• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2017年4月22日 土曜日

『イヌの社会化期』

こんにちは。
動物メディカルセンターグループ獣医師の岩木です。

今回は、私の新しい家族『もぐ』のお話をしようと思います。
モグは、2ヶ月のラブラドールレトリバーの女の子です。少しやんちゃで甘えん坊な性格です。


         

北大阪ペットメディカルプラザに毎日一緒に通勤しています。子犬の2ヶ月から4ヶ月は社会化期にあたるため、色んな人や動物、ものに触れ合って欲しいと考えるからです。

犬の社会化期とは、外界からの刺激を受けて犬が人間社会に適応していくための大切な時期です。この時期に受けた様々な刺激は、今後の犬の性格や行動に大きな影響を与えます。つまり、この時期に犬の性格が決まるといっても過言ではありません。

さらにこの時期は、恐怖心よりも好奇心の方が勝るため、刺激に対して前向きに捉えてくれます。もぐには、色んな人や動物に対して過剰に怖がらないようにこの時期から慣れてもらおうと毎日一緒に通勤しています。

    


北大阪のスタッフの皆さんのおかげで人間大好きな性格になってきています。またお座りやトイレトレーニングも出来るようになりました。

    



さらにこの時期に大切なのが、似た月齢の子犬たちと遊ぶことです。無邪気なこの時期に一緒に遊ぶことで自分の噛む力加減などを覚え、他の犬とのコミュニケーションを学びます。
繰り返しになりますがこの時期に子犬同士で遊ぶことはとても大切なのです!


    



しかし、似た月齢の子達と出会うことや遊ぶ機会はとても少ないのが現状です。

動物メディカルセンターグループでは、社会化期の子犬同士でコミュニケーションがとれる場をつくり、さらに専門家による社会化期の適切な過ごし方をお伝えする場(子犬幼稚園)を行っております。

・はじめて犬を飼って不安な方
・インターネットの情報が多すぎてどれが正解かわからなくなってしまった方

大事なこの時期には、ぜひ動物メディカルセンターの子犬幼稚園に参加しましょう!







次回のブログ更新予定は、5月13日予定です!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年4月 8日 土曜日

春の愛犬撮影会

こんにちは!動物メディカルセンター箕面病院 動物看護師中村ですhappy01

春ですねcherryblossom
朝晩の寒暖差が身に堪えますが、日中はすごく暖かで、お散歩日和ですよね。先日、私は愛犬と枚方市の芝生広場へ行ってきましたrun

その日は友人がイベント『愛犬撮影会』を開催し、私は今元気なうちに愛犬と一緒に撮ってもらおうと思い参加してきましたnote

その日は朝から晴れたり、曇ったりでしたが雨も降らず、桜もほぼ満開でとても良いピクニック日和でした。

プロのカメラマンさんに「わんちゃんとゆっくり歩いて、こっち見ながらお願いしま~す」の声掛けに少し照れながらhappy02桜並木の中を愛犬優(ユウ)ちゃんを抱っこしながら歩き、たくさん撮影してもらいました。途中、芝生の中でお座りしたり、桜の匂いを嗅いだりしている姿も撮影してもらいました。

私の優ちゃんは今年で18歳になります。もう歩くこともできず、立ち上がることもできません。なので、久しぶりに友人たちとそして他のワンちゃんたちと会い、土の匂いや草木の香りに嬉しかったようで、優ちゃんは一生懸命目を大きく開けて、キョロキョロ見回していましたeye久しぶりにゆっくりと愛犬と過ごせた休日でしたconfident

年をとったから、歩くことができないからという制限はワンちゃんにとって、寂しいのかもしれません。
優ちゃんは昔のように色んな所へお散歩に行きたいそうですflair
なので、わたしもいろんな工夫を凝らして優ちゃんと一緒にお散歩しようと思います。とりあえず、新しいお散歩バギーも購入したのでまずは近所の散歩に繰り出そうと思いますheart02

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年3月25日 土曜日

第6回ペットフォトコンテスト開催報告☆

こんにちは、動物メディカルセンター茨木 看護師の塩見です。

毎年恒例のペットフォトコンテスト、今年も大好評でした!!
26組の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

今年のテーマは・・・
『この1年はどんな写真をトリ(撮り)ました!?
    ~みんなのベストショット!!~』
でしたsign03

ご家族からの愛情がたくさん伝わってくるお写真ばかりで、
見ているだけでほっこり暖かい気持ちになりましたconfidentheart01

ご覧いただいた方々からも、"かわいい~"や"幸せそうなお顔"、
"こちらも嬉しくなりました"など、嬉しいお言葉をたくさんいただいております!


では、ここで結果発表ですsign03sign03
ジャカジャカジャカジャカジャーーーーン!


第3位(同票で2組)

●さくらちゃん『私の特等席』  ●ランちゃん、マリちゃん『家族写真』



第2位

●チャーミーちゃん『スパーマンチャーミー♪』



第1位

●プリンちゃん『祝!13歳』


~入賞おめでとうございます!!~


どれもすっごく可愛いですよね!
入賞されなかったお写真も素敵な物ばかりでしたlovely

応募・投票・ご覧いただいた皆さま、ありがとうございました!!
また次回の開催をお楽しみにshine


次回のブログは4月8日(土)更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年3月11日 土曜日

キャットフェス

こんにちは。北大阪ペットメディカルプラザの看護師の五之治です。
今回は先月の2月5日(日)に大阪城・城見ホールにて開催されました「メディマルフェスタ2017キャットフェス」の様子をお話します。
当日は私たち北大阪ペットメディカルプラザも猫に優しい病院を目指している病院としブースを出しました!

当日の雰囲気としては、さすが「キャットフェス」というような感じでキャットショーや猫用のグッズ、キャットタワーなど猫ちゃんや猫ちゃん好きの方のためのイベントとなっていました!

   


当日はもちろん北大阪ペットメディカルプラザの看板猫チャンプくんもイベントに参加!
いつも病院でもたくさんの方に可愛がってもらっているチャンプくんだけあって・・・さすがです。ここでもたくさんの方に可愛がってもらっていました!これぞ招き猫!

      

そして猫ちゃん先生こと小松副院長による猫の病気についての講演も行いました。このイベントに来場されている方は猫ちゃんと一緒に暮らしている方がほとんどでしたので、小松先生の話した内容をメモにとっている方や、スライドを写真におさめている方などが見られて、お家の猫ちゃんのことをとても大切に想っているというのが伝わりました!

         

そしてブースでは猫ちゃんの飼いかたや病気のことなどを相談できるドクター相談室を開き、診察室などでは聞きにくい質問などもお話しやすかったようで、大好評でした!

        
今回のイベントでたくさんの方とお話できたことで、猫ちゃんに対する悩みや想いも身近に聞く事ができ、自分自身とても刺激をうけました。今後はさらにそういったオーナー様の想いも感じ取りながら不安を解消していける、そんな病院でありつづけたいと思います!
そしてチャンプくんはこの日の夜、たくさんの人に可愛がってもらい幸せ疲れでぐっすりでした*


       


次回は3月25日に更新予定です!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年2月25日 土曜日

椎間板ヘルニアのリハビリ

こんにちは。動物メディカルセンター(箕面病院)看護師田中ですhappy01

今日は椎間板ヘルニアのリハビリについてお話ししたいと思います。

特に多い腰椎ヘルニアの手術をしたワンちゃんのリハビリをご紹介します。
モデルはダックスフンドのバロンちゃんです。
ダックスフンドは、もっとも椎間板ヘルニアになりやすいといわれています。
バロンちゃんは急に後肢が立たない動かない。
という主訴で来られました。

まず一般身体検査で麻痺の状態を診て、レントゲンを撮り、椎間板ヘルニアの疑いがあったので、次の日にCT造影検査で圧迫の程度や部位の確定をしました。
そしてその日に手術を行い、神経の圧迫部位を取り除きました。

リハビリは術後3日までは患部の炎症を引かせてさらに疼痛緩和のため冷やすことから始めます。
次にマッサージ、ストレッチ、補助して立たせて足を正常な位置にし立つ感覚を取り戻していきます。
そして関節を動かしていきます。関節は動かさないと固まってしまい、筋肉も衰えてきます。
自分では動かせないので私たちが自転車を漕ぐように動かしてあげます。
そして後肢に少し負荷をかけるため、前肢を少し上げます。
そうすることで筋肉が減るのを防ぐことが出来ます。













立たせた状態でキープ
出来るようになったら、バランス運動を行います。これはバランス力を鍛え筋肉をつける為に行います。



歩けるようになったら、足の上げ下げをスムーズに、しっかり出来るように、キャバレッティレールの上を歩きます。



患部の炎症が引けば水中トレッドミルで泳ぎます。陸上で動かすよりも浮力があるので足の負担が少なく効果的です。
水中トレッドミルは徐々に水の量を減らし、しっかり歩いていくことで、筋力をUPさせることもできます。



バロンちゃんは、リハビリが始まるときは、いつもお腹を見せコロンと転がってシッポを振ってくれます。
とっても可愛いです。リハビリ中はご褒美のフードを食べ頑張っています。






リハビリはその子その子の性格、症状にあったプログラムを考え行っています。当院では診断、治療、リハビリまでトータルケアを行っております。
椎間板ヘルニアは発症部位によって症状も麻痺の程度も様々です。
そしてもし突然何か後肢がおかしい。と感じたらすぐ病院に連れてきてください。

何かお困りの事があればいつでも何でもご相談下さいhappy01

次回は3月11日(土)更新です♪



 

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL