• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2018年1月13日 土曜日

「おっ!こんなところに糸があるぞ♪」この後、とんでもないことに...

こんにちはpaper 動物メディカルセンター箕面 獣医師の上田です。
先日、"えずき"を主訴に来院した猫ちゃんのお話ですcat

えずく時って、どんな時だと思いますか?
パッと思いつくものだと、咳をしすぎた時や何かを吐き出したい時などでしょうか。
この猫ちゃんは口を気にしている様子でした。きっと何かを吐き出したかったのでしょう。まずは口の中を見ようとしましたが、おとなしく口を開けてはくれませんでしたので、レントゲン検査を行うことにしました。
そして、映し出されたレントゲン像を見て、思わず声が出ました。

「ワオッsign03



喉の位置に針のようなものがあるじゃありませんかsign03(上写真矢印)
鎮静をかけて、実際に口を開けてみると、

sign02   
                                                  ↓
あったsign03  針が喉の奥に刺さってるsign01


痛たたたsweat01
見ているこっちが痛くなりますが、実際に痛い思いをしているのは目の前の猫ちゃん。早く針を取り除いてあげなければ dash

 針には糸がついていたので、糸を掴んでそぉーっと引っ張ります。

 ← 針がでてきました。
 ← 出てきた針です。

口の中を傷つけることなく、無事に針を取り除くことができました。
良かった~note happy01


猫は糸が好きな動物なので、この猫ちゃんは、たまたま見つけた糸を舐めていたら針が付いていて、思わず飲みこんでしまったのでしょう。糸付き針を飲み込んでしまう猫ちゃんはたまに見受けられます。

今回のケースでは、針は口の奥に刺さっていたので、軽い鎮静をかけるだけで取り除くことができました。誤食した物によっては、吐かせる処置をすることもあれば、内視鏡を使うこともあります。しかし、それらで対処できない場合はお腹を開けなければなりません。
猫に限らず犬もそうですが、誤食は私たち人間が気をつけていれば防げるはずの事故です
今一度、ペットたちの視線になって、口に入りそうな物が届く所にないか、チェックしてみてください。

次のブログの更新は1/27です。お楽しみにgood

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年1月 1日 月曜日

あけましておめでとうございます 2018戌年

新年あけましておめでとうございますfuji

天候に恵まれたお正月になりましたsun
今年は戌年、12年に1度のワンちゃんの年ですねdogdog
動物メディカルセンター箕面はお正月診療も行っていますので元日も出勤スタッフがたくさんいます。
お正月診療は午後からですので、午前中のうちに少しだけお正月気分です。
新年の挨拶を交わし、近所の神社へ参拝して一年の無事を祈願しましたconfident


入院やホテルの子たちはお正月に関わらず私達のお世話を待っているので、
新年初の声を掛けつつご飯を用意したりトイレのお世話をしたり、いつもの日常の始まりです。
今年も飼い主様と動物たちが元気で幸せな時間を過ごせるよう 私達が力になれるよう頑張りますrock

今朝の澄み切った青空のように、皆が健康で笑顔あふれる毎日が続く年になりますように!!

 院長が手にしているのは破魔矢です

次回の更新は1月13日(土)です、お楽しみに!




投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年12月23日 土曜日

強制給餌の方法

こんにちは。動物メディカルセンター茨木 看護師の塩見です。
今回は『自分でご飯を食べられない子の給餌方法』についてお話します。

体調不良や病気などが原因で、食欲がわかなかったり、食べる気力がなくなってしまう子達がいますdespair
そのまま何日もご飯を食べないでいると、一気に体重が落ち、どんどん弱っていってしまいます。
そんな時は状況に応じて、私たち飼い主がご飯を食べさせてあげる必要がありますeye

当院へ通院されている動物たちの中にもそのような子は少なくありません。
病院にいる間は看護師が食事を食べさせることができますが、
お家ではどうやって食べさせればいいのか分からないsign01嫌がって暴れるsign01飲み込んでくれないsign01など、
苦戦されているお声を良くお聞きしますので、少しでも参考にして頂ければと思いますhappy01

【準備して頂くもの】

      

・カテーテルチップ      ・シリンジ各大きさ
(強制給餌用のシリンジです。
フードが通りやすいよう先端が太くなっています。)


・口周りを拭く用のタオル
・嫌がる子はエリザベスカラーやバスタオル

【方法】

基本的には流動食や缶詰など飲み込みやすいフードを使用しますrestaurant
ドライフードを使う場合は芯が残らないようにしっかりふやかすと、シリンジを通す事が出来ます。



《シリンジを使用して行う場合》
・顔を軽く固定して、口の中にシリンジの先を入れ、フードを"少量"流し込みます。





《手で行う場合》
・指に少しフードをのせて、上顎になすりつけます。





【注意点】
・1回の時間は、長くても15分以内に終えましょうsign01
長時間すると疲れてしまう為、嫌がったりして時間がかかる子は
短時間を頻回にしてみて下さいflair

・はじめは少量からスタートし、食べられそうなら少しずつ増やしましょうsign01
はじめから一度にたくさん食べさせてしまうと、苦しくなって嘔吐してしまう事があります。
少しの量から始め、しんどくなく食べられそうなら徐々に1回量を増やしていきましょうflair

・無理はせず、しんどくなる前に終わりにしましょうsign01
はじめは嫌がっていても、毎日続けていくと飼い主様も慣れてきてスムーズに食べてくれるようになる事もあります!

ですが、激しく嫌がる、お口に入れられない、1日量食べられない!など上手くいかない場合は
病院でもお手伝いいたしますので私たちにご相談下さいhappy01paper
みんなで長寿を目指しましょうshine



今回が年内最後のブログとなります。
今年も1年間ご愛読いただきありがとうございました。
皆さまはどのような2017年を過ごされましたでしょうか。
来る2018年もスタッフ一丸となって皆様と小さな家族の幸せな時間をお手伝いしていきたいと思っています。
どうぞ良いお年をお迎えください。

動物メディカルセンター 院長 北尾貴史 スタッフ一同

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年12月 9日 土曜日

スキンケアアドバイザー講習、修了しました!

こんにちは、北大阪ペットメディカルプラザのトリマー楯川です。
めっきり寒くなりましたね。個人的に冬は大好きなのですが、乾燥肌の私は
毎年冬になると乾燥から来る痒みに悩まされています...weep

今回私は、皮膚に関するセミナーへ参加してきました。そこでの内容を少しお伝えいたしますsign03
と。その前に...去年、動物スキンケア検定を受講し、修了証も頂きました。
動物スキンケアアドバイザーとして、まだまだ勉強の真っ只中ですsign01



話は、皮膚のセミナーの内容に戻ります。        
皮膚科疾患は動物の疾患の全体の約24%。
皮膚科の疾患の1つのアトピーについての内容でした。犬アトピー性皮膚炎は
ヒトのアトピーに類似し、犬の慢性皮膚炎の主な原因は遺伝的な素因、環境要因常在菌関与と二次感染、
かゆみと掻破の悪循環、ストレスなどがあります。
改善するにもなかなかの長期戦になるので飼い主さんも不安が続いてしまいますsad
今回、獣医師の治療、内服など以外で看護師が出来る正しい洗浄と保湿方法の指導を学んで来ましたsign01





そこで一番のポイントとなるのはシャンプー剤をしっかりと泡立てることです。
洗顔ネットなどでしっかり泡立てることで、シャンプー成分を均一な濃度で付着させることが出来、皮膚への刺激を和らげます。
毛並みに沿ってマッサージするように付着させる(並みに逆らうと折れて毛が毛穴に刺さりかゆみや赤みを引き起こす)
すすぎをしっかり行い、余分な成分を除く。
保湿。乾燥・痒みを抑える。保湿はどんな皮膚病にも必要不可欠です。
シャンプーによって必要な油分まで奪われるため保湿成分で補い乾燥を防ぐ。


犬アトピー性皮膚炎は、
   皮膚機能バリアの改善→ドライスキンの改善→皮膚炎の再熱予防→痒みの抑制

スキンケアとは、より生理的な方法で皮膚を手入れし健康で美しい皮膚を保つこと。
しっかりとした洗浄、保湿でこの冬を私達と一緒に乗り切りましょうup



次回は12/23の更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2017年11月25日 土曜日

猫のリハビリテーション

こんにちは。
動物メディカルセンター箕面統括病院 動物看護師の中村ですhappy01
11月8日(水)放送の関西テレビ『報道ランナー』ご覧いただけましたでしょうかeye
動物リハビリテーションについて『せんにゅう!』で特集して頂き驚くほどの反響をいただきましたhappy02
多くの皆様に動物リハビリテーションの重要性が伝わり、
多くの小さな家族に安息な未来を提供できるようになることを願ってheart02日々精進しておりますsign03

さて、今回はあの時TVには出なかったネコちゃんのリハビリについて少しご紹介いたしますcat
そうなんですよね、猫ちゃんもリハビリしますよ~good
あの時に撮影してもらっていたんですけど、カットされちゃいましたねsweat01
なので!ここで一挙ご紹介~note

猫ちゃんのお名前は莉子ちゃんheart01
ものすごい可愛くて、ものすごい人好きで、ものすごいおとなしいですlovely
猫ちゃんのリハビリは、猫ちゃんオーナー様ならお解りのように、猫の特性上非常に難しいです。
お水を怖がってパニックになったり、音にビックリしてケガをしたり、思うような運動をしてくれなかったり...などなど、ワンちゃんよりも行動学的に困難を強いられますdespair

でも、莉子ちゃんは写真のようにリハビリが大好きheart04
早く早くと言わんばかりにお水の中に入ります。
莉子ちゃんは実は保護猫ちゃんです。
お外で生活していた時に交通事故にあったようで背中の骨と足の骨に異常があり、後ろ足は不完全麻痺weep
機能回復の為、筋肉UPの為にリハビリに通ってくれています。
水の中での運動、水中トレッドミルが中心のリハビリプログラムになります。
準備運動でのマッサージをして、お水に入ります。
日常生活ではまだ起立位(立ち上がった姿勢)は自力でできませんが、水の中では元気に歩いてくれます。お尻も上げて後ろ足も弱いながらもゆっくり上げて、前進しています。
飼い主様よりリハビリを始めて活動的になり、さらに便の出が良くなったと伺っています。
今はリハビリを始めたときよりも体幹のバランスが良くなってきているので起立位も少しの間なら保持できるようになっていますhappy01




莉子ちゃんはマッサージの時間は静かにしていますが、なぜかお水に入ると歌ってくれますhappy02
とっても高音でリズミカルなんですnote
よっぽど楽しいのでしょうね!

いかがでしたか?
とっても珍しい猫ちゃんのリハビリテーションのご紹介でしたhappy01
最後に内緒話中の私たちの1ショット♬














え?話の内容ですか?...内緒です♬




次回のブログは12月9日(土)更新です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL