HOME > お知らせ
  • Facebook
  • Blog
  • Mail

お知らせ

Information

2018/ 5/25



●北尾院長 6月 茨木病院 診察日《NEW》

 6日(水)午後診のみ、13日(水)午後診のみ、20日(水)午後診のみ  

※5月は25日(金)午後診のみです。


【週刊ペットコラム】《NEW》5/25更新

第4回 ノミ・ダニ予防~その4~

今回は予防薬の投与方法についてのお話です!
当院では、スポットタイプと錠剤を取り扱っております。

【スポットタイプ】
1、キャップを外します。
2、キャップをひっくり返し、キャップの上側と本体の先端をしっかり合わせて差し込み、
  そのままキャップをひねろと、中栓が外れます。
3、ワンちゃんネコちゃんが舐められない“後頭部”の毛をかき分け、
  地肌に液体がしっかりつくようにつけます。
〈注意〉
一か所にすべてつけると量が多いので、何箇所かに分けて滴下して下さいconfident


【錠剤タイプ】
1、犬歯(キバ)の後ろに指を入れて口を開けさせます。
2、口が開いた時に、のど元へ錠剤を落とします。
3、錠剤を入れたら、素早く口を閉じ、スポイトでお水を口の横から数滴入れます。
〈注意〉
飲み込んでいるかしっかり確認してくださいwink


毎月正しく予防しましょう!
もしも、上手く予防できないsweat01とお悩みの方がおられましたらいつでもご相談下さいeye



~その3~

今回はノミが運ぶ病気について!

ワンちゃん・ネコちゃんにノミが寄生した場合に起こる症状は
ノミが大量に寄生した場合、貧血アレルギー性皮膚炎
起こす場合があります。

ノミは、消化管に寄生する瓜実条虫の幼虫を運ぶこともあります。


また、人が感染する“猫ひっかき病”をご存知ですか?

これは、ノミが運ぶ“バルトネラ菌”によるもので、
菌を持った咬まれたり・ひっかかれる事で、リンパ節などが腫れ、
場合によっては重篤な症状が出る事もある恐い病気です。

しっかり予防していきましょう!

~その2~

今回はダニ・マダニがはこぶ運ぶ病気について!
ノミと同じで、ダニが大量に寄生した場合、貧血アレルギー性皮膚炎などがあります。

※ダニ・マダニが運ぶ病気は人に感染する恐ろしいものもあり、
気付かず放っておいた場合、死に至る事もあります!


ダニ・マダニは草むらや河川敷などに多く生息しますが、
室内で飼われているワンちゃん・ネコちゃんも
人の服などについたダニ・マダニがお家の中で寄生してしまう事もあります!!

月1回の予防でダニ・マダニは予防できます!!

次回は【予防薬の種類と使用方法】についてお話しします。

~その1~


ノミ・ダニの予防は1か月に1回です!!

ノミ・ダニは屋外・室内問わず繁殖します。
そのため1年を通して予防が必要になります!

※冬も、室内は暖房で暖かいため、ノミ・ダニの活動も活発になります。


当院では、滴下式のスポットタイプと錠剤タイプをご用意しています。
また先着順でノミ・ダニ予防ご購入の方へトートバックをプレゼントいたします!

ノミ・ダニ予防で病気や感染症を防ぎましょう!


 

●リハビリ体験会実施報告

1/20(土)にリハビリルームの体験会を行いました。
若い子からシニアさんまで4頭のわんちゃんが参加してくれました!

【バランスボール】
   

皆初めてのバランスボール体験でした!
不安定な床の上で、一生懸命バランスをとって
頑張ってくれました!





【カバレッティレール・スロープ】

    

【水中トレットミル】
  

水に入るのが初めての子もいたので、少し怖がっていましたが、
最後には少し歩けるようになりました!

フードや掛け声で皆頑張ってくれました!


術後のリハビリ以外にも、ダイエットやシニア期の筋力維持、
運動不足解消など・・・様々な目的でご利用いただけます!

気になる方は、お気軽にお尋ね下さい!
 


 

 




●今年から新しい仲間が増えました!
 

名前:ぼん ちゃん
性別:男の子
体重:15㎏
年齢:推定5歳

愛護センターで保護され、縁あって当院で引き取ることになりました。
いくつか病気がありますが(現在治療中です)、
とってもフレンドリーな性格で、人も動物も大好きです!

よろしくお願いします♪

 


 



 

● マイクロバブル
 

※マイクロバブルとは・・?

 特殊な装置を使用し、超微粒な泡(マイクロバブル)を発生させて
 ワンちゃんの毛穴の汚れを除去します。


《マイクロバブルの効果》

・洗浄効果
・消臭、防臭効果            
・保湿・保温効果
・リラクゼーション効果


☆皮膚のデリケートな子にも安心して使用できる
   とっても優しい洗浄方法です!
 是非一度お試しください♪


 

 

●最新のハイパワーレーザー治療器(CTS-S)を導入しました。
 深達性の高い高出力レーザー治療器で、傷の治りを早くしたり、関節炎や口内炎、外耳炎などの炎症緩和、整形外科手術後の疼痛緩和温熱療法が行うことができます。安全で体への侵襲が低い治療ができます。

施術中は、動物も保護メガネを装着します。



●リハビリテーション科より
 動物メディカルセンターでは、
  整形外科疾患回復期のためのリハビリテーション
  高齢期の機能回復リハビリテーション
  健康維持のためのエクササイズ
などを目的に、リハビリテーション・理学療法・運動療法にも力を入れています。

この度、動物メディカルセンター【箕面】に続き、当院:動物メディカル整形外科病院【茨木】にも、本格的なリハビリテーション専用ルームが完成しました。
様々な、バランス運動やストレッチ、エクササイズが可能です。
それぞれのペット達の目的に合わせて、リハビリプログラムを作成し、なるべく楽しんでリハビリを受けてもらえるような工夫もしています。

ご興味のある方は、動物メディカル整形外科病院(茨木)までお気軽にご相談下さい。