を行う事によって内科的治療と、外科的治療で早くに症状が改善されます。
皮膚の疾患はある程度の期間が必要です。
しっかりした知識を持った、大阪(箕面、茨木、高槻)の動物メディカルセンターのスタッフにお任せください。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年11月16日 月曜日

ペットの誤食に注意しましょう!!犬、猫が誤食した場合は大阪の動物メディカルセンターへ!


こんにちは。動物メディカルセンター茨木の堀部です。

今日はお家での事故についてお話したいと思います

「うちの子が、異物を食べた!!」 と焦って来院される方が多いですが
お家の子は大丈夫ですか??
 
とくに、
仔犬や仔猫のうちは、遊びに夢中になり食べてはいけないものを食べてしまったりする
ケースがあります。


誤食したと思ったらすぐに病院に連絡してください!!
誤食してしまったとき、飼い主様が自分で対処するには危険なものもあります。たとえば、尖った異物は無理に吐かせると内臓を損傷することがあるため、レントゲンで確認してから内視鏡で取りだす方法や開腹手術などで異物を取り出すこともあります。

誤食を防ぐには飼い主さんの「しつけ」と「整理整頓」が大切です。
大阪の動物メディカルセンターでは、仔犬の幼稚園からワンポイントしつけなどもしております。

小さな心配が大きな問題にならないように、スタッフ全員でサポートさせて頂きます。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL