• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2015年1月29日 木曜日

小型犬の股関節形成不全

みなさん、こんにちは。
動物メディカルセンター、統括院長の北尾貴史です。

みなさんは「股関節形成不全症」という病気をご存知でしょうか。
大型犬、特にゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーを飼ってらっしゃる方はよく知っている症状かもしれません。

股関節の発育・成長の異常で、簡単に言ってしまうと、太ももの骨(大腿骨)がはまるはずの骨盤のへこみが浅いままになってしまう疾患です。
痛みをともない、後ろ足の動きや座り方に異常が出てしまいます。

最初にお話した通り、大型犬に起こりやすということは、比較的多くの飼い主さんに認識されるようになってきています。しかし、小型犬だから絶対にかからないというわけではありません。そのことをしっかりと認識していただきたいと思います。

小型犬でこの病気が発見されにくい原因として、成長期の診断が難しいということもあるのですが、「膝蓋骨内方脱臼」の方に気を取られているケースが多いからではないかと思います。
膝蓋骨内方脱臼は、ひざのお皿が内側に脱臼してしまう症状ですが、この膝蓋骨内方脱臼の進行原因に股関節形成不全症が隠れているタイプが多い傾向にあります。

股関節形成不全の発見が遅れると、「変形性関節症」という病気に進行してしまいます。
すべての犬種に言えることですが、中でもトイプードル、チワワ、ヨークシャテリア、パピヨン、ジャックラッセルテリアなどの犬種は注意が必要です。
犬に異常があれば、できるだけ早く見つけてあげることがなによりです。定期検査を受けるなどして、ワンちゃんの快適な生活を守ってあげましょう。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年1月20日 火曜日

犬の体の正常値(体温・呼吸数・心拍数)

みなさん、こんにちは。
動物メディカルセンター、統括院長の北尾貴史です。

大人のみなさんは、自分の調子が悪いときすぐにそれに気付くことができます。小学生くらいの子どもでも「お腹が痛い」などと周囲の大人に伝えることができるでしょう。
赤ちゃんの場合はどうでしょう。言葉も話せませんので、ただただ泣くことしかできません。ですから、パパやママが察してあげないとなりません。

これは、赤ちゃんだけでなく、皆さんの飼っている犬たちも同様です。
では、犬の平熱ってどのくらいかご存知ですか?
こういった数値を把握しておくことで、大切な家族であるワンちゃんを守ることができるかもしれません。

犬の体温は38度から39度くらいと、私たちより高めです。
病院では体温計を肛門に入れて、直腸で体温を計ります。自分でやるのはちょっと怖いかもしれませんので、普段から毛の少ない場所、例えば耳の内側などを触って、「このくらいの温かさ」と覚えておくといいでしょう。

ほかの数値で言うと、呼吸数は1分間におよそ20回から30回程度です。
犬が落ち着いている状態で、お腹に触ってみたり、口や鼻の前に手をかざして数えれば、簡単に調べることができます。

心拍数は、犬の大きさによって変わります。
大型犬だと1分間に60回から90回くらい、小型犬で120回前後です。
両手で犬の胸のあたりを包むように触ると、鼓動を感じることができると思います。

これらの数字はあくまで基準値です。
もちろん個体差がありますので、健康なときにそれぞれのワンちゃんの正常な数値を計っておくと、いざというときに役に立つでしょう。
病気になってから慌てるのではなく、普段からすぐに異変に気付けるように準備しておくことが大切なのです。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年1月14日 水曜日

犬の食物アレルギー性皮膚炎

みなさん、こんにちは。
動物メディカルセンター、統括院長の北尾貴史です。

みなさんは、アレルギーってありますか?
アレルギーの代表選手、花粉症に悩まされている方は多いことでしょう。
ほかにも、食べ物のアレルギーというのも少なくありません。タマゴがダメだったり、エビやカニなどの甲殻類がダメだったり。

実は、犬にも「食物アレルギー」というのは存在します。
しかも、皮膚の病気の原因としては多いものの部類に入ります。
多くの場合、3歳未満の若い犬に発症しますが、10歳くらいまでの犬でも症状が出る場合があります。
症状としては、人間と同じで皮膚のかゆみが顕著。口の周りや耳、足先、背中、肛門の周りなどに多く出ます。

原因となる食べ物は、タマゴ、大豆、乳製品、トウモロコシ、小麦など、代表的な人間のアレルゲンと同じようなものから、牛肉や鶏肉などちょっと珍しいものまで様々です。
また、ひとつだけでなく複数の食物に反応してアレルギー症状が出る場合もあります。

治療法のひとつとしては、「除去食試験」と「食物不可試験」があります。
基本的には、アレルゲンを特定して、それを与えないようにすればいいわけです。そのために、除去食試験ではアレルギーの犯人であろう食物が含まれていない療法食を食べさせて症状の変化をチェックします。
その後、今度はアレルゲンと思われる食物の入った食事を一種類ずつ与えて様子を見ます。
こうして、その犬にとってなにが良くない食べ物なのかを判断していくのです。

犬からしてみれば、急に食事が変わるので戸惑うこともあるかもしれませんが、飼い主さんとともに根気よくやっていくことが大切です。そのうちにワンちゃんも「そう言えば最近かゆくならない!」と気付いてくれるかもしれません。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年1月 7日 水曜日

犬の咳

みなさん、こんにちは。
動物メディカルセンター、統括院長の北尾貴史です。

日に日に寒さを増して、もうすっかり冬ですね。
風邪の流行る時期ですが、飼い主の皆さんは体調は大丈夫でしょうか?

いわゆる「風邪」というのは、正式には「風邪症候群」と言います。
鼻やノドなどの上部呼吸器の炎症や発熱、鼻水やノドの痛み、それに咳などの症状を示す病気の総称なのです。

今日のテーマは、その症状のひとつである咳です。
飼い主のみなさんはすでにご存知でしょうが、犬も風邪をひきます。風邪にかかった犬は、私たちと同様に咳をすることがあります。
ただ、この咳の原因は風邪だけとは限りません。

咳の出る代表的な病気はいくつかあるのですが、病気によって咳の仕方や一緒に出る症状が違います。
例えば、細菌、ウィルス、真菌などが原因となる感染症。
この場合、昼夜を問わず乾いた咳を持続的にするという特徴があります。子犬や同居犬にうつってしまうことも少なくありません。
フィラリア症でも同じような咳が出ますが、こちらはフィラリア予防をしていない犬だけがかかり、腹水や黄疸といった症状も出ます。

心臓病にかかると、ポンプが弱くなってしまうわけですから、全身への血流が悪くなります。これによって肺水腫が引き起こされ咳が出ます。この場合は、夜中から朝方にかけて湿った咳をする傾向にあります。
散歩の途中で座り込んでしまったり、末期になると安静にしていても咳が出て、舌の色が悪くなるといったことも出てきます。

このほか、小型犬に特に多い気管虚脱と呼ばれる気管の病気では、興奮時や気温が高いときに“ガーガー”と聞こえる咳が持続的に出たりします。
このように、病気によって咳の種類やタイミングが違ったりします。命に関わることもありますので、注意深く見守ってあげてください。そして、早期発見・早期治療を目指しましょう!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL