• Facebook
  • Blog
  • Mail

C 予防のこと

2020年7月25日 土曜日

お出かけの時に役立つグッズや気をつけたいこと

こんにちは、動物メディカルセンター箕面 動物看護師 大盛ですhappy01

7月に入っても雨続きな日々が続いていましたが、少しずつセミたちも鳴き始め例年より遅れての夏本番が感じられるようになりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?
夏の暑さにめっぽう弱い私despairですが、毎年この時期になると旅に出たい衝動に駆られます。
(なにを隠そう私はメディカルスタッフきっての(?)一人旅好きなのです...sign01)
ですが今年は新型コロナウイルスの影響で一人旅は完全自粛モードに...
最近はGoogle のストリートビューを利用して全国津々浦々旅に出て(出た気になって)いましたが、先日足を延ばして三重県・伊勢神宮に参拝してきました。



少し蒸し暑さを感じる日でしたが、多くの方が参拝に訪れていました。
内宮・外宮まで道ではペットちゃんたちと歩かれている方も多く見かけ、ペットちゃんたちもカートや抱っこされ楽しそうにお散歩していました。


近年ペット同伴での観光や宿泊できるスポットが増え、ペットちゃんと一緒におでかけされる方も増えてきたように感じます。
今回はそんな楽しいお出かけの時にこそ役立つグッズや気を付けたい事についてご紹介します。

oneペットボトルがお手軽保冷剤&冷た~いお水が飲める水筒に変身!
これは実際に私自身も旅先で使うライフハックです。
ペットボトルで保冷剤を作られる方も多いと思うのですが、ちょっとひと手間加えるだけで2つの利用法ができます。
作り方はいたって簡単!


通常、ワンちゃんたちはパンティング(ハァハァといった呼吸)で体からの熱を逃がしていますが、その際に体内の水分も失っています。
特に夏場はパンティングが増え脱水しやすくなるため、熱中症のリスクが上がるのです。

代わって「猫ちゃんたちは涼しいお部屋で過ごしているから大丈夫」...いえいえ、実は室内暮らしの猫ちゃんも熱中症のリスクは十分あります。
猫ちゃんの中でも冷房の効いたお部屋が苦手な子は、冷房から逃れてわざわざ暑い所に移動しているうちに熱中症になっていたなんて子もいます。

そのリスクを減らすためにも室内屋外問わずこまめな水分補給が必要です。
このペットボトル保冷剤をタオルに巻いてケージ内に入れておけばお部屋でも移動中でも快適に過ごせますし、
外出先で程よく冷えたお水を与える事ができるのでぜひお試しあれsign01

熱中症についての詳しいお話は当院獣医師盛岡のブログ
http://www.doubutsumedical.com/blog/2019/06/post-136-1468936.html

水分補給のコツについては当院看護師竹下のブログ
(http://www.doubutsumedical.com/blog/2020/01/post-150-1483160.html)を併せてご覧くださいnote

two冷感素材グッズや薄手の服を使う
ペットちゃんのお洋服でも冷感素材のものも増えてきているようです。
夏場にお洋服は暑いと思わるかもしれませんがきちんとメリットもあります。
水にぬらすタイプだと涼しさを感じられるだけでなく、気化熱の仕組み応用して体の熱が逃げやすくなるのです。
また、短毛種の子であれば紫外線による肌ダメージを和らげる事が期待できます。
お洋服が苦手な子は冷感素材のタオルや凍らせた給水タオルを首に巻くのもおすすめです。

three忘れてはならない『小さい彼ら』の予防!
夏だからこそ山や川などの避暑地に訪れたいもの。
そしていつものお散歩も夜の涼しい時間帯を選ばれる方も多いのでは。
そんな飼い主さまの気持ちを狙ったかのように忍び寄る影があります...
それは...!『ノミ』と『ダニ』です。
毎年春にフィラリア予防と一緒にお伝えしているノミダニ予防。
このノミダニが特に猛威を振るうのがこの夏の時期なのです!
たかがノミとダニ、されどノミとダニ。この小さな猛威に侮るなかれ...彼らは寄生のみならず時には死に至る病気を運んでくる事もあります。
楽しいお出かけを悲しい惨事にさせない、ヒトや同居の子、他のペットちゃんたちに「移らない・移させない」ためにも、正しい予防が必要です。


当院ではその子のライフスタイルに合わせたノミダニ予防薬を処方しています。
今年の春の予防はもうお済みですか?
まだの方はお早めに予防診察のご予約をお願い致します。

ちなみにノミダニ予防についてのブログは当院獣医師尾崎のブログ
(http://www.doubutsumedical.com/blog/2018/05/post-113-1437658.html)
も併せてご覧ください♪



少しでも皆さまの快適なサマーライフの参考になりますようにheart04

次回のブログ更新は...8月8日(土)です...flair

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2019年10月26日 土曜日

ニューフェイス

皆さん初めまして!この春から動物メディカルセンターに入りました、新人獣医師の中川です!      
 何度か診察で見かけた、担当させていただいた方もいらっしゃるかと思います。
   黒メガネをかけた身長165cmくらいの若い男性です。
(当院、眼鏡で細身の獣医師が何人かおられるので、ポイントは低身長ってところですかね...笑)



初めまして!ということでまず軽く自己紹介を!


出身は大阪府高槻市、北大阪ペットメディカルプラザ近くの阿武野中学校出身です。
 今年の春、北海道の大学を卒業して、地元である大阪に帰ってきました。
北海道らしい写真をいくつか!

    ...夏は北海道でもそれなりに暑いんです

      冬はこんな感じです! 氷の彫像が冬の間中残るくらいの寒さ...
僕が住んでた場所は寒い日は-30度とかになる日もありました。


趣味はカホンというあまり皆さんの見慣れない楽器です。→     
箱みたいなのに座って叩きます。
実はドラムも叩けます...上手くないですが。笑










     こちら愛犬の玄ちゃん。11歳の甲斐犬のオスです!
 もう11歳になります










そして、初めまして!ということで...
実は今月、私の家にニューフェイスがやってきました!

どうも、花凜と申します
     

甲斐犬の女の子です!ただいま2.5か月齢!




 わんちゃんをお家に迎えるに当たって、飼い主さんがしてあげることはたくさんあります!!
ワクチン接種、フィラリアの予防、ノミ・ダニの予防、しつけ...etc...

まずは4大予防として毎年必要なこの4つを覚えてもらえたら と思います!
① 混合ワクチン子犬の時は2回~3回、それ以降は年1回!
② フィラリア予防
4月~12月、月1回の飲み薬による予防が必要です。
③ ノミ・ダニ予防
最近は冬でも室内でノミが発生!通年での予防がおすすめ!
④ お口のケア
歯周病の予防はわんちゃんが長生きするためにも必須

そして、子犬の大事な時期を逃したくない『社会化』。これはぜひパピークラスにご参加ください!(我が家のニューフェイス・花凜ちゃんも参加してきました!)

新しいわんちゃんとの生活、楽しみなことも不安なことも、様々な疑問もあることと思います。
病気のことからフード、しつけのことまでなんでもご気軽にご相談くださいね。


次回は11月9日ごろに更新予定です!


投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2019年5月25日 土曜日

再確認!春の健康診断 何したっけ?

こんにちは。
動物メディカルセンターの獣医師の高橋です。
春の予防シーズンも終わりが近づいていますが、もうお済ですか?

当院では、フィラリア感染の有無を調べるための検査と同時に
健康状態を調べるための内臓の検査も実施しています。
血液検査によって、症状がなくても異常を発見することができ、早期治療に役立ちます。
さて、血液検査の結果は以下で示す紙でお知らせしたかと思います。

春の検査はスクリーニング検査として項目数を絞っているのですが、どの項目が何を表しているのかわからなくなってしまうこともあるかと思います。
これは主にお腹の臓器の状態を調べています。
     

今日は、この項目についておさらいをしたいと思います。
わからなくなったらブログを見返せば思い出せる!
っていうのを目標に。








総コレステロール(TC)
血液中の脂肪です。
脂肪というといらないように聞こえるかもしれませんが、
体内では色々な物質の原材料になるため必須なものです。

高くなる原因としては、運動不足、ストレス、肥満、食後などの生活習慣からくるものや、
甲状腺ホルモンの不足、糖尿病、肝胆のう疾患等が原因となって高くなることがあります。
シェルティーやミニチュア・シュナウザーなどは高くなりやすい犬種と言われています。

高コレステロールによって症状が出るというよりは、高コレステロールになる原因、
もしくは高コレステロールを誘発する疾患によって症状が出ることが多いため、日頃から以前と異なる様子がないか見ておく必要があります。


コレステロールが低くなる原因は、肝機能低下などがあります。



血糖値(Glu)
血液中のブドウ糖量で、身体のエネルギー源です。
疾病は血糖値が高くなる糖尿病が有名ですね。

糖尿病によって高血糖が続くと、多飲多尿になったり、
白内障、昏睡状態になることもあります。
その他、副腎皮質機能亢進症やストレスでもなります。
ネコちゃんは来院時に興奮していると高血糖になる子 
が多いです。キャリーケースなどにタオルをかぶせて
あげると、落ち着くかもしれませんね。


逆に、膵臓の腫瘍によってインスリンが多くなったり、肝硬変のような肝疾患などで、
低血糖になると、ふらつき、ケイレン、意識低迷などがみられます。



AST(GOT) / ALT(GPT)
肝臓に関わる数値です。
肝臓は、色々な物質を合成したり分解したりする大工場です。
沈黙の臓器といわれる肝臓なので、数値が基準範囲を超えていても症状がないことが多いですが、

出てくる症状としては、
元気食欲の低下、下痢、嘔吐、黄疸、お腹の膨らみ、ケイレン、多飲多尿などがあります。
数値が上昇していれば、肝障害(肝腫瘍や循環不良など)や薬剤投与、骨格筋疾患などが疑われます。
また、人用のものを食べさせると、肝臓に負担がかかってくることがあるため、注意が必要です。



尿素窒素(BUN) / クレアチニン(Cre)
腎臓に関わる数値です。体中で作られた老廃物をろ過して、おしっこを作る臓器です。
数値の上昇は、腎不全以外に、脱水食後、消化管出血、尿路閉塞などでもあらわれます。
腎不全になると、元気食欲低下、多飲多尿、削瘦、嘔吐などがみられます。
ただ、これらの数値は腎機能が7割落ちた時に上がってくる数値です。
そのため、尿検査や腎機能低下が早期にわかる検査などを提案することも多いです。

腎臓は再生しない臓器ですので、お家では、しっかりと飲水をさせ、
腎臓用フードにするなど、腎臓に対するケアが大事になります。



PCV(packed cell volume )
血液中に含まれている赤血球血の割合を示しています。
数値が小さいと赤血球が少なく、貧血といわれます。

原因としては、失血造血能力の低下免疫系異常などがあります。
症状は、呼吸が早くなったり、元気食欲低下、倦怠感などがみられます。このような症状がみられたら、お家では、舌の色が白くっぽくなっていないか確認しておくことが良いでしょう。

上昇は、興奮脱水などでみられます。
病院へ来ると、どうしても興奮・緊張してしまう子が多いと思います。
「興奮しないでー」と、言っても難しいですので、これまでと比較して判断をしたりします。



TP(Total protein)
血液中のタンパク質の量を示しています。
主にアルブミンとグロブリンというタンパク質の合計がTPを示しています。
低下は、肝疾患、腎疾患、消化器疾患などを疑います。
増加は、脱水炎症を疑います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、検査項目について、どの項目が、何の臓器に関わっているか再確認できたでしょうか?
実際には、どの項目もたくさんの臓器に関わっていることが多いため、異常値が出たから
即 この臓器が悪くなってる!っていう判断ではありません。

現在の状態、問診内容などで総合的に判断しています。

血液検査の結果で、「後日もう一度検査をしましょう」と言われた方もいると思います。
ワンちゃんネコちゃんは私たちとは歳の取り方が違いますので、1ヶ月も経つと変化も大きいです。
また、検査項目で食事の影響を受ける項目もありますので、
血液検査(特に再検査)をする予定があるかもしれないときは、絶食をおすすめします。

私たち人でも、採血の時は絶食で検査に行くのと同じです。
・・・ごはんを待って鳴いてると、あげたくなってしまいますけどね。
再検査でしっかりと確認して、健康でいられるようにがんばっていきましょう!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年5月26日 土曜日

これからの時期、敵は蚊だけにあらず!

こんにちは。
動物メディカルセンター 獣医師の尾﨑ですeyeglass

ゴールデンウィークも終わり、皆様ワンちゃんと旅行などたくさん思い出を作ることができましたでしょうか?

我が家には、世界一かわいいラブラドールが2頭いますheart04。自然豊かな徳島県で生まれ、この時期になると山に川にとたくさん遊びに行ったのが懐かしいです。



現在大阪にいるので少なくなりましたが、川遊びを楽しむために奈良や和歌山へ今もよく行きます。
これからの時期は、人も犬も川遊びには特に最高の季節です!!
うちの子達は泳ぐだけでなく、主人の趣味のカヌーにも付き合わされています。なかなかじっとしてくれませんが一応船にも乗ってくれます!乗ると揺れるので写真はなかなか撮れなくて困ります(笑)。だいたいカヌーの後ろを泳いでついてきて、乗り込んではまた飛び込むを繰り返して川を下って(流されて)いきます。
 
そんな川遊びを楽しむ我が家ですが、ある日ちょうど河原で遊び終えて帰ろうと車に乗せ支度を整えていました。

助手席にいるクランの顔をふと見ると、毛の上でモゾモゾと動きまわる赤茶色のものを見つけました!

ダニッーーーーー!!

毛の上にいたのですぐに気づき、つまみとることができましたが、毛の下に潜り込まれていたら気づかなかったかもしれません。



初めて見つけた時は恥ずかしながらかなり慌てました。今でも遊んだあとにたまに毛の上にいることがあります。

実はこの時期フィラリア予防で蚊に注意がいきがちですが、特に気をつけていただきたいものの一つが
"ダニ予防"です。

ダニは街中の公園やいつものお散歩コースにも普通に潜んでいますが、さらに河原やキャンプ場といった夏の遊び場では、街中よりたくさんのダニがいる可能性もあり注意が必要です!
ダニは赤血球に寄生するバベシアという寄生虫を運んだり、寄生によるアレルギーを引き起こしたりとワンちゃんに病害を与えるだけでなく、最近話題になったSFTSなど人に感染する様々な病気も運んできます。

参考「厚生労働省HP ダニ媒介感染症」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164495.html

ダニの予防はワンちゃんだけでなく、お子さんなどご家族への感染の予防にも繋がります。
知らぬ間に感染して、そのままお家に持ち帰ってしまわないようにダニ予防をしっかりと毎月行い、帰るときにはしっかりと全身チェックしてあげましょう!
またダニが引っ付いている場合は、無理に引き剥がさず病院へ連れてきてあげてください。無理にとるとダニの一部が残ったままになってしまう可能性があります。

当院で主にオススメしているのは、フォートレオンという滴下式のものになります。蚊除けの効果もあり、フィラリア予防と合わせてこの時期オススメしています。また滴下タイプで皮膚が赤くなる等苦手な子は、経口タイプのものもありますのでご相談ください。

この時期、注意するのは蚊だけではなく、ダニにも注意してあげてください!

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2018年5月12日 土曜日

健康ドックの一日

こんにちは。動物メディカルセンターの獣医師盛岡です。
今回お話ししたいのは、健康ドックの話です。当院のワンニャンドックを受けていただく方も多く、飼い主様の動物たちの健康に対する関心も強くなっていると実感しています。そんなワンニャンドックの検査の裏側を今回はご覧いただこうと思います。協力してくれるのは、スタッフの銀ちゃん(猫)と、今年から新たに病院のスタッフに加わった高橋先生とぼんちゃん(犬)にも参加していただきます。

① まずは聴診器を使って身体検査をしているところです。体重や体型をみるだけでなく、頭からしっぽの先まで隅々まで五感を使って検査をします。


高橋先生とても真剣に聴診しています!












② 血圧測定中です。オシロメトリック法という測定法で、人の病院で機械が自動で測定してくれる方法と同様の方法です。


手足をギュッと締め付けられて最初はビックリしちゃって血圧が高く出るので、何回か繰り返し測定します。












③血液検査のための採血をしています。


針を刺されるとわかってしまい、ちょっぴり緊張していますが、頑張っています。


 
④尿検査は持参してもらったおしっこを試験紙につけて異常を検出します。


⑤便検査をしているところです。顕微鏡をつかって異常がないか観察します。



⑥心電図をとっているところです。ワンちゃんネコちゃんは、右下に横になってもらって検査をします。


動かないでジッとしてもらうのがポイントです!


 
⑦レントゲン検査を行っています。台の上で仰向けになったり、横になったりしてお腹と胸のレントゲン写真を撮影します。


動物たちは息を止めてもらうことができないので、タイミングを見計らって撮影します。



⑧お腹の超音波検査をしています。クッションの上で仰向けになってお腹に超音波のプローブを当てて検査します。


少しくすぐったいかもしれません。


 このほかにも、眼を詳しく見るために眼科検査、耳の中を覗く耳道内視鏡検査などの検査もあります。
1日かけてとても多くの検査を受けていただきます。

 

お疲れ様でした!









 

最後に検査の後には、検査報告書という形で後日書面にて結果を報告させていただいております。

こちらが出来上がった報告書です!


 ドック検査は病気の早期発見・早期治療を目的として行うものではありますが、それ以外にも飼い主様の安心や大切なパートナーたちの健康増進に寄与する検査だと思います。特にドック報告書でも総合評価のページでは、飼い主様に検査結果をよく理解していただけるようにコメントしています。普段の生活ではわからない体の変化をお伝えすることで日頃の生活習慣の改善につながり、それによって病気の予防や動物たちの健康寿命を長くすることができると考えております。
この記事を読んでワンニャンドックに興味をもった方は是非受けていただけたらと思います。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL