• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2020年6月29日 月曜日

精巣が・・・!?

こんにちは
動物メディカルセンターの獣医師 高橋です。
うちの家族のトイプードルの「そら」
      
    走る!           寝る!        見る!
     
と、元気な男の子です。                              

元気な男の子なんですが、
男の子としての疾患があります。それは・・・


                             精巣が1個しかありません 


『陰睾(いんこう)』といわれるものです。                       
本来なら2つ降りてきて袋「陰嚢」の中に納まるのですが、それがお腹の中「腹腔」や股の部分「鼠経(そけい)」
に留まって降りていない状態をいいます。遺伝的疾患であり、腫瘍化するリスクが高く、手術検討となります。
精巣は基本的には2カ月齢までに正常の位置に来ますが、遅い子は6カ月かかるときもあります。


そら君は9カ月齢なのですが、触診すると鼠径部に精巣が確認できました。         
超音波(下図)でも確認できました。




鼠径の位置は?ということで、仰向けの図になります。
※画像の子は女の子になります
                
鼠径部(上図の赤丸)は太ももの付け根にあります。
精巣がここにある場合は触診可能です。
赤字四角が正常な精巣の位置です。

お腹の中にある場合は超音波で診断可能です。
加齢とともに気づかないうちに巨大化していることもあります。
おうちの子で精巣が一個しかなければ、『元々ない』というよりもお腹の中にある可能性が高いですので、診察へお越しください。

そら君は乳歯が残っていたり、膝のお皿(膝蓋骨)が外れやすかったりと他にも治療していかなくてはならないところがあります。
同じ悩みを持つ皆様、ぜひご相談下さい!




動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=_USVfO2OBWA&feature=youtu.be


投稿者 動物メディカルセンター

カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30