• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年8月 8日 土曜日

花火の日に思うこと

こんにちは、高槻病院の獣医師宮嶋です。

長い梅雨も明け、日々猛暑の中、マスクの着用が大変になってきました。
私たち動物病院のスタッフは、コロナ禍以前からマスクを着用することが多くあります。手術に際するだけでなく、沢山の動物と接し、スタッフによっては、ウサギさんやネコちゃんにアレルギーがあって、マスクをすることがあります。実は、私自身もペルシャ系の長毛のネコちゃんに接したときにだけ、なぜか鼻水とクシャミが止まらなくなることがあります。
今の季節は、屋外でのマスクの着用は、本当に気を付けなければなりません。ワンちゃんのお散歩の際には、ワンちゃんだけでなく、くれぐれも飼い主さんも水分補給をしながら、状況に応じてマスクの着脱をして、お散歩に行ってくださいね。

今日8月8日は、毎年私が楽しみにしている地元での花火が行われる日でした。
今年は実施されず、本当に残念でなりません。




当院でのコロナ対策として消毒や換気以外に、大きく変わったことは、予約診療を取り入れ、病院内や車内で分散して、診察順を待っていただいていることです。
待合室は、以前は雑誌や資料を置いて、テーブルを囲んで椅子を配置していたのですが、少し殺風景になりました。

       


高槻病院では、フロアの広さがあり駐車場も広いため、分散していただけているかとは思いますが、感染者の増加する中、出来るだけ最小人数でのご来院を改めてお願い申し上げます。
コロナ終息後、これまでと違う新たな社会に変化しているかと思いますが、これまでと同じように花火を心から楽しめる日を願い、今を過ごしていきたいと思っています。




次回、8/22に更新予定です!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年7月25日 土曜日

お出かけの時に役立つグッズや気をつけたいこと

こんにちは、動物メディカルセンター箕面 動物看護師 大盛ですhappy01

7月に入っても雨続きな日々が続いていましたが、少しずつセミたちも鳴き始め例年より遅れての夏本番が感じられるようになりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
夏の暑さにめっぽう弱い私despairですが、毎年この時期になると旅に出たい衝動に駆られます。
(なにを隠そう私はメディカルスタッフきっての(?)一人旅好きなのです...sign01)
ですが今年は新型コロナウイルスの影響で一人旅は完全自粛モードに...
最近はGoogle のストリートビューを利用して全国津々浦々旅に出て(出た気になって)いましたが、先日足を延ばして三重県・伊勢神宮に参拝してきました。



少し蒸し暑さを感じる日でしたが、多くの方が参拝に訪れていました。
内宮・外宮まで道ではペットちゃんたちと歩かれている方も多く見かけ、ペットちゃんたちもカートや抱っこされ楽しそうにお散歩していました。


近年ペット同伴での観光や宿泊できるスポットが増え、ペットちゃんと一緒におでかけされる方も増えてきたように感じます。
今回はそんな楽しいお出かけの時にこそ役立つグッズや気を付けたい事についてご紹介します。

oneペットボトルがお手軽保冷剤&冷た~いお水が飲める水筒に変身!
これは実際に私自身も旅先で使うライフハックです。
ペットボトルで保冷剤を作られる方も多いと思うのですが、ちょっとひと手間加えるだけで2つの利用法ができます。
作り方はいたって簡単!


通常、ワンちゃんたちはパンティング(ハァハァといった呼吸)で体からの熱を逃がしていますが、その際に体内の水分も失っています。
特に夏場はパンティングが増え脱水しやすくなるため、熱中症のリスクが上がるのです。

代わって「猫ちゃんたちは涼しいお部屋で過ごしているから大丈夫」...いえいえ、実は室内暮らしの猫ちゃんも熱中症のリスクは十分あります。
猫ちゃんの中でも冷房の効いたお部屋が苦手な子は、冷房から逃れてわざわざ暑い所に移動しているうちに熱中症になっていたなんて子もいます。

そのリスクを減らすためにも室内屋外問わずこまめな水分補給が必要です。
このペットボトル保冷剤をタオルに巻いてケージ内に入れておけばお部屋でも移動中でも快適に過ごせますし、
外出先で程よく冷えたお水を与える事ができるのでぜひお試しあれsign01

熱中症についての詳しいお話は当院獣医師盛岡のブログ
http://www.doubutsumedical.com/blog/2019/06/post-136-1468936.html

水分補給のコツについては当院看護師竹下のブログ
(http://www.doubutsumedical.com/blog/2020/01/post-150-1483160.html)を併せてご覧くださいnote

two冷感素材グッズや薄手の服を使う
ペットちゃんのお洋服でも冷感素材のものも増えてきているようです。
夏場にお洋服は暑いと思わるかもしれませんがきちんとメリットもあります。
水にぬらすタイプだと涼しさを感じられるだけでなく、気化熱の仕組み応用して体の熱が逃げやすくなるのです。
また、短毛種の子であれば紫外線による肌ダメージを和らげる事が期待できます。
お洋服が苦手な子は冷感素材のタオルや凍らせた給水タオルを首に巻くのもおすすめです。

three忘れてはならない『小さい彼ら』の予防!
夏だからこそ山や川などの避暑地に訪れたいもの。
そしていつものお散歩も夜の涼しい時間帯を選ばれる方も多いのでは。
そんな飼い主さまの気持ちを狙ったかのように忍び寄る影があります...
それは...!『ノミ』と『ダニ』です。
毎年春にフィラリア予防と一緒にお伝えしているノミダニ予防。
このノミダニが特に猛威を振るうのがこの夏の時期なのです!
たかがノミとダニ、されどノミとダニ。この小さな猛威に侮るなかれ...彼らは寄生のみならず時には死に至る病気を運んでくる事もあります。
楽しいお出かけを悲しい惨事にさせない、ヒトや同居の子、他のペットちゃんたちに「移らない・移させない」ためにも、正しい予防が必要です。


当院ではその子のライフスタイルに合わせたノミダニ予防薬を処方しています。
今年の春の予防はもうお済みですか?
まだの方はお早めに予防診察のご予約をお願い致します。

ちなみにノミダニ予防についてのブログは当院獣医師尾崎のブログ
(http://www.doubutsumedical.com/blog/2018/05/post-113-1437658.html)
も併せてご覧ください♪



少しでも皆さまの快適なサマーライフの参考になりますようにheart04

次回のブログ更新は...8月8日(土)です...flair

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年7月11日 土曜日

内視鏡の日 その2

こんにちは。動物メディカルセンターの獣医師 盛岡です。
今年もやってきました!7月14日(ないし)は『内視鏡の日』です!

以前もお話しましたが、『内視鏡の日』はヒトの医療において制定されたものです。内視鏡は動物でも応用され活躍しています。
その内視鏡の日に因んで前回3年前の2017年6月24日には、オモチャを誤って飲み込んでしまったワンちゃんに対して内視鏡を使ってオモチャを摘出したお話を紹介しました(こちらの記事もまだ読んでいらっしゃらないなら是非ご覧ください!)。今回は内視鏡で胃のポリープを発見し、生検(病変部の一部を採取すること)・診断を行ったワンちゃんのお話をしようと思います。
今回来院したのはダックスフンドさんです。嘔吐の後に立てなくなり夜間の病院に掛かられ、翌日当院に受診されました。翌日には立てるようになったそうですが食べたそうにするが食べれない、水やご飯を食べると吐いてしまう、お腹が張っているとのことでした。
検査を行うと、胃の中に食べた食事が充満しており、それが数時間経過しても胃から小腸へ流れていかない状態でした。

これがその時のバリウム検査のレントゲン写真です。一日たっても胃の中にバリウムが残っています。

胃の運動性には問題はないのにもかかわらず、この様な異常があったため、胃の出口である胃幽門部において狭窄させる病変や異物が詰まっている可能性を考えて内視鏡検査を行うこととなりました。

全身麻酔をかけて、内視鏡を胃の中に入れた所です。胃の中には食べたサツマイモが少し残っていました。

次に幽門部を確認しています。幽門部にポリープがありました。表面がポコポコしています。幽門部にポリープがあることで胃の出口がとても狭くなっていました。そのため通常なら内視鏡は胃の出口を通過し小腸も確認することができるのですが、この子の場合は胃から小腸に内視鏡を入れることができませんでした。

続いてポリープに向かって生検鉗子(病変部の一部を掴んで採取する器具)を伸ばしています。

ポリープを鉗子で掴んで引っ張り、組織を採取しました。

採取したポリープの組織は病理組織検査に提出して診断を行いました。結果は「炎症性ポリープ」であり、良性の病変でした。これらのことから幽門部の炎症性ポリープによる幽門狭窄症と診断しました。
胃の病変は良性ではありましたが、このポリープが影響して流動食を少量ずつでしか食べることができず、さらに嘔吐が続いたことで、徐々に体重が減ってしまいました。そのため、飼い主様には手術によるポリープの摘出を提案しました。16歳と高齢のダックスフンドさんでしたが手術は無事に成功しました。
その後は順調に回復し、今では自分からご飯もしっかり食べられるようになり、体重も元通りになりました。

このように、病変部を肉眼的に確認し、病気の確定診断まで至るのに内視鏡は非常に有効でした。そして最適な治療に繋げていくことができたと感じています。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年6月29日 月曜日

精巣が・・・!?

こんにちは
動物メディカルセンターの獣医師 高橋です。
うちの家族のトイプードルの「そら」
      
    走る!           寝る!        見る!
     
と、元気な男の子です。                              

元気な男の子なんですが、
男の子としての疾患があります。それは・・・


                             精巣が1個しかありません 


『陰睾(いんこう)』といわれるものです。                       
本来なら2つ降りてきて袋「陰嚢」の中に納まるのですが、それがお腹の中「腹腔」や股の部分「鼠経(そけい)」
に留まって降りていない状態をいいます。遺伝的疾患であり、腫瘍化するリスクが高く、手術検討となります。
精巣は基本的には2カ月齢までに正常の位置に来ますが、遅い子は6カ月かかるときもあります。


そら君は9カ月齢なのですが、触診すると鼠径部に精巣が確認できました。         
超音波(下図)でも確認できました。




鼠径の位置は?ということで、仰向けの図になります。
※画像の子は女の子になります
                
鼠径部(上図の赤丸)は太ももの付け根にあります。
精巣がここにある場合は触診可能です。
赤字四角が正常な精巣の位置です。

お腹の中にある場合は超音波で診断可能です。
加齢とともに気づかないうちに巨大化していることもあります。
おうちの子で精巣が一個しかなければ、『元々ない』というよりもお腹の中にある可能性が高いですので、診察へお越しください。

そら君は乳歯が残っていたり、膝のお皿(膝蓋骨)が外れやすかったりと他にも治療していかなくてはならないところがあります。
同じ悩みを持つ皆様、ぜひご相談下さい!




動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=_USVfO2OBWA&feature=youtu.be

>>続きを読む

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年6月16日 火曜日

リハビリ受けてきました!

こんにちは。動物メディカルセンター:行動診療科&リハビリテーション担当の小池です。

先日、朝起きて着替えようとした時のことです。

『ピキーッ!!!』と左肩に衝撃が走りました!

思わずうずくまること数分・・。
恐る恐る、左手を前方から上に挙げていくと、90度程しか挙がりません。
やっちまったー!!
これは間違いなく、世間で言うところの『○十肩』。
痛みは日に日にひどくなっていき、安静時や夜間も痛くなってきたので、整形外科医院(人の病院です)へ行きました。

ひととおり検査を受けて、診断はやっぱり『肩関節周囲炎』= 『○十肩』でした。
「注射する前に痛み止めとリハビリで様子を見ましょう」ということでしたので、人の世界のリハビリを経験できるチャンス!とワクワクしながら、リハビリの予約を入れました。
そして、現在4回ほどリハビリを受けたので感想をお伝えしようと思います。

まず、先生からリハビリ必要との指示書が出て、担当の理学療法士さんが決まりました。(若くて可愛い女性です。)
一番最初にすることは、リハビリ計画書の作成です。
どこが痛いか。
どのような時に痛いか。
日常の動作について。
痛みの程度。
可動域の測定。
などを調べて、メニューを決めます。

あら、やっぱり動物の場合と一緒ですね。

動物メディカルセンターでも、最初に獣医師の診断が必要で、治療の一環としてリハビリの指示が出ます。
そして初回、リハビリ計画書を作成するために、
可動域の測定
筋肉量測定
起立姿勢
オスワリの姿勢
歩き方(常歩と速歩)
痛みの有無
などを確認します。

動物の場合は、本人が直接困っていることを話してくれないので、飼い主さんからの情報と客観的な行動の観察によって、状態を把握し、リハビリ目標を立て、細かいプログラムを作成します。

 
一方で、大きく異なっているところとしては、人の場合、言葉で説明されて理解し、能動的に必要なリハビリテーションエクササイズをすることが可能ですが、動物の場合はそうはいきません。
その子の性格に合わせて、ごほうびなどを使いながら、気分を盛り上げながら楽しく必要なエクササイズを行う必要があります。
そのために、バランスディスクやボール、ハードルなど、様々な道具を利用します。
また、歩行訓練では、通常の歩行以外に、陸上トレッドミルや水中トレッドミルなどで、歩行スピードや坂の角度なども目的に合わせて設定します。


回数を重ねると、最初は警戒していた子も少しずつ心を開いて、リハビリを楽しみにきてくれる感じになります。
そして、そんな愛犬・愛猫が頑張っているところを見て、飼い主様も頑張って通い続けてくれるのかなと日々感じています。

動物たちはみんな素直で純粋なので、慣れてくるとストイックなほどに頑張ってくれます。
その中で、前回できなかったことが出来るようになると、飼い主様や施術している私自身が感動するんですよね。はあ~。(思い出してまた感動している。)


ところで、私の受けているリハビリは、理学療法士さんが動かしてくれる徒手リハビリと、自分で行う運動療法、電気治療、温熱療法です。
動物に比べて、腕の動かし方がすごく細かい。

これは、動物の場合にもうまく取り入れられたらと思いました。

もっとピンポイントでのストレッチや可動域運動が出来たら、効率も良くなりそう。
あとは、それをどうやって動物が嫌がらないように、喜んで受け入れてもらえるか、これからも試行錯誤しながら、より効果的で楽しく気持ちの良いリハビリを提供できるように心がけたいと思います。

というわけで、私の○十肩のリハビリも、もうしばらく通って勉強させてもらうつもりです。

読んでいただいてありがとうございました。
行動診療科
リハビリテーション科 CCRP
小池 美和

★次回のブログ更新は6月27日です。★

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31