• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年11月28日 土曜日

あんこの闘病日記

 

湊 あんこ(トイ・プードル) 11歳 男の子
性格:人見知りで穏やか。なれると誰にでも付いていく可愛い子!

 
病歴:骨折(家に来た次の日)
  :胆泥症(2018.7.28のブログ参照)→ 飲み薬と運動・食事療法で経過観察中
  :唾液腺嚢胞(2019.11.9のブログ参照)→ 唾液を抜いてからはあまり溜まらず
                       落ち着いている


こんにちは。看護師の湊です。今回のお話は・・・。
ある日、仕事から帰りいつも通り遊んでゆっくりした後、僕が自分の部屋に戻り少しすると・・・。
隣の部屋からあんこの"キャン"という鳴き声が・・・。いそいで見に行くと左の後ろ足を
あげたあんこの姿があり、親に確認すると立ち上がって、いつも通り動こうとしたとき"キャン"と
鳴いてそれからずっとあげているとのことでした。
次の日、仕事であんこと一緒に出勤し先生に診てもらうと・・・。
前字靭帯部分断裂との事でした。

【前十字靭帯断裂とは・・・】
重度の捻挫の事で、靭帯が様々な原因によって部分的あるいは完全に切れてしまうこと。



あんこの場合、部分的に断裂している状態ですが、今後損傷を蓄積させ悪化すると完全断裂に
なる可能性は十分にある状態です。
今は。ケージレストと体重管理で時々立ち上がるときに気にしていますが、
落ち着いて過ごしてくれています。
今後も内科的治療でしっかりと回復していけるようにサポートしていきたいと
思います。

あんこも今年で11歳。(人で言うと約60歳!)
歳を重ねるごとに、人と同じで定期的な健康チェックが必要だなと改めて思いました。


皆さんも日頃から少しでも気になることがあれば是非シニア期を待たずに
若い頃から健康診断をお勧めします。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年11月14日 土曜日

我が子のターミナルケア

こんにちは。動物メディカルセンター 獣医師の中川です。

さて、今回のお話は獣医師としてではなく一人の飼い主としてのお話です。
以前にもブログに出させていただいたうちの先住犬が先月亡くなりました。

享年12歳でした。
僕自身、ずっと一緒に暮らしてきた家族を亡くすという経験は初めてでしたので、今もまだ、ふと思い出して寂しい気持ちになります。
今は四十九日を終えて一段落ついたところです。
 

先月まで、病院内にてグリーフケア=悲しみや喪失感のケアセミナーを専門の先生に開催していただきました。ペットの高齢化が進む昨今、飼い主様とペットがより良いエンディングを迎えられるよう、私達スタッフの心構えや関わり方を学ぶためです。


セミナーでは所謂「ペットの終活」というものについて学びました。
飼い主とペット双方の生前から死後まで幅広いケアについてのお話をいただきました。



そんなセミナーを受けながら、自分の愛犬のターミナルケアに立ち会った経験を少しお話させていただければと思います。

 9月の上旬ごろから食欲不振が進んでしまい、今まで食べていたフードを全く食べなくなってしまっており、病態としてはかなり厳しいものでした。
治療方針を決めるために次に行う検査としてはCT検査や生検など麻酔が必要な検査でした。
阿部先生のお話の中で、病気と向き合うだけでなく、あくまでもペットを主役に治療を考え、時には検査を次々進めていくだけでなく、ペットの気持ちとも相談して検査・治療を進めていくことが大切なのだと学びました。


家族と、病院の苦手なこの子にとって何が幸せなのだろうと考えた結果、この子にできるだけストレスがないように、幸せに最期を迎えてもらえるように、ということを家族と話し合って決めました。
 まず、ご飯に関しては無理に療法食を与えるのではなく、好きなものを、食べられるものを食べてもらえるようにしました。

実はうちの子は雑炊が好物で、野菜や鶏の出汁で炊いたものが
好物だったのでそれを作ったり...
深い器だと食べにくそうだったので、平皿やかさ上げ台を
使ってみたり...

 






 実際に食べていた写真がなかったのが残念なのですが、
フードにはほとんど手を付けなかったのに、これは喜んで食べてくれていました。



うちの子はとても病院が苦手で、行くことそのものがストレスになるんじゃないか、ということもあり毎日は通院していませんでしたが、どうしても必要と思われる点滴とお薬の注射は頑張っていました。
 ペットにとって住み慣れた家は「安全基地」なんだそうです。
その「安全基地」が脅かされないように、自宅ではなるべくいつも通りに過ごしてもらえるように、内服薬もストレスにならない範囲で与えることにしていました。

 セミナーで教えていただいたように、自宅に仲の良かったわんちゃんやご近所さんなどに来てもらったりもしました。
皆さんに会えて尻尾をぶんぶん振ってくれていてとてもうれしそうにしていました。これは愛犬にとっても幸福なことだったと思うのですが、同時に僕ら飼い主側にとっても少し救われるような出来事でした。

 同時に家族の不安を和らげることも大事なことでした。
ペットはずっと一緒に暮らしてきた家族のことをよく見ていて、不安や焦りなどを敏感に感じ取ってしまうんだそうです。だから僕たちもなるべくいつも通りに名前を呼んで、大好きなお散歩も本人が行きたそうであれば連れていくなどしていました。


 最期には普段一緒に暮らしている家族とうちの子の実家(生家)のお父さんお母さんに囲まれながらゆっくりと息を引き取りました。
正直なところ、この選択で本当に正解だったのか今でもわかりません。ですが今回のこの選択は病気ではなくこの子を主役に、幸せな最期というものを考えられたということで後悔はしていません。
けれど、ペットの幸せは何かというのを考えること、今この子がどう思ってどう感じているのかというのを考えることはこれからも続けていきたいと思います。




この経験を皆様のペットの幸せな一生のために生かすことができるよう努力していくことが獣医師として今の僕にできる一つのことなのかなと思います。



次回、11/28(土)に更新予定です。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年10月31日 土曜日

シニア期の準備

 こんにちは!動物メディカルセンター獣医師 尾崎です。
 犬の平均寿命はここ数年で0.3歳伸びたと言われています。人間から見ると大きな数字に見えないかもしれませんが、犬は1年で人間の4~5歳年をとると言われています。
 つまりわずか数年で人間にして1~2歳程度も寿命が伸びたことになります。飼い方の変化、獣医療の向上、ペット保険の普及などにより、今後も寿命が伸びることが予想されています。
 

 うちの「世界一のラブラドール ケルン(♀)・クラン(♀)」も今年で7歳となりました。大型犬の7歳は人の54歳にあたるので平均寿命から考えても犬生の折り返しに差し掛かっていると言えるでしょう。




【世界一のラブラドール ケルン♀・クラン♀】


 うちの子の最近の変化としては、とても頑固になりました(特にケルン)。以前は金魚の糞みたいになんでも嬉しそうに着いてきましたが、今は散歩中も気に入らないとストライキを起こすようになってきました。また散歩中に長時間散歩すると途中で休憩を要求することもでてきました。 



【ケルン ストライキ中、絶対そっちには行かない!!①②③】
【クラン 次はどこ行く?何する?】
 
そんな中まだまだずっと一緒に遊びに行きたいのでうちの子たちも健康診断と少しずつシニアトレーニングを開始しています。

シニアトレーニングといっても、ゴハンやオヤツをいろんなところに隠して探させる「宝探し」をさせたり、散歩コースに階段を加えてゆっくり登らせたりといったものです(飼い主はコロナ自粛の運動不足解消にちょうどいいです♫)。元気な老後のために「認知機能」と「運動機能」の維持に努めています。

階段では、元気よく勢いをつけて一気に登らないようにリードを少し短めに持つなどして、ゆっくりと一段ずつ登るようにしましょう!一段ずつ止まるぐらいの気持ちでいいと思います!
犬の体重は前肢に7割、後肢に3割負重がかかっていると言われており、多くの子で後肢から弱っていきます。傾斜がある階段では、後肢へしっかりと負重させることで筋肉を刺激します。
また関節炎や疾患を持っている場合、過度な負荷は悪化させる恐れがあるので不安のある方は、一度ご相談ください。


【散歩階段トレーニング中】

うちの子の宝探しですが

びっくりするぐらい!!・・・できません。

ですが三人で楽しく家中ひっくり返してやっています。シニア期のトレーニングは、気を張ってできるように教え込んだり無理やりというよりは、ゆっくり一緒に楽しむことが大切だと思います!!(そう信じています(笑))
宝探しはできるようになったらその過程もまたお伝えできればと思います。

うちの子みたいに6~8歳のシニア期入り口は、その後の快適な老後につながるとても大切な時期と考えます。どんな病気も早期発見が最も大切です!シニア期入り口、健康チェックとその子にあったことからを始めてみてはいかがでしょうか?

どんなトレーニングがあるのかお気軽にスタッフまで聞いてみてください。

また現在秋の健康診断キャンペーンとして、来て採血してすぐに帰れる充実した項目の血液検査による健康診断をお勧めしています!詳しくは、HP(http://www.doubutsumedical.com/2016/07/1-5-1316543.html)またはスタッフまで!



【今年の夏の思い出】

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年10月10日 土曜日

私の名前は金崎 一毅です!

ブログをご覧の皆様初めましてsign01                      
 
          
今年度より動物メディカルセンターで勤務することになりました、
獣医師の金崎 一毅(かなざき かずき)と申しますsmile 

まだまだ至らぬところが多い若輩者ではありますが、
一意専心の気持ちで獣医療に取り組みたいと思うので
よろしくお願い致します。 
 





         

堅苦しい挨拶はここまでにして、
多くの新人獣医師が通るであろう難関の一つに採血があげられます。
皆様はワンちゃんやネコちゃんのどこの部位から採血するかご存じでしょうか?



dogワンちゃんの場合は、後ろ足の外側に斜めに走る外側伏在静脈(がいそくふくざいじょうみゃく)や

前足の前側辺りの橈側皮静脈(とうそくひじょうみゃく)から

catネコちゃんの場合は、後ろ足の内股辺りにある大腿静脈(だいたいじょうみゃく)や

橈側皮静脈(とうそくひじょうみゃく)から採血することが多いです。


では、ここで一つ問題です。
下の写真はワンちゃんの後ろ足ですが、外側伏在静脈はどこを走行しているかわかりますか?














さて、どうでしたか?
正解はこちらです。



続いてもう一問、ネコちゃんの血管についての問題です。
下の写真はネコちゃんの内股の写真ですが、大腿静脈はどこを走行しているでしょうか?













こちらは先ほどの問題よりも、どこに血管があるのかわかりにくいかと思います。
正解はこちらです。



ご覧頂くとわかるように人間のように血管が青く見えたりはしないので、
しっかりと血管を目視することが簡単ではありませんbearing

ちなみに、参考までに僕の橈側皮静脈はこんな感じです。
ワンちゃんやネコちゃんに比べると幾分かは見易いですね。



もちろん、犬種猫種年齢体型などにより血管の見え方は一様ではなく、
例えば、ダックスフンドやマンチカンのような手足が短い子たちの多くは血管が真っ直ぐに走行しておらず、斜めに走っています。
こういった血管からの採血は私たち新米獣医師にとっては非常に難しいことが多いです。


春先には採血をするたびに緊張していましたが、今日までに多くの経験をさせていただいたお陰で今ではどんな血管でも難なく採血をこなせる程度には到達できましたgood
血液検査の結果からは多くの貴重なデータが得られますが、その為には採血は必須です。
その採血によってワンちゃんやネコちゃんがストレスを感じてしまわないよう素早く正確に、名人の域を目指して今後も精進していきますsign03

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2020年9月24日 木曜日

動物看護師日々勉強中‼

こんにちは。動物メディカルセンター茨木看護師の野㞍です。
夏になり、各病院一部スタッフの異動がありましたが、
飼い主のみなさまもうお顔は覚えていただけましたかconfident

獣医師、動物看護師は、常に最新獣医療を学ぶために診療業務の傍ら
スタッフ同士で議題を決めて勉強会を開催していますsign01
私が担当した初回では、当院で比較的症例数が多い輸血療法について取り上げ盛り上がりましたgood

自分自身が理解の曖昧な内容を取り上げているスタッフもいれば、
得意な分野について発表するスタッフもおり、各々個性が出ていて毎回楽しみにしていますsmileshine
では、勉強会の一部を紹介します。









ちなみに私の会で行った輸血療法のお話は、
血液を提供する側とされる側で血液をいれるときに副反応がおきないのか、
身体に合っているのかを顕微鏡で調べる手順と輸血後に起こる可能性がある副反応のお話でしたsign01

まだまだ自分自身の知識不足や苦手分野を克服するために学ぶことは山ほどありますが、
今後も継続して勉強会を行っていき、スタッフ同士高めあっていきたいと思いますhappy02



投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30