• Facebook
  • Blog
  • Mail

動物メディカルセンター ブログページ

2015年7月23日 木曜日

腫瘍の良性と悪性

みなさん、こんにちは。
動物メディカルセンター、統括院長の北尾貴史です。

誰もが知っている恐ろしい病気に「がん」があります。
専門家でなくとも、命に関わる病気であることはご存知の通りです。
がんというのは、体の中に悪性腫瘍ができて起こるわけですが、では「悪性腫瘍」あるいは「腫瘍」というのはなんなのでしょうか。
人間だけでなく、みなさんのペットにも起こり得る病気ですので、この際に改めて腫瘍について考えてみましょう。

腫瘍というのは、ひとことで言うと、体の組織が異常に増殖することを指します。
腫瘍には悪性と良性があるのですが、悪性腫瘍はその名の通り、生き物の体にとって悪い働きをします。

一般に悪性腫瘍は増殖のスピードが速く、際限なく増えていきます。
また、ただ増えるだけでなく、周りの組織に食い込むように増殖して悪影響を与えます。がんで知られるように、体内の離れた場所に発生する「転移」もあります。

一方の良性腫瘍の場合は、悪性腫瘍の逆を行きます。
つまり、増殖スピードは遅く、見境なくどんどん増えるということはありません。また、周囲の組織に入り込もうともしませんし、転移することもありません。
要するに、体内の臓器や組織に悪い影響を与えない腫瘍ということになります。
ただし、場所によっては臓器や血管を圧迫してしまうことはありますので、その点は注意が必要です。

いずれにしても、悪性か良性かは専門家に判断してもらわなければなりません。
ペットのできものが気になるようなことがあれば、できるだけ早めに獣医の診察を受けてください。人間もペットも、早期発見がなにより大切なことに変わりはありません。

投稿者 動物メディカルセンター