• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2015年9月25日 金曜日

前立腺の病気

みなさん、こんにちは。
動物メディカルセンター、統括院長の北尾貴史です。

人間にしても、動物にしても、男女(オスメス)で体の造りに違いがあることは、今さら説明するまでもありません。特に、子どもを作るための器官というのは、雌雄でまったく異なるわけです。

そんな中のひとつに、前立腺というのがあります。人間にもありますので、ご存知の人も多いと思います。
ワンちゃんで言うと前立腺は膀胱のしっぽ側にある期間で、前立腺液を分泌して精子を元気にする役割を担っています。

人間の場合、加齢とともに肥大することが多く、日本人男性の8割が80歳までに前立腺肥大症になるとまで言われています。この傾向はワンちゃんでも同じで、高齢のオスによく肥大が見られるのです。
ほかにも、細菌性前立腺炎や前立腺膿瘍、前立腺腫瘍などの病気が前立腺には見られます。

どの病気でも、血尿やしぶり、前立腺の痛みなどの似た症状が見られます。
腫瘍ができていたり、感染が全身に広がれば、命に関わる事態にもなりかねませんので、血尿のような分かりやすいサインを見付けたら、すぐに獣医師に相談してください。

前立腺の病気の原因には、男性ホルモンが関わっていることが多くあります。
ですので、ワンちゃんの場合は去勢手術で予防することもできます。去勢手術をお考えの方は、どうぞ当院までご相談ください。

投稿者 動物メディカルセンター