• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2021年3月27日 土曜日

~健康に身体を動かす習慣を~

動物看護師の五之治ですhappy02
最近は春の陽気を感じれる、過ごしやすい気候になってきましたねnote
毎年この時期は、花粉にやられている私ですが、なぜか今年は調子が良く...
わりと快適な日々を過ごせていますshine

さてそんな私。
自粛期間中は家で過ごす事が多く、運動もろくに出来ていなかったので
良い機会だと思い、中学ぶりにテニスを始めましたtennis

テニスはとても楽しく、いい気分転換にもなり、リフレッシュできて大満足‼
でしたが次の日...
全身バキバキの筋肉痛が私の身体を襲ってきました...(;´Д`)
あの頃のようにはいかないなあと、年齢を重ねていることを痛感しながら、
改めて感じたのが、日々の程よい運動の大切さです。
急にハードな運動を始めると、時には身体を痛めてしまうこともありますよねcoldsweats01

それは動物たちも同じです。
年齢を重ね、シニア期を迎えた子に対し「足が弱ってきたなあ、散歩の距離を伸ばそう!」では
その子の適切な運動量に合っておらず、過度な運動となってしまう可能性があります。
それを防ぐためにも、毎日の適当な運動で、健康的に筋力低下を防いであげることが大切ですshine
今回は、今から始めれる、簡単な筋力up、維持方法を3つご紹介しますsign01

散歩前のストレッチ運動
 身体を動かす前に、関節などをほぐしてあげる事で
 身体全体がポカポカspa活動性がupしてくれることが期待できます。

散歩道を変えるだけ運動
・道の形状を変えてみる(ゆるやかな坂道など)    ・足場を変えてみる(砂浜・草むらなど)

普段、後ろ足に比べ、前足にかかっている体重の負荷が多いワンちゃんにとって、
身体のバランスが変わるだけでも、日常生活ではあまり使用しない筋肉を使用してくれます。
また、足をとられる場所では、自然と足を大きく動かして歩いてくれます。

いつものアレを応用するだけ運動
"いつものアレ"とは"おすわり"です!流れ作業になりがちな、おすわりの方法を少~し変えてあげるだけsign01

①まずは普通におすわり!



②後ろ足の位置(★)を動かさないようにして...

③その場で立って!その場で3秒間キープ‼



地味に見えて、屈伸運動、そして腹筋にも効きますこの運動‼
ひとつひとつの動きをゆっくり行ってあげるのがポイントですflair

いかがだったでしょうか?
3つご紹介しましたが、その子の年齢、状態によって適した運動は変わります。
無理はせずに...。健康的に身体を動かしていきましょうnote
私もあの日以降というもの、程よく筋トレに励んでおります。笑
一緒に頑張りましょうhappy02good

4月から本格的に予防シーズンが始まります。
予防できる病気はしっかり予防して、素敵な春を過ごしましょうcherryblossom


投稿者 動物メディカルセンター

カレンダー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30