• Facebook
  • Blog
  • Mail

A 病院からのお知らせ

2016年4月23日 土曜日

飼い主セミナー盛りあがりました!次回はぜひご参加ください☆

こんにちは。動物メディカルセンター 獣医師の北尾美佳です。                                                                       
先日、本年度の飼い主さん向けセミナー第1弾,
「長く一緒に暮らすために... 知っておきたい7つのポイント」を箕面病院で開催いたしました。
今日はその内容や参加頂いた飼い主さんの反応をお伝えしようと思います。

"日々を楽しく"長く一緒に過ごしてもらいたいと私達は願っていますが、やはり健康であることがとても大切かと思います。
そのための7つのポイントとして以下の点に絞ってお話をしました。

1. 毎年忘れずに必要です! 4つの予防
2. 飼い主さんがお家で見るべきことは? 日常のチェック項目
3. とにかく続けることが大事です☆  ハミガキ
4. 自己流でしていませんか?  お手入れ
5. いざというときの判断力をつけてください! 命に関わる救急
6. あらゆる場面で生きてきます  しつけの基本
7. よそはよそ、うちはうち・・・?! お家の子の特性を知る

どの項目が気になりましたか?
この7つ、どれも非常に大切で奥が深く、しっかり内容をお伝えしようとするとそれぞれのタイトルで1回ずつセミナーができてしまいます。
でも今回は広く且つポイントを絞って7点が記憶に残るようにと心掛けてお伝えをしました。
ご参加いただいた方々の飼い主歴は、当院に2代に渡ってワンちゃんを連れてこられているベテラン飼い主さんから初めてワンちゃんを飼ったという子犬の飼い主さんまで様々でした。
その中で皆さんが一番気になったのは日常のチェック項目だったようです。
やはりお家の子の異常に一番に気付けるのは飼い主さんですし、日常のお世話の中でどの点を気にしたらいいかを飼い主さん自身が知りたいと思っていてくださったのは嬉しいことでした。(詳しく知りたくなった方は、箕面病院までお尋ねください☆)

セミナー後に「気をつけて見てあげたらいい事柄が分かってすっきりしました」と言われ、私もスッキリしました!

他には毎年必要な4つの予防のことも、(もう耳にタコが出来るくらい聞かれているかもと思いつつ)クイズ形式でお話ししたら意外と回答がバラけました。「長い間勘違いしてました...」という飼い主さんもおられ、今回確認ができてよかったと思った次第です。
またお手入れの基本である、ワンちゃんの抱き方から具体的なブラシの当て方までをトリマーからお伝えしましたが、ここでも今まで自己流でちょっと間違ったやり方をしていたということに気付かれた方が多かったようです。

そんなこんなで予定の1時間がとても短く、終盤駆け足になってしまいそれでも時間オーバーでした。。。
もっと詳しく聞きたかったというお声もいただき、今後のセミナーに活かしていきたいと思っています。


最後にdog
参加いただいた方がほとんどワンちゃんと一緒に来られたのですが、
1時間以上という、ワンちゃんにはとてもとても長い時間をどの子も大人しく飼い主さんの横やお膝で過ごしてくれていました。
これには正直驚きましたが、飼い主さんとワンちゃんの信頼関係がしっかりしていること、そして小さい頃からいろいろな場所で過ごす練習をしてこられた成果だと思います。子犬の時期に来院された方にはスタッフが社会化期の重要性を必ずお伝えするのですが、今回改めてその大切さを目の当たりにした気がしますshine

←熱心に聴講される飼い主さんの
        足元で・・・

 お利口に座っているワンちゃん♪→   








次回は、5月14日(土)更新予定です。お楽しみに!


















投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2016年3月 5日 土曜日

恒例のフォトコンテスト開催しました!

こんにちは。
動物メディカルセンター茨木の獣医師宮嶋です。

茨木病院では、毎年フォトコンテストを開催しています。
一月に素敵な小さな家族の写真を募集して、二月に投票して頂いています。三月に入って結果発表がありましたので、今回はその報告をさせて頂きます。

今年のテーマは、『大好きな○○』ということで、沢山の応募がありました。
ご参加頂いた皆さん、本当に有難うございました!


今年も担当の看護師からは、最後まで僅差で結果分からなかったと聞いていました。それもそのはず、毎年本当に素敵な写真ばかりです。ご家族の愛情がたっぷりと各写真に込められていて、撮ってもらっている我が子(動物たち)にもその愛情がよく伝わっていて、何ともいえない表情の写真ばかりです。可愛い我が子をより可愛く、何度もシャッターを切ったプロのような渾身の出来栄えの物から、たまたま偶然撮れた写真など様々です。いち飼い主として、私自身も我が子にカメラを向ける時は、かわいすぎる〜♡と思い撮っています。

では、上位の結果発表です!皆さんおめでとうございます!
第1位(なんと同票数、2組ありました!)
プリンスちゃん「大好きなドライブ」

アルフォンスちゃん「アル お弁当つけてどこ行くの?」


第2位(またもや、なんと同票数2組ありました!)
いろはちゃん「じいじに買ってもらったふわふわポンチョ」

あまめちゃん「大好きなマッサージ♡」


どれも素敵な写真ですね。実は今回たまたま選ばれた子達は、いろいろな病気を抱えながら、日々頑張っている子達です。病気とは思えないくらい、幸せそうな写真ですね。
エントリーされなかった方も、是非来年はご応募してみてくださいね。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年12月29日 火曜日

去り行く2015年のご挨拶 〜動物メディカルセンター箕面・茨木・高槻〜

こんにちは、動物メディカルセンターの獣医師、北尾美佳です。
今年も残すところ2日となりましたが、皆さまとペットちゃんにとってどのような1年だったでしょうか...。
今年特に心に残ったことを一つ挙げたいと思いますconfident

9月に敬老の日にちなんで「長生き感謝月間」を実施したのですが、その一環で10才以上のペットちゃんの飼い主の方に"今までで一番の思い出を教えてください"という項目があるアンケートを行いました。
予想以上に多くの方がご回答くださり、「たくさんありすぎて一つには絞れないけど、、」という前置きが多数みられました(その気持ちよく分かります!)。
そこに書かれた飼い主様の答えは本当に心温まるものばかりで、スタッフ皆、何度も読み返していました。

「海に連れて行って思い切り泳いだこと」や「初めての雪原で大はしゃぎしたこと」などお出かけの思い出waveを綴られた方も多くありました。
また「小さい時のやんちゃだったこと」や「子犬の時のお散歩で川原をどこまでもどこまでも走ったことdog」など幼い頃のエピソードも多く、光景が目に浮かびました。
「病気をしたけれど回復できたこと」や「治療を一緒に頑張ったこと」などシニアになってからの飼い主様の愛情の深さを感じるお答えもいくつも見られました。
そして、
「何気ない毎日の、一緒に過ごす時間すべてが大切な思い出です」
と頂いたお答えが、私にはとてもとても心に響きました。

子犬子猫ちゃんも、ミドルエイジの子も、シニア世代の子もたくさんの出来事に満ちた2015年だったことと思います。そしてお家の子に多くの愛情を注いでおられる素敵な飼い主の方々。
大切なペットちゃんたちの健康管理を託されている私達は2016年もその責任をしっかりと受け止めて頑張っていこうと思います。

今年1年ありがとうございました。どうぞ佳いお年をお迎えください。

thunderもしも年末年始に急に体調を崩したら...。お正月診療時間はこちらですhttp://www.doubutsumedical.com/2014/09/1-1-983684.html
  来たる2016年も更なる研鑽に励みます! 院長 北尾貴史

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年11月 2日 月曜日

CT検査受けてみませんか?|大阪(箕面・茨木・高槻)の動物病院

CT検査受けてみませんか?

こんにちは。動物メディカルセンター茨木の獣医師 児山です。

今日はCTについてお話したいと思います。

当グループ病院の動物メディカルセンター箕面では、昨年度からCTを導入しました。



今までCT検査は飼い主様自身に画像検査センターへ行ってもらい、検査していました。

しかし、画像検査センターへ行くには予約が必要で、予約が埋まっている場合には直ぐに検査することが出来ませんでした。

そこで、病気で苦しむペットが少しでも円滑にCT検査を受けられるようにとの思いで当グループ病院にCT検査を導入しました。


ところで、CT検査といえば病気の時に行う精密検査と思っている飼い主様が多いと思います。

しかし、CT検査は病気の時にのみ行う精密検査ではありません。

実は健康チェックにこそ行うべき検査なのです。

例えば、ヒトの定期検診でもよく行われているレントゲン。

レントゲンで発見できる病変は最低でも20㎜以上です。

もし、これが癌だったらこの癌はかなり進行している状態です。

しかし、CTであればわずか5mmの病変も発見することができるため、早期に治療をすることができます。



動物も6歳を超えると様々な病気にかかるリスクが急激に増えます。
(ペットの6歳はヒトに換算すると40歳です。)

6歳を超えたペットを飼われているのであれば、一度CT検査を受けてみませんか?



分からないことがあれば、いつでもスタッフにご相談下さい。



動物のCT検査は大阪の動物病院、動物メディカルセンター(箕面、茨木、高槻)へご相談下さい。

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL

2015年10月21日 水曜日

スタッフブログ始めました!!!


こんにちは、動物メディカルセンターです。
こちらのページは、今後スタッフブログとして新たにスタートすることになりました!
飼い主様にとっておそらく普段知ることのないであろうバックヤードの様子や病院内での出来事、またスタッフの心に留まった出来事、ほっこりする話などお送りしていく予定です。
毎週更新しますので、ぜひぜひお読みください♪

投稿者 動物メディカルセンター | 記事URL